Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

CFM のパフォーマンス監視トラップと通知を減衰して、NMS の輻輳を防止

 

しきい値交差イベントが発生するたびに生成されるパフォーマンス監視しきい値のトラップと通知を dampen して、ネットワーク管理システム (NMS) の輻輳を防ぐことができます。

減衰は、フラップトラップタイマーと呼ばれる一定期間にフラップを集約することで、NMS に送信される jnxSoamPmThresholdCrossingAlarm トラップ数を制限し、1つの jnxSoamPmThresholdFlapAlarm 通知を NMS に送信します。フラップトラップタイマーの時間は、1 ~ 360 秒の任意の値に設定できます。

JnxSoamPmThresholdFlapAlarm の通知は、以下の条件が満たされた場合に生成されます。

  • フラップの有効期限が切れたときに、フラップが少なくとも1つ発生しています。

  • フラップトラップタイマーの値を変更しました。これにより、タイマーが停止していました。

反復子のグローバルレベルで減衰を有効にすることも、反復子の個々のしきい値のタイプで減衰を有効にすることもできます。たとえば、グローバルレベルで減衰を有効にするには、イテレータに対して次のコマンドを使用します。set protocols oam ethernet cfm performance-monitoring sla-iterator-profiles profile-name flap-trap-monitor。特定のしきい値タイプで減衰を有効にするavg-fd-twoway-thresholdには、で、次のコマンドを使用します。set protocols oam ethernet cfm performance-monitoring sla-iterator-profiles profile-name avg-fdv-twoway-threshold flap-trap-monitor

また、減衰を無効にすることもできます。