Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Lsp の帯域幅の自動割り当て

 

帯域幅の自動割り当てにより、MPLS トンネルは、トンネルを通過するトラフィックの量に基づいて帯域幅の割り当てを自動的に調整できます。LSP は最小限の帯域幅で設定できます。この機能により、現在の’トラフィックパターンに基づいて LSP の帯域幅割り当てを動的に調整できます。帯域幅調整によって、トンネルを通過するトラフィックフローが中断されることはありません。

自動帯域幅割り当てを使用して構成された LSP にサンプリング間隔を設定します。この期間中、平均帯域幅が監視されます。間隔の終了時に、LSP の新しいパスが通知され、帯域幅割り当てが前のサンプリング間隔の最大平均値を設定した状態になりました。新しいパスが正常に確立され、元のパスが削除されると、LSP は新しいパスに切り替えられます。新しいパスが作成されていない場合、LSP は、新しいパスを確立しようとしたときに、次のサンプリング間隔が終了するまで現在のパスを使用し続けます。LSP に最小および最大帯域幅の値を設定できることに注意してください。

自動帯域幅割り当て間隔中、ルーターは LSP で定常的にトラフィックが増加 (帯域幅の使用率の増加) を受信し、輻輳やパケットロスの原因となる可能性があります。これを回避するために、現在の調整間隔が終了する前に、事前に自動帯域幅調整タイマーを有効期限切れにする2つ目のトリガーを定義できます。