Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

P2-100GE-OTN PIC について

 

Junos OS リリース 14.1 R2 および14.2 から始めて、100ギガビットイーサネット OTN—PIC P2-100ge-otn—は PTX5000 ルーターの FPC2 FPC でサポートされています。P2-100GE-OTN PIC は、4ポートの100ギガビットイーサネットインターフェイスを備えており、LAN PHY フレーミングモードまたは光チャネルトランスポートユニット 4 (OTU4) モードで個別に設定できます。各インターフェイスは、CFP2 トランシーバーによって終了されます。FPC2 の PTX は、2つの P2-100GE-OTN PICs をサポートしており、各100ギガビットイーサネットポートは FPC 内のパケット転送エンジンにマッピングされています。

Junos OS リリース15.1 から開始すると、PTX5000 ルーター上の P2 ~ 100GE-OTN PIC 上のインターフェイスを構成して、混合レートと混合モードの統合型イーサネットバンドルの一部にすることができます。

ミックスレートの詳細については、Understanding Mixed Rates and Mixed Modes on Aggregated Ethernet Bundlesついてを参照してください。

Junos OS リリース15.1 から開始すると、イーサネットのカプセル化によってインターフェイスのレイヤー 3 IPv4、IPv6、MPLS 分類を含む、ポートベースの擬似ワイヤクラスのサービス (CoS) 分類を構成できます。

次のセクションでは、この PIC について詳しく説明します。

インターフェイスの特長

次のインターフェイス機能は、P2-100GE-OTN PIC でサポートされています。

  • LAN PHY フレーミングモードまたは OTU4 シグナルモードで個別に構成可能な4ポートの100ギガビットイーサネットインターフェイス。各インターフェイスは、CFP2 トランシーバーによって終了されます。

  • 各ポートは、FPC2 の PTX-P1A FPC で1つのパケット転送エンジンにマップされます。

  • このインターフェイスは、プレフィックスetを使用して名前が付けられています。

  • ギガビットイーサネットローカルループバックです。

  • リンクレベルの一時停止—フレーム設定された時間の間、イーサネットインターフェイスによるパケット送信を止めることができます。

  • インターフェイスホールドタイマーとインターフェイス減衰—このステートメントをミリhold-time秒単位で設定して、インターフェイスの遷移を湿らせることができます。

  • 外部クロック

  • 非標準タグプロトコル識別子 (TPID):

    • 各100ギガビットイーサネットポートに対して、階層レベルのtag-protocol-id[edit interfaces interface-name gigether-options ethernet-switch-profile]ステートメントを使用して最大8個の tpids を設定できます。

    • このtag-protocol-id文は PIC の最初のポート (ポート 0) でのみ設定できます。その他の (ゼロ以外の) ポートtag-protocol-idに構成がある場合、ルーティングエンジンはシステムログにエラーを登録し、構成は無視されます。

    • Pic tag-protocol-idのポート0で構成されたステートメントは、その pic の残りのポートにも適用されるようになります。

  • インターフェイスリンクダウンイベントによって、常に割り込みが生成されます。しかし、インターフェイスリンクアップイベントでは割り込みは生成されません。そのため、1秒の PIC 定期ポーリングプロセスで、インターフェイスリンクアップイベントが検出されます。

  • 転送エラーの一般的な訂正 (GFEC) (g.709) と no FEC モードの動作です。

  • 診断ツール:

    • ラインループバック

    • ローカルループバック

  • 設定可能な FEC、ビット—エラーレート (BER) をベースとした高速再ルーティング (frr) はサポートさber-threshold-signal-degradeれており[edit interfaces interface-name otn-options signal-degrade] 、階層レベルの文を使用して設定されます。

  • RFC 3591 で定義されている jnx-ifotn とotn-mibJunos OS セキュリティ規格によると、SNMP を使用した設定可能なパラメーターはサポートされていません。SNMP 経由で取得できるのはget操作のみです。

  • FEC の—統計修正エラーと修正されたエラー比率。

  • OTN ペイロード擬似バイナリシーケンス (PRBS) 生成およびチェックprbsは、階層レベルのno-prbs[edit interfaces interface-name otn-options] or ステートメントで prbs を有効または無効にすることによって行います。

  • ODU (光チャネル・データ・ユニット) レベルの遅延測定。

  • 物理インターフェイスレベル flexible-ethernet-serviceethernet-cccでは、、、およびethernet-tcc encapsulations がサポートされています。カプセル化のために、論理レベルflexible-ethernet-serviceenet2、、 vlan-ccc 、encapsulations をサポートしています。 vlan-tcc

  • 論理インターフェイスレベルdixvlan-ccc、、、および vlan-tcc encapsulations がサポートされています。

  • CFP トランシーバーと100ギガビットイーサネットインターフェイスを備えた100ギガビットイーサネットインターフェイスと、CFP2 トランシーバーを LAN PHY フレームモードと OTU4 モードとの間で相互運用できます。

以下の機能は、P2-100GE-OTN PIC ではサポートされていません。

  • アカウンティング用ソース MAC 学習

  • MAC のポリシー

  • 物理インターフェイスレベルの encapsulations—vlan-cccextended-vlan-ccc、およびextended-vlan-tcc

  • 論理インタフェースレベルのカプセル化—vlan-vpls

  • カプセル化のcccための VLAN リライト

  • キュー単位のフロー制御

  • 汎用フレームプロシージャ-フレーム (GFP-F) マップモード OTN

  • 汎用通信チャネル (GCC)

  • OTN インターフェイスレベルの自動保護スイッチング (AP)

  • OTN ヘッダ・オーバーヘッド・バイトの挿入、監視、表示

  • トランスポンダとの統合のためのブラック MIB リンク

  • 光ハーネスのサポート

  • トランスポートインターフェイスおよび状態モデル (GR-1093)

  • トレーストーンのサポート

  • 15分と1日のパフォーマンス監視カウンターおよび履歴カウンター

レイヤー2およびレイヤー3の機能

次のレイヤー2およびレイヤー3の機能は、P2-100GE-OTN PIC でサポートされています。

  • MAC 検知ローカル障害信号またはリモート障害信号に基づいたリンクアップとリンクダウンを検出します。

  • MAC 統計。

  • フロー制御。

  • デフォルトの MTU 値またはユーザー設定の MTU 値に基づいた MAC の特大パケットカウンターです。

  • ポート当たりの宛先アドレス MAC フィルターです。

  • ポート単位の送信元アドレス MAC フィルター。

  • 物理インターフェイスソースアドレス MAC フィルター。

  • 論理インタフェースの発信元アドレス MAC アカウンティング。

  • 物理インタフェース当たり最大1000ソース MAC フィルター。

  • 最大32000フィルター条件を使用して、すべてのフィルタ機能で共有できます。

  • 集合イーサネットは、 set chassis aggregated-devices maximum-links設定コマンドを使用して設定可能な64の子リンクをサポートします。

  • アグリゲート型イーサネット物理インターフェイス上の最大1024論理インタフェース数。

  • VLAN タグ付け、柔軟な VLAN タグ付け、および VLAN のスタックタグ付けのサポート。

  • LACP.

  • リンク保護

  • 802.3 ah OAM

  • 802.1 ag OAM

  • MPLS FRR.

  • SNMP.

  • は、パケット転送エンジンを使用した VLAN 単位のキューイングをサポートしています。

OTN アラームと障害

次の OTN アラームと不具合は、P2-100GE-OTN PIC でサポートされています。

  • 信号—損失

  • フレーム—の損失

  • LOM—の Multiframe の損失

  • OTU—低下

  • OTU—AIS

  • OTU—IAE

  • OTU—BDI

  • OTU—TTIM

  • OTU—信号の劣化

  • OTU—シグナルの失敗

  • ODU—Signal 失敗

  • OTU-FEC—

  • OTU-FEC—過剰なエラー

  • ODU—信号の低下

  • ODU—AIS

  • ODU—BDI

  • ODU—・ OCI

  • ODU—・ .LCK

  • ODU—

  • OPU—PTM

TCA アラーム

TCA (しきい値クロッシングアラーム) は、特定の構成可能なしきい—値のニアラインエンド測定閾値または限界値—を超えた場合にアクティブになるアラームです。 OTU および otu などのパラメーターに対して15分間隔が終了するまで、そのままになります。以下のアラームがサポートされています。

  • バックグラウンドブロックエラーしきい値 (BBE)

  • 間違った秒数のしきい値 (ES)

  • ひどく間違った秒のしきい値 (SES)

  • 使用不能な秒のしきい値 (UAS)

Release History Table
リリース
説明
Junos OS リリース15.1 から開始すると、PTX5000 ルーター上の P2 ~ 100GE-OTN PIC 上のインターフェイスを構成して、混合レートと混合モードの統合型イーサネットバンドルの一部にすることができます。
Junos OS リリース15.1 から開始すると、イーサネットのカプセル化によってインターフェイスのレイヤー 3 IPv4、IPv6、MPLS 分類を含む、ポートベースの擬似ワイヤクラスのサービス (CoS) 分類を構成できます。