Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

100-ギガビットイーサネットタイプ 4 PIC、CFP の概要

 

100ギガビットイーサネット PIC (モデル番号 PD-1CE-CFP-FPC4) は、100/ギガビットスモールフォームファクタプラグ対応 (CFP) トランシーバーを搭載した、1ポートの100ギガビットイーサネットタイプ 4 PIC です。この PIC は、T1600 FPC4-ES FPC でアセンブリにパッケージ化されている場合にのみ使用できます。100ギガビットイーサネット PIC は、T1600 の FPC4-ES FPC で PIC スロット0および1を占めます。サポートされているトランシーバーとハードウェアの詳細については、 CFP (T1600 ルーター) を使用した 100-ギガビットイーサネット PICを参照してください。

100ギガビットイーサネット PIC は、柔軟なカプセル化と MAC アカウンティングをサポートしています。

MAC 学習、MAC のポリシー設定、レイヤー2の書き換え機能はサポートされていません。

入口フローは、VLAN 送信元および宛先アドレスに基づいてフィルタリングできます。受信フレームは、VLAN、スタック VLAN、送信元アドレス、vlan 送信元アドレス、スタックされた vlan source address に従って分類することもできます。外部および内部 VLAN タグでは、出口フレームでの VLAN 操作がサポートされています。

次の機能がサポートされています。

  • 次のカプセル化プロトコルがサポートされています。

    • レイヤー2プロトコル

      • イーサネット CCC、イーサネット TCC、イーサネット VPLS

      • VLAN CCC

      • 拡張 VLAN TCC

      • VLAN VPLS

      • 柔軟なイーサネットサービス

    • レイヤー3プロトコル

      • IPv4

      • Ipv6

      • MPLS

  • CFP MSA に準拠した MDIO 制御機能 (トランシーバー依存)。

  • すべての PIC およびシャーシ構成では、グレースフルルーティングエンジンスイッチオーバー (gres) がサポートされています。

  • インターフェイスの作成:

    • PIC がオンラインになると、ルーターは 2 50 ギガビット対応インターフェイスをet-x/0/0:0作成しet-x/0/0:1xFPC スロット番号を表します。各物理インターフェイスは、2つの内部50ギガビットイーサネットパケット転送エンジンを表します。2つの論理インタフェースが各物理インタフェースの下に設定されています。

    • パケット転送エンジン0は物理インターフェイス0、パケット転送エンジン1は物理インターフェイス1です。

  • 802.3 リンクアグリゲーション:

    同じレートまたは同じモードのリンクアグリゲーション:

    • 100ギガビットイーサネット PIC ごとに2つの論理インタフェースが作成されます。50 gbps を越える帯域幅を使用するには、2 50 ギガビットインターフェイスを含む100ギガビットイーサネット PIC で集合インターフェイスを明示的に設定する必要があります。

    • 各100ギガビットイーサネットの集合は、ルーター全体の集約型イーサネットデバイスプールの1つを使用します。100ギガビットイーサネット PICs の数はルーター全体の制限を超えることはできず、イーサネットでは128です。

    • 各集積バンドルでは、100ギガビットイーサネット PIC ごとに2つのメンバーが使用されます。したがって、100ギガビットイーサネット PICs のみで構成される集約バンドルは、ソフトウェアの最大半数をサポートします。メンバー数の上限は半分です。したがって、最大16個のリンクを使用した場合、最高 8 100 ギガビットイーサネットリンクがサポートされます。

    • 100ギガビット・イーサネット・ PICs と他のイーサネット・ PICs との集約インターフェイスを組み合わせることは許可されていません。ただし、他のイーサネット・ PICs は、100ギガビット・イーサネット・ PICs とともに、同一の T1600 内で設定し、個別の集約インターフェイスで使用することもできます。

    • 複数 (ジュニパーネットワークス) T1600 ルーター上の 4 100 ギガビットイーサネット PICs を静的な集合イーサネットバンドルに結合して、リモートルーター (ジュニパーネットワークスまたはその他のベンダー) で異なるタイプの100ギガビットイーサネット PIC に接続できます。この構成では、LACP はサポートされていません。

    ミックスレートまたは混合モードのリンクアグリゲーション:

    • Junos OS リリース13.2 から開始します。アグリゲートイーサネットでは、100ギガビットイーサネット PIC 上で、ミックスレートと混合モードをサポートしています。

    • 静的なリンク保護とリンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP) は、100ギガビットイーサネット PIC 上で構成された混合型イーサネットリンクでサポートされています。

    • 100ギガビットイーサネット PIC で混合イーサネットリンクを混在させる場合は、100ギガビットイーサネット PIC の50ギガビットイーサネットインターフェイスをすべて、アグリゲート型イーサネットバンドルに追加してください。さらに、これらの50ギガビットイーサネットインターフェイスは、両方とも同じ集合のイーサネットバンドルに含まれていなければなりません。

    • 100ギガビットイーサネット PIC で構成された集約型イーサネットリンクの単一の物理リンクイベントでは、100ギガビットイーサネット PIC の50ギガビットイーサネットインターフェイスが2 つあるため、パケットロスのパフォーマンス値は元の値の2倍になります。

  • ソフトウェアパケット転送エンジン—は、すべてのギガビットイーサネット PIC 分類、ファイアウォールフィルター、キューモデル、書き換え機能をサポートしています。

  • 送信トラフィックの—パフォーマンス物理インターフェイスでの最大送信スループットは 100 gbps であり、2つの割り当て済み論理インタフェース上に 50 gbps があります。

  • 受信トラフィックの—パフォーマンス最大受信スループットは、物理インターフェイス上では 100 gbps であり、2つの割り当て済み論理インタフェース上に 50 gbps があります。100 gbps のトラフィックパフォーマンスを達成するには、以下に示す相互運用性モードのいずれかを使用します。たとえば、リモートの 100 gbps (1 秒あたりの 100 gbps) に接続する際に VLAN ステアリングモードを使用していない場合、ジュニパーネットワークスルーターやさまざまなベンダー’の機器で、1秒当たりの PIC が異なるとします。その後、受信したすべてのトラフィックは、1秒あたりにパケット転送エンジンを 2 50 gbps に分散するのではなく、1秒あたり 50 Gbps のパケット転送エンジンの1つを使用しようとします。その結果、1秒あたりのパフォーマンスが合計で 50 gbps になります。

  • 相互運用性—モード100ギガビット・イーサネット PIC は、以下の2つの転送オプションモードのいずれかで設定を使用して相互運用性をサポートします。

    • SA マルチキャストモード—このモードでは、100ギガビットイーサネット PIC が、他のジュニパーネットワークス100ギガビットイーサネット PICs との相互接続をサポートしています (モデル: PD-1 CE-CFP) 専用インターフェイスです。

    • VLAN ステアリングモード—このモードでは、cfp を使用した100ギガビットイーサネットタイプ 4 PIC は、他のベンダーの100ギガビットイーサネットインターフェイスとの相互運用性をサポートしています。