Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

MAC (Media Access Control) レイヤー2サブレイヤーの概要

 

このトピックでは、データリンクレイヤー (レイヤー 2) の MAC サブレイヤーについて説明します。

ネットワークのレイヤー2では、Media Access Control (MAC) のサブレイヤーが、ネットワークでの複数の端末またはネットワークノードの通信を可能にするアドレッシングおよびチャネルアクセス制御メカニズムを提供しています。

この MAC サブレイヤーは、論理リンクコントロール (macos) イーサネットサブレイヤーとレイヤー 1 (物理レイヤー) 間のインターフェイスとして機能します。MAC のサブレイヤーは、マルチポイントネットワークでの全二重論理通信チャネルをエミュレートします。このチャネルは、ユニキャスト、マルチキャスト、またはブロードキャスト通信のサービスを提供することがあります。MAC サブレイヤーは MAC プロトコルを使用して、コリジョンを防止します。

レイヤー2では、同一の物理リンク上の複数のデバイスが、スイッチ上のすべてのポートに割り当てられた MAC アドレスを使用することにより、データリンクレイヤーで相互に一意に識別することができます。MAC アルゴリズムは、認証されるために秘密キーと長さの任意のメッセージを入力として受け取り、MAC アドレスを出力します。

MAC アドレスは12桁の16進数 (48 ビット長) です。MAC アドレスは通常、以下のいずれかの形式で書き込まれています。

  • MM: MM: MM: SS: SS: SS

  • MM MM-SS-SS-SS

MAC アドレスの最初の半分には、アダプターメーカーの ID 番号が記載されています。これらの Id は、インターネット標準本体によって規制されています。MAC アドレスの後半は、メーカーがアダプターに割り当てたシリアル番号を表しています。

レイヤー2で動作し、レイヤー 3 (ネットワーキングとルーティング) で実行される IP アドレッシングを使用します。違いを覚えておく方法の1つは、MAC アドレスが物理ノードまたは仮想 node に適用されることであり、そのノードのソフトウェア実装には IP アドレスを適用するということです。MAC アドレスは通常ノード単位で固定されますが、ノードがネットワークのある部分から別の場所に移動すると、IP アドレスが変化します。

IP ネットワークでは、アドレス解決プロトコル (ARP) テーブルを使用して、ノードの IP アドレスと MAC Address のマッピングを維持しています。通常、DHCP では、ノードに IP アドレスを割り当てる際に MAC アドレスを使用します。