Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

ルーター インターフェイスの概要

 

通常、ルーターにはさまざまな機能に適した多様なタイプのインターフェイスが含まれています。ルーター上のインターフェイスを機能させるには、設定しなければなりません。インターフェイスの場所を指定します(つまり、[FPC](フレキシブルPICコンセントレータ)、[DPC](高密度ポート コンセントレータ)、または[MPC](モジュラー ポート コンセントレータ)が設置されているスロットです。[PIC]物理インターフェイス カードまたは[MIC](モジュラー インターフェイス カード)と、たとえばSONET/SDH、[ATM](非同期転送モード)、イーサネットなどのインターフェイス タイプを指定する必要があります)。最後に、カプセル化タイプと、適用可能なインターフェイス固有プロパティを指定する必要があります。

現在ルーターに存在しているインターフェイスと、現在は存在していないが今後追加される予定のインターフェイスを設定できます。ハードウェアを設置して事前に用意された設定を適用すると、Junos OSがインターフェイスを検知します。

現在ルーターにインストールされているインターフェイスを確認するには、show interfaces terse動作モード コマンドを発行します。インターフェイスが出力に表示される場合、それはルーター内で物理的にインストールされています。インターフェイスが出力に表示されない場合、それはルーター内にインストールされていません。

ルーターでサポートされているインターフェイスの詳細については、お使いのルーター’の インターフェイス モジュール リファレンスを参照してください。] をクリックします。

Junos OSのCoS(サービスクラス)プロパティを設定して、パケット伝送、輻輳管理、CoSベースの転送を管理する複数の転送クラスなどを含め、多様なアプリケーション用にさまざまなサービスクラスを提供できます。CoSプロパティの設定について、詳しくはClass of Service User Guide (Routers and EX9200 Switches)を参照してください。