Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

フィルタベースの転送について

 

IPv4 または IPv6 トラフィックでは、ファイアウォールフィルタと仮想ルーティングインスタンスを組み合わせて使用して、ネットワーク内でパケットに送信するさまざまなルートを指定できます。この機能はフィルタベースの転送 (FBF) と呼ばれ、ポリシーベースルーティング (.PBR) としても知られています。

トラフィックがパス上で続行される前に、ファイアウォールまたはその他のセキュリティデバイスを経由して特定のタイプのトラフィックをルートすることができます。また、FBF を使用して、特定のタイプのトラフィックの優先処理を提供することもできます。たとえば、最も優先度の高いトラフィックが40ギガビットイーサネットリンク上で転送されるようにすることができます。

FBF を設定するには、ファイアウォールフィルターの条件とアクションを指定し、パケットの送信先となる仮想ルーティングインスタンスを指定します。

指定された仮想ルーティングインスタンスにパケットをダイレクトする128フィルターまたは条件として、最大でも作成できます。

(QFX5100、QFX5110、QFX5200 スイッチ)Junos OS リリース 19.1 R1 では、フィルターベースの転送は IPv6 インターフェイスでサポートされています (受信方向のみ)。

フィルタベースの転送のメリット

  • 通常は、動的なルーティング・プロトコルよりも、ロード・バランシングをより細かく制御できます。

Release History Table
リリース
説明
(QFX5100、QFX5110、QFX5200 スイッチ)Junos OS リリース 19.1 R1 では、フィルターベースの転送は IPv6 インターフェイスでサポートされています (受信方向のみ)。