Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

リンクの低下監視の概要

 

リンクの低下監視によって、イーサネットインターフェイス (10 ギガビット、40ギガビット、100ギガビット) での物理リンクの品質を監視し、リンク品質が特定のレベルを越えて低下した場合に是正措置をとることができます。この機能を構成するには、 link-degrade-monitor[edit interfaces interface-name]階層レベルでステートメントを適用します。デバイスに設定されている場合、この機能は、そのリンクのビットエラーレート (BER) 値を継続的に監視し、BER 値がユーザーによって設定された閾値に達すると、是正措置 (media ベース) を開始します。この機能では、BER 値を10にすることができます。-13~ 10-5、物理リンク内のパケットロスの防止または最小化に役立ちます。

自動修復機能または手動による回復方法を設定して、縮退リンクを実現することができます。手動で回復する場合には、request interface link-degrade-recover interface-nameステートメントを通じて、低下しているリンクを回復できます。自動バックアップが設定されている場合は、ユーザーが設定した間隔でデグレードリンクの自動’リカバリが試行され、リンク s BER 値が設定した制限内に達すると、リンクが回復されます。

レイヤー2およびレイヤー3のプロトコルは、すでに物理リンク監視をサポートしています。そのため、イーサネットリンクは、リンク障害シグナリング (LFS) プロトコルを介して接続されます。しかし、これらの既存メカニズムでは、非常に低い BER の範囲を検知できません (たとえば、10-13~ 10-5)。

サポートされるプラットフォーム

表 1は、リンクによるモニタリングをサポートするプラットフォームシリーズとラインカードを示しています。

表 1: リンクをサポートするラインカードによる監視の低下

プラットフォームシリーズ

サポートされている MPC ラインカード

サポートされている DPC ラインカード

MX

  • MPC4E-3D-2CGE-8XGE

  • MPC4E-3D-32XGE-SFPP

  • MPC-3D-16XGE-SFP

  • MPC3 with MIC3-3D-1X100GE-CFP

  • MPC3 と MIC3 の 3D-2X40GE-QSFPP

  • MPC3 で MIC を使用している

  • MPC3 with 2x10GE XFP MIC

  • MPC3 with 2x10GE XFP MIC

  • 次のバリエーションを含む MPC5:

    • 2CGE + 4XGE

    • 24XGE + 6XLGE

  • 次のようなバリエーションを含む MPC6 用:

    • 2X100GE CFP2

    • 24X10GE SFPP

    • 24X10GE SFPP OTN

    • 4x100GE CXP

  • MPC7E-MRATE

  • MPC7E (非 MACsec モード)

  • MX2K-MPC8E と MIC-MRATE

  • MX2K-MPC9E と MIC-MRATE

注: リンクの低下監視は、MACsec 対応 MPC7E-10G および MIC-MACSEC-MRATE ではサポートされていません。

  • DPCE-R-Q-4XGE-XFP

  • DPCE-R-4XGE-XFP

  • DPCE-X-4XGE-XFP

  • DPCE-X-Q-4XGE-XFP

  • DPCE-R-2XGE-XFP

  • DPCE-R-4XGE-XFP

  • DPCE-X-4XGE-XFP

10ギガビットイーサネットインターフェイス:

  • DPCE-R-Q-20GE-2XGE

  • DPCE-R-20GE-2XGE

  • DPCE-X-20GE-2XGE