Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

DiffServ 対応トラフィックを設計した Lsp の概要

 

DiffServ 認識トラフィックがエンジニアリングされた LSP は、特定のクラスタイプの帯域幅予約を使用して構成されています。この LSP は、1つのクラスタイプのトラフィックを伝送できます。パケットでは、クラスタイプは EXP (サービスクラスとも呼ばれる) と、EXP に関連付けられたホップ当たり挙動 (PHB) によって指定されます。EXP と PHB のマッピングは、RSVP でシグナル化されるのではなく、静的なものになっています。

このクラスタイプは、差別化サービスドメイン全体で一貫して構成されている必要があります。つまり、クラスタイプの構成は、ネットワーク内のルーター間で一貫している必要があります。クラスタイプをキューに明確にマップすることができます。各ノードルーターでは、インターフェイスのサービスクラスのキュー構成は、そのリンクの特定のクラスタイプに対して使用可能な帯域幅に変換されます。

Lsp と DiffServ を意識したトラフィックエンジニアリングに関するトピックの詳細については、以下を参照してください。

  • 転送クラスとサービスクラスの詳細についてJunos OS Class of Service User Guide for Routing Devicesは、を参照してください。

  • EXP ビットについてはMPLS Label Allocationを参照してください。

  • 差別化されたサービスに ついては、RFC 3270 を参照してください。 マルチプロトコルラベルスイッチ (MPLS) 差別化サービスのサポート

  • IGPs と RSVP が、差別化されたサービス認識 MPLS トラフィックエンジニアリングをサポートするようにどのように変更したかについては、「RFC 4124 を参照してください。 差別化されたサービス認識型の MPLS トラフィックエンジニアリングをサポートするプロトコル拡張