Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

稼働状態の測定

 

SMARTS InCharge、Micromuse Netcool Omnibus、または Concord ライブ例外などの障害管理ソフトウェアを使用して、正常性メトリックをリアクティブに監視できます。で表 1示されている稼働状況メトリックを監視することをお勧めします。

表 1: 稼働状況メトリック

エラーの

説明

エラーが含まれていた受信パケットの数。これらが配信されるのを防ぎます。

MIB 名

IF MIB (RFC 2233)

変数名

ifInErrors

可変 OID

.1.3.6.1.31.2.2.1.14

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

論理インタフェース

エラー発生

説明

エラーが発生した発信パケットのうち、送信を阻止する数

MIB 名

IF MIB (RFC 2233)

変数名

ifOutErrors

可変 OID

.1.3.6.1.31.2.2.1.20

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

論理インタフェース

で破棄

説明

エラーが検出されなかったにもかかわらず、廃棄した受信パケットの数

MIB 名

IF MIB (RFC 2233)

変数名

ifInDiscards

可変 OID

.1.3.6.1.31.2.2.1.13

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

論理インタフェース

不明なプロトコル

説明

不明なプロトコルのために廃棄された受信パケット数

MIB 名

IF MIB (RFC 2233)

変数名

ifInUnknownProtos

可変 OID

.1.3.6.1.31.2.2.1.15

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

論理インタフェース

インターフェイス動作ステータス

説明

インターフェイスの動作状態

MIB 名

IF MIB (RFC 2233)

変数名

If? ステータス

可変 OID

.1.3.6.1.31.2.2.1.8

頻度 (分)

15

許容範囲

1 (up)

マネージドオブジェクト

論理インタフェース

ラベルスイッチパス (LSP) 状態

説明

MPLS ラベルスイッチパスの運用状態

MIB 名

MPLS MIB

変数名

mplsLspState

可変 OID

mplsLspEntry 2

頻度 (分)

60

許容範囲

2 (up)

マネージドオブジェクト

ネットワーク内のすべてのラベルスイッチパス

コンポーネントの運用ステータス

説明

ルーターハードウェアコンポーネントの運用状態

MIB 名

ジュニパーネットワークス MIB

変数名

jnxOperatingState

可変 OID

.1.3.6.1.4.1.2636.1.13.1.6

頻度 (分)

60

許容範囲

2 (実行中) または 3 (準備完了)

マネージドオブジェクト

各ジュニパーネットワークスルーターのすべてのコンポーネント

コンポーネント動作温度

説明

ハードウェアコンポーネントの動作温度 (摂氏)

MIB 名

ジュニパーネットワークス MIB

変数名

jnxOperatingTemp

可変 OID

.1.3.6.1.4.1.2636.1.13.1.7

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

シャーシ内のすべてのコンポーネント

システム稼働時間

説明

システムが動作していた時間 (ミリ秒単位)。

MIB 名

MIB 2 (RFC 1213)

変数名

sysUpTime

可変 OID

.1.3.6.1.1.3

頻度 (分)

60

許容範囲

向上のみ (減分は再起動を示す)

マネージドオブジェクト

すべてのルーター

IP ルートエラーはありません

説明

宛先への IP ルートがなかったために配信できなかったパケットの数。

MIB 名

MIB 2 (RFC 1213)

変数名

ipOutNoRoutes

可変 OID

ip.12

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

各ルーター

不適切な SNMP コミュニティ名

説明

受信した不正な SNMP コミュニティ名の数

MIB 名

MIB 2 (RFC 1213)

変数名

snmpInBadCommunityNames

可変 OID

snmp. 4

頻度 (時間)

24

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

各ルーター

SNMP コミュニティー違反

説明

無効な操作の試行に使用される有効な SNMP コミュニティの数 (たとえば、SNMP を実行しようとした場合など) 求める

MIB 名

MIB 2 (RFC 1213)

変数名

snmpInBadCommunityUses

可変 OID

snmp 5

頻度 (時間)

24

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

各ルーター

冗長スイッチ

説明

このエンティティによって報告された冗長化スイッチオーバーの総数

MIB 名

ジュニパーネットワークス MIB

変数名

jnxRedundancySwitchoverCount

可変 OID

jnxRedundancyEntry 8

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

冗長化ルーティングエンジンを搭載したすべてのジュニパーネットワークスルーター

FRU の状態

説明

各 FRU (フィールド交換可能ユニット) の作動状態

MIB 名

ジュニパーネットワークス MIB

変数名

jnxFruState

可変 OID

jnxFruEntry 8

頻度 (分)

15

許容範囲

2 ~ 6 (準備完了/オンライン状態)。認識 jnxFruOfflineReasonFRU に障害が発生した場合

マネージドオブジェクト

すべてのジュニパーネットワークスルーターのすべての Fru

テール破棄パケットのレート

説明

インターフェイスごとの、1つの出力キュー当たりの、転送クラスあたりのドロップパケットのレート。

MIB 名

ジュニパーネットワークス-COS-MIB

変数名

jnxCosIfqTailDropPktRate

可変 OID

jnxCosIfqStatsEntry 12

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

CoS が有効になっている場合、プロバイダネットワークでの各インターフェイスごとの転送クラスごとに使用します。

インターフェイス使用率: 受信した8オクテット

説明

インターフェイスで受信したオクテットの総数 (フレーム文字を含む)。

MIB 名

IF MIB

変数名

ifInOctets

可変 OID

.1.3.6.1.2.1.2.2.1.10.x

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

ネットワーク内のすべての運用インターフェイス

インターフェイス使用率: 8進数伝送

説明

インターフェイスから送信されたオクテットの総数 (フレーム文字を含む)。

MIB 名

IF MIB

変数名

ifOutOctets

可変 OID

.1.3.6.1.2.1.2.2.1.16.x

頻度 (分)

60

許容範囲

Baselined に

マネージドオブジェクト

ネットワーク内のすべての運用インターフェイス

バイト数は、インターフェイスタイプ、カプセル化の使用、および PIC をサポートすることによって異なります。たとえば、4xFE、GE、または GE 1Q PIC に vlan/ccc カプセル化を使用すると、バイト数にはフレームと制御ワードのオーバーヘッドが含まれます。(を表 2参照してください)

表 2: Vlan-ccc カプセル化のカウンター値

PIC タイプ

入力 (ユニットレベル)

出力 (ユニットレベル)

SNMP

4xFE

vlan-ccc

フレーム (フレームのチェックシーケンスなし) (FCS)

フレーム (FCS および制御ワードを含む)

ifInOctets, ifOutOctets

GE

vlan-ccc

フレーム (FCS なし)

フレーム (FCS および制御ワードを含む)

ifInOctets, ifOutOctets

GE IQ

vlan-ccc

フレーム (FCS なし)

フレーム (FCS および制御ワードを含む)

ifInOctets, ifOutOctets

SNMP トラップは、正常性管理に使用するための優れたメカニズムでもあります。詳細については“、 Standard SNMP Traps Supported by Junos OSれて”いる Junos OS“およびエンタープライズ固有の snmp トラップEnterprise-Specific SNMP Traps Supported by Junos OSを参照してください。”