Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

PTX PIC を理解する-100G g:

 

Junos OS リリース 15.1 F6 以降、5ポートの 100-ギガビット DWDM OTN PIC—PTX-5-100g-WDM—は、PTX3000 と PTX5000 ルーターでサポートされています。WDM PTX PIC は、5 100 ギガビットイーサネットインターフェイスポートを備えており、polarization quadrature phase shift キーイング (DP-QPSK) 変調 (コヒーレント受信と OTU4 および OTU4 (v) フレームモードをサポートします。

WDM PTX PIC のインターフェイスは、プレフィックスetを使用して名前が付けられています。詳細については、Interface Naming Overviewを参照してください。

5ポートの 100-ギガビット DWDM OTN PIC は、2ポート100ギガビット DWDM OTN PIC (P1-2-100G-WDM) と直接相互運用することはできませんが、どちらも同じ DWDM ラインシステム上で動作します。

以下のセクションでは、この PIC の特長について詳しく説明します。

インターフェイスの特長

WDM PTX PIC では、以下のインターフェイス機能がサポートされています。

  • OTU4 (v) フレームと DP-QPSK 変調を備えた5ポートの100ギガビットイーサネットインターフェイスで、CFP2-ACO DWDM 光トランシーバーを使用したコヒーレント受信を実行します。

  • ギガビットイーサネットローカルループバックです。

  • 診断ツール:

    • ラインループバック

    • ローカルループバック

    • ODU (光チャネル・データ・ユニット) のオープン接続エラー

    • ODU (光チャネル・データ・ユニット) のロック・メンテナンス信号

  • 事前エラー修正のタイプ (FEC):

    • GFEC (転送エラーの一般的な訂正)

      GFEC mode は、リリース 15.1 F6 Junos OS ではサポートされていません。Junos OS リリース 15.1 F6-S1 は GFEC モードをサポートしています。Junos OS のリリース 15.1 F6-S1 について、カスタマーサポートにお問い合わせください。

    • SDFEC (ソフトデシジョンフォワードエラー修正)

  • 以下の MIB 機能は引き続きサポートされています (新しい MIB はありません)。

    • RFC 3591 (jnxoptIfExtMibModule) にブラックリンクの拡張について説明するには、モジュールを MIB してください。ブラックリンクの拡張により、ベンダーの光トランシーバーは、他のベンダーの光ネットワーク上で光信号を発生させることができます。

    • OTN インターフェイスを管理する MIB モジュール (jnxIfOtnMib)

    • MIB モジュールを使用して光インターフェイスを管理 (jnxIfOpticsMib)

    • OTN Fru (jnxFruMib) を管理する MIB モジュール

  • 他のベンダー’との相互運用性100ギガビットイーサネットインターフェイス

  • アカウンティング用ソース MAC 学習

  • MAC のポリシー

  • 物理インターフェイスレベルの encapsulations—vlan-cccextended-vlan-ccc、およびextended-vlan-tcc

  • 論理インタフェースレベルのカプセル化—vlan-vpls

  • カプセル化のcccための VLAN リライト

  • キュー単位のフロー制御

  • 15分と1日のパフォーマンス監視および履歴統計。

    • ニアエンドおよび遠隔エンドのパフォーマンス監視

    • しきい値を越えるアラーム

    • BER によるパフォーマンス監視

    • FEC パフォーマンス監視

    • 光パフォーマンスの監視

  • OTN ヘッダーのオーバーヘッドの挿入、監視、表示

  • トランスポートインターフェイスおよび状態モデル (GR-1093)

レイヤー2およびレイヤー3の機能

次のレイヤー2およびレイヤー3の機能は、WDM PTX PIC でサポートされています。

  • ポート当たりの宛先アドレス MAC フィルターです。

  • ポート単位の送信元アドレス MAC フィルター。

  • 物理インターフェイスソースアドレス MAC フィルター。

  • 物理インタフェース当たり最大1000ソース MAC フィルター。

  • 最大32000フィルター条件を使用して、すべてのフィルタ機能で共有できます。

  • 柔軟な VLAN タグ付け

  • 802.3 ah OAM

  • 802.1 ag OAM

OTN アラームと障害

WDM PTX PIC では、以下の OTN アラームと障害がサポートされています。

光チャネルのアラームと障害

  • OC-LOS—信号損失

  • OC の、—フレームの損失

  • OC-LOM—の Multiframe の損失

  • OC 鍵—波長ロック

ODU (光チャネル・データ・ユニット) の障害

  • ODU-AIS—Odu アラーム通知信号

  • ODU-BDI—Odu 後方の欠陥通知

  • ODU-BIAE—Odu 後方入力アラインメントエラー

  • ODU-IAE—odu が着信アラインメントエラー

  • ODU の—odu がロックされている

  • ODU-LTC—Odu がタンデム型接続による損失

  • ODU-OCI—Odu Open 接続エラー

  • ODU-SSF—Odu サーバーシグナル障害

  • ODU-TSF—の Odu トレイルシグナル障害

  • ODU-TTIM—Odu 証跡トレース識別子の不一致

光チャネル・トランスポート・ユニット (OTU) の障害

  • OTU-AIS—Otu アラーム通知信号

  • OTU-BDI—Otu 背面の欠陥の通知

  • OTU-BIAE—Otu バックワードの着信アラインメントエラー

  • OTU-FEC-の—Otu 転送エラー修正が低下しています

  • OTU-FEC-FEC—Otu フォワードエラー訂正過大な FEC エラー

  • OTU-IAE—Otu 着信アラインメントエラー

  • OTU-SSF—Otu サーバーシグナル障害

  • OTU-TSF—Otu トレイルシグナル障害

  • OTU-TTIM—Otu 記録証跡トレース識別子の不一致

しきい値クロッシングアラーム

しきい値クロスアラーム (TCAs) は、特定の構成可能な—しきい値 (ニアエンド) の測定閾値または—末端の測定しきい値を超えて、OTU および otu などのパラメーターに15分のインターバルが終了するまで、アクティブになります。以下のアラームがサポートされています。

  • バックグラウンドブロックエラーしきい値 (BBE)

  • 間違った秒数のしきい値 (ES)

  • ひどく間違った秒のしきい値 (SES)

  • 使用不能な秒のしきい値 (UES)