Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Detour のマージプロセス

 

ここでは、ルーターが同一のセッションおよび Sender テンプレートオブジェクトを持つさまざまなインターフェイスからの path メッセージを受信したときに、どの LSP を選択するかを決定するためにルータが使用するプロセスについて説明します。この問題が発生した場合、ルーターはパスの状態をマージする必要があります。

ルーターは、以下のプロセスを実行して、パスの状態をマージするタイミングと方法を決定します。

  • すべてのパスメッセージに高速 再ルーティングまたは detour オブジェクトが含まれていない場合、または、ルーターが LSP によって送信される場合、マージは必要ありません。このメッセージは RSVP トラフィックエンジニアリングに従って処理されます。

  • それ以外の場合、ルーターは着信インターフェイスに加えて、パスの状態を記録する必要があります。Path メッセージが同じアウトゴーイングインターフェイスとネクストホップルーターを共有していない場合、ルーターは、それらを独立した Lsp と見なし、それらをマージしません。

  • 同じアウトゴーイングインターフェイスと次ホップルーターを共有するすべての path メッセージについて、ルーターは次のプロセスを使用して最終 LSP を選択します。

    • このノードから発生する LSP が1つのみの場合は、それを最終 LSP として選択します。

    • 1つの LSP のみに高速 再ルーティングオブジェクトが含まれている場合、それを最終 LSP として選択します。

    • 複数の Lsp が存在し、その一部が detour オブジェクトを保有している場合は、最終的な LSP 選択プロセスで detour オブジェクトを含むものを除外します。

    • いくつかの最終 LSP 候補が残っている場合は (detour および protected Lsp がまだ存在する場合)、迅速 な再ルーティングオブジェクトを使用して lsp を選択します。

    • どの Lsp にも高速 再ルーティングオブジェクトがない場合は、detour オブジェクトを持たないものを選択します。すべての Lsp が detour オブジェクトを保有している場合は、それらをすべて選択します。

    • 残りの LSP の応募者は、他の Lsp が回避するノードをスキャンすることを考慮してください。

    • 複数の候補 Lsp がまだ残っている場合は、明示的ルートオブジェクト (ERO) パスの長さが最も短いものを選択します。複数の LSP が同じパス長を持つ場合は、1つをランダムに選択します。

  • 最終的な LSP が特定されたら、ルーターはこの LSP に対応する path メッセージのみを送信する必要があります。その他すべての Lsp は、このノードでマージされたものと見なされる。