Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

コンテナ LSP を使用した動的な帯域幅管理の概要

 

ネットワークには、自動帯域幅機能を備えた RSVP Lsp を導入して、トラフィックエンジニアリングのニーズに対応しています。ただし、ポイントツーポイント Lsp 向けの現在のトラフィックエンジニアリングソリューションは、ネットワーク帯域幅の利用状況においては効率的ではありません。その理由は、RSVP Lsp を発信する受信ルーターが、特定のパスに沿って、作成せずに Lsp を調整しようとしているからです。パラレル Lsp を使用するか、ネットワーク内の他のルーターと通信しないで、利用可能な帯域幅を増やすことを調査してください。

この機能により、受信したルーターは、並列 Lsp を動的に作成することで、可能な限り大量のネットワーク帯域幅を獲得する機能を提供します。

RSVP マルチパス拡張について

IETF [コンペラ-MLSP] で提案された RSVP マルチパス拡張により、マルチパスラベル交換パス (コンテナ Lsp) を設計したトラフィックのセットアップが可能になります。コンテナ Lsp は、トラフィックエンジニアリングの制約に準拠するだけでなく、ソースから宛先まで独立した複数のパスを使用することで、トラフィックのロードバランシングを促進します。マルチパス拡張では、RSVP TE プロトコルを変更する必要があり、ダウンストリームノードのラベルをマージできます (LDP に類似)。これは、転送リソースの維持にも役立ちます。

RSVP にマルチパス拡張を導入すると、次のようなメリットが得られます。

  • 設定が容易です。通常、複数の RSVP Lsp が負荷分散または bin パッキングのいずれかに設定されています。コンテナ LSP を使用すると、Lsp のプロビジョニング、管理、監視を行うための単一のエンティティが提供されます。トポロジの変更は受信 LSP によって簡単かつ自律的に処理されますが、メンバー Lsp を追加、変更、または削除してトラフィックを再調整し、同じトラフィックエンジニアリングの制約を維持することができます。

  • RSVP 同等コストマルチパス (ECMP) は、トラフィックサージを吸収して、ECMP の標準的なメリットを継承します。

  • マルチパストラフィックエンジニアリングにより、ネットワークリソースをより優れた方法で完全に使用できます。

  • Lsp 間の関係を把握することで、制約ベースのルーティングによってさまざまなパスをコンピューティングすることができます。メンバー Lsp の調整が可能で、他のメンバー Lsp は引き続きトラフィックを伝送できます。

  • 中間ルーターには、メンバー Lsp のラベルをマージする機会があります。これにより、転送プレーンに追加する必要があるラベルの数が減り、さらに収束時間が短縮されます。

    独立した ECMP パスの数が非常に大きい場合、ラベルのマージによって、最大 (ECMP) ホップのプラットフォーム制限が解消されます。リンクまたはノード保護を必要とするポイントツーポイント RSVP Lsp を使用すると、プライマリおよびバックアップの次ホップの両方を使用して各 LSP がプログラムされるたびに、次のホップが2倍になります。RSVP マルチパス (ECMP) は、バックアップの次ホップの必要性を obviates ます。

  • リンク障害が発生した場合、リンク障害を発生させたルーターは、障害が発生した接続から残りの ECMP 支店へのトラフィックを配信することで、obviating の Lsp をバイパスする必要がなくなります。バイパス LSP アプローチでは、バックアップ Lsp を通知するときにより多くの状態が必要になるだけでなく、拡張に関する問題が発生するため、ローカル修理の前に保護されたパスステートブロック (PSB) がタイムアウトしていることがあります (PLR) バックアップ LSP に通知する機会が得られます。

Junos OS RSVP マルチパス実装

ネットワークに RSVP マルチパス (ECMP) を導入するには、ECMP Lsp パスが RSVP ECMP プロトコル拡張を理解している必要があります。これは、特にマルチベンダーネットワークにおいて課題となる可能性があります。

Junos OS は、プロトコルの拡張を必要とせずに、RSVP マルチパス拡張を実装します。ECMP と RSVP TE の特性を備えた単一のコンテナ LSP がプロビジョニングされています。コンテナ LSP は、複数のメンバー Lsp で構成されており、受信/送信ルーティングデバイス間で設定します。各メンバー LSP は、同じ宛先に対して異なるパスを採用しています。受信したルーティングデバイスは、RSVP ECMP LSP を計算するために必要なパラメーターをすべて使用して設定されます。一連の RSVP のポイントツーポイント Lsp を計算するように設定されたパラメーターは、受信したルーティングデバイスで、コンテナ LSP も計算するために使用できます。

現在のトラフィックエンジニアリングの課題

トラフィックエンジニアリングの主な課題は、トポロジとトラフィックの両方の要求のダイナミクスに対処することです。トラフィックの需要が急激に変化し、利用可能なリソースに対してトラフィックを動的に分散するようなシナリオにおいて、トラフィックの負荷を処理するメカニズムが必要です。

図 1は、すべての Lsp が同じ保留と設定の優先度を備え、受信ルーターで許可制御が制限されているサンプルネットワークトポロジを示しています。すべてのリンクには、タプル (コストと容量) が付いています。

図 1: サンプルトポロジ
サンプルトポロジ

ここで図 1は、トラフィックエンジニアリングの問題をいくつか挙げています。

  • Bin Packing

    この問題は、Lsp がシグナルを通知する特定の順序が原因で発生します。受信ルーターは、要求された要求に応じて一部の Lsp に通知できない場合があります。ただし、ネットワークで帯域幅を使用すると、リンク容量の使用率を最大にすることができます。

    たとえば、以下の Lsp は、で表 1説明されている順序で到着しています。

    表 1: LSP パッキングのために行うのについてによるとの注文順序

    時刻

    ソース:

    保存

    オンデマンド

    ERO

    1

    A

    5

    A-C-E

    2

    B

    10

    ERO なし

    ルーター B で発行された LSP は、制約ベースのルーティングが実行可能なパスを見つけることができないため、ルーティングできません。ただし、ルーター B が最初にシグナル状態になっている場合は、両方の Lsp がルーティング可能です。Bin パッキングは、LSP ごとに、受信したルーティングデバイスでデバイスごとの帯域幅の要求に対応できないために発生します。

    また、Lsp の注文に対する要件がない場合にも Bin パッキングが発生する可能性があります。たとえば、demand X を持つ LSP があり、受信ルーターから、使用可能な帯域幅 Y1、Y2 が X より小さく、Y2 は x より小さい、Y1 > Y2 が x 以上になっている場合、その宛先には2つの異なるパスが存在することになります。

    この場合、集約 LSP の需要 X に対応するために利用可能な帯域幅に十分なネットワークリソースがあるにもかかわらず、LSP は新しいデマンドで通知または再最適化されない可能性があります。で図 1コンテナ LSP サポートを使用すると、受信 B は、要求10が生成された場合に、サイズ5の lsp を2つ作成します。1つの LSP は、b-E と B-E に沿ってルーティングされます。

  • Deadlock

    図 1は、Lsp が表 2に記載された手順に従っていることを考慮しています。

    表 2: LSP によるデッドロックのシーケンス順序

    時刻

    ソース:

    保存

    オンデマンド

    ERO

    イベント

    1

    A

    2

    A-C-E

    RSVP シグナリングを使用した制約ベースルーティング

    2

    B

    2

    B-D-E

    RSVP シグナリングを使用した制約ベースルーティング

    3

    A

    2 ~ 20

    A-C-E

    制約ベースのルーティングが失敗し、RSVP シグナリングがない

    時間3では、LSP の A から E への需要が2から20に増えています。自動帯域幅が設定されている場合、調整タイマーが期限切れになるまで、変更は検出されません。A の受付制御がない場合は、トラフィックの需要が増加すると、同じようなリンクを他の lsp と共有しているほかに、問題が発生した LSP との通信が失われる可能性があります。

    これは、以下の理由により発生します。

    • すべての入口ルーターでグローバルな状態がない

    • 不適切な動作が求められる場合の通知

    • ミスが生じるニーズの削減

    コンテナ LSP が設定されている場合、受信は、複数の Lsp 間で負荷 (差分が完全に行われていない場合でも) を分割する可能性が高くなります。そのため、A からの LSP は、トラフィック損失が長時間発生する可能性が低いと考えられています。

  • Latency Inflation

    遅延物価上昇は、自動帯域幅やその他の Lsp パラメーターによって発生します。待機時間の物価上昇に寄与するその他の要因には、以下が含まれます。

    • LSP の優先度

      Lsp は、同じ都市にあるデータセンター間の短いパスが輻輳する可能性があるため、長いパスを選択します。短いパス上の帯域幅は、同等またはそれ以上の優先度が高い Lsp によって使い果たされる可能性があります。自動帯域幅による定期的な LSP の最適化によって、LSP は、より高い遅延パスに再ルーティングされる可能性があります。多くの Lsp が最適なパス選択よりも低い場合、潜在的に依存関係を形成する可能性があります。Modifing では、LSP の優先度を動的に決定して、問題を回避しています。しかし、より短いパスを見つけるために、LSP の優先度を動的に調整するのは困難な作業です。

    • すべてまたはなしのポリシー

      LSP の需要が増え、短いパスにあるリンクの少なくとも1つが予約制限に近い場合、LSP の最適化によって、LSP をより長い遅延パスに移行させることができます。LSP は、短いパスがほとんどのトラフィックを運ぶことができるにもかかわらず、長いパスをトラバースする必要があります。

    • 最小および最大帯域幅

      最小および最大帯域幅は、LSP サイズの境界を指定します。最小帯域幅が小さい場合は、帯域幅のわずかな変化によって閾値の制限を超えることができるため、LSP は自動帯域幅調整をより行う傾向があります。帯域幅が利用可能であっても Lsp が再ルーティングする可能性があります。一方、最小帯域幅が大きい場合は、ネットワーク帯域幅が浪費される可能性があります。最大帯域幅の値が小さい場合、受信ルーターで大量の Lsp がアプリケーション需要に対応できるようにする必要がある場合があります。最大帯域幅が大きい場合、Lsp のサイズが大きくなる可能性があります。このような Lsp は、すべてまたはなしのポリシーによって影響を受ける可能性があります。

    • 自動帯域幅調整しきい値

      帯域幅しきい値は、Lsp を再最適化し、サイズ変更する必要があるかどうかを決定します。値が小さい場合、Lsp は頻繁に最適化され、再ルーティングを行います。これにより CPU スパイクが発生する可能性があります。 Lsp を介して解決する BGP などのアプリケーションやプロトコルは、次ホップの解決を実行するためにルーティングエンジンビジー状態を維持する可能性があります。大きな価値がある場合、LSP がモバイルになる可能性があります。コンテナ LSP が設定されていると、LSP は1つまたは複数のポリシーを適用していないことになります。受信ルーターは複数の Lsp を発信していますが、すべての Lsp が高遅延パスをたどる可能性はありません。

  • Predictability

    サービスプロバイダは、Lsp の通知とルーティングの方法に関して、予測可能な動作を求めていることがよくあります。現在、グローバルな調整が行われていないため、同一の Lsp セットを予測可能な方法で設定することは困難です。と表 3表 4における2つの異なる orderings について考えてみましょう。LSP が使用する ERO はシグナル通知時間に依存します。

    表 3: LSP を対象としての、予測の順序

    時刻

    ソース:

    保存

    オンデマンド

    ERO

    1

    A

    5

    A-C-E

    2

    B

    5

    B-C-E

    表 4: LSP を対象としての、予測の順序

    時刻

    ソース:

    保存

    オンデマンド

    ERO

    1

    B

    5

    B-C-E

    2

    A

    5

    A-C-E

コンテナ LSP は、Lsp が予測可能な EROs を見つけるのに直接役立つわけではありません。コンテナ LSP が設定されていないために、すべてまたはいずれかのポリシーが原因で Lsp が再ルーティングされた場合、そのような Lsp は、コンテナ lsp が設定されている場合には不要になることがあります。これは、小規模な Lsp で短いパスを検索できるようになるためです

コンテナ LSP をソリューションとして使用する

コンテナ LSP は、現在のトラフィックエンジニアリング機能が直面する課題に対応するためのソリューションとして使用できます。コンテナ図 1lsp 上の demand X が、ネットワーク容量 (最大フロー) が需要を超えて増えるということを考慮すると、コンテナ lsp では以下のアプローチが適用されます。

新しい需要 X への対応

現在の実装では、自動帯域幅は、新しい demand X を使用して LSP に再通知を試み、前述のすべてまたはなしのポリシーに従います。

コンテナ LSP のアプローチでは、帯域幅の総計が X より少なく、受信ルーターが定期的にこの調整を実行するように、スモール (demand X) 帯域幅の Lsp をいくつか計算しています。新しい Lsp を作成したり、古い Lsp を削除したりするトリガーの1つとして、総帯域幅を変更することができます。受信したルーターは、新たに作成された Lsp の間に着信トラフィックの負荷を分散します。

新しい Lsp を作成してオンデマンド X を満たす

作成された新しい Lsp の数は、許可される最大構成の上限になることがありますが、Lsp の数が、さまざまなパスまたは同等コストのマルチパス (ECMPs) の数を超えると、これらの Lsp は大きなメリットを得られません。小規模な Lsp を作成するメリットは、受信ルーターが新たに作成された Lsp を使用して負荷分散トラフィックを発生させる場合に見られます。ただし、これはネットワークのトポロジーと状態によって異なります。

ネットワーク内のすべての受信ルーターによって複数の並列 Lsp を作成すると、伝送ルーターで問題を拡張することができます。したがって、作成する新しい Lsp の数は、個々の Lsp のサイズと、指定された集約要求 (この場合は X) によって異なります。

新しい Lsp への帯域幅の割り当て

一般に、多数のヒューリスティックを使用して、新たに作成された Lsp に帯域幅を割り当てることができます。入口ルーターは、特定のユーティリティ機能を最大化する最適化問題を解決できます。最適化の問題の出力では、最適な帯域幅値を割り当てています。ただし、最適化の問題を解決するには、新たに作成された Lsp の数を修正する必要があります。そのため、各 LSP の数と規模を最適化することが複雑になります。したがって、問題を簡素化するために、新たに作成されたすべての Lsp に対して同じ帯域幅が想定され、その後必要な Lsp の数が計算されます。

LSP パスの制御

LSP パスを制御する柔軟性は、ポイントツーポイント Lsp およびコンテナ Lsp の構成に基づいています。設定パラメーターを使用して LSP パスを制御するには、以下の2つの点について適用できます。

  • トポロジー—この機能でトポロジーに制約はありません。各メンバー LSP は、ポイントツーポイント LSP として処理され、個別に再最適化されます。受信ルーターは、すべての Lsp に対して同等 IGP コストのパスを計算することはありませんが、現在のトラフィックエンジニアリングデータベース情報を使用して、すべての Lsp のパスを計算します。パスの計算中、制約ベースルーティングは、設定によって指定される制約に準拠しますが、パス計算に対する制約ベースのルーティング方法は変更されません。

  • 新しい lsp を作成する場合—に、新しい lsp を明示的に指定できます。デフォルトでは、受信ルーターは、個々の Lsp のトラフィックレートを合計して、総トラフィックレートを定期的に計算します。総帯域幅と構成を見ると、受信ルーターは Lsp の数と Lsp の帯域幅を計算しています。その後、新しい Lsp が通知されるか、既存の Lsp が更新された帯域幅で再通知されます。Outlier のサンプル (集約の場合) を削除すると、受信ルーターは、瞬間的な集約レートを見るのではなく、一定期間内に平均 (集約の) を計算できます。常に未解決でアクティブな Lsp を管理するには、総帯域幅を考慮することで、特定の LSP の使用に基づいて新しい Lsp を作成するよりも拡張性が向上します。間隔としきい値は、トラフィックの集約とトリガーの調整を追跡するように設定できます。これらの動的な Lsp は共存し、LSP 単位の自動帯域幅構成と相互運用します。

Junos OS コンテナ LSP の実装

コンテナ LSP は、1つまたは複数のメンバー Lsp で構成されるコンテナ LSP のように動作する ECMP TE LSP です。ポイントツーポイント TE LSP は、1つのメンバー LSP を持つコンテナ LSP と同等です。メンバー Lsp は、分割と呼ばれるプロセスによってコンテナ LSP に追加され、マージというプロセスによってコンテナ LSP から削除しています。

コンテナ LSP の用語

コンテナ LSP のコンテキストでは、以下の用語が定義されています。

  • Normalization—メンバー Lsp を調整して、帯域幅と番号、またはその両方を調整するために、アクションが実行されるときに定期的に発生するイベント。正規化プロセスは、サンプリングプロセスに関連付けられており、コンテナ LSP の総使用率が定期的に推定されます。

  • Nominal LSP—常に存在するコンテナ LSP のインスタンス。

  • Supplementary LSP—動的に作成または削除されるコンテナ LSP のインスタンスまたはサブ Lsp。

    メンバー Lsp のそれぞれに対して自動帯域幅が実行され、各 LSP は、その所属するトラフィックに従って、および autobandwidth 幅の構成パラメーターを変更します。コンテナ LSP の集約需要は、すべてのメンバー Lsp の帯域幅を増やすことによって追跡されます。

  • Minimum signaling-bandwidth—正規化または初期化時にメンバー LSP が通知される最小帯域幅。これは、自動帯域幅で定義されている最小帯域幅とは異なる可能性があります。

  • Maximum signaling-bandwidth —正規化または初期化の時点でメンバー LSP が通知される最大帯域幅。これは、自動帯域幅で定義された最大帯域幅とは異なる可能性があります。

  • Merging-bandwidth —総帯域幅の使用量に対する帯域幅の下限を指定します。この値が集約の使用量を下回る場合、受信ルーターはメンバー Lsp を正規化の時点でマージします。

  • Splitting-bandwidth —集約の使用率がこの値を超えた場合に、受信ルーターがメンバー Lsp を正規化の時点で分割するなど、総帯域幅の使用率に関する帯域幅のしきい値を指定します。

  • Aggregate minimum-bandwidth —現在のアクティブなメンバー Lsp の帯域幅のマージの合計この最小帯域幅は、自動帯域幅最小帯域幅とは異なります。

  • Aggregate maximum-bandwidth—現在のアクティブなメンバー Lsp の帯域幅の分割の合計です。この最大帯域幅は、自動帯域幅の最大帯域幅とは異なります。

LSP の分割

運用の概要

LSP スプリットメカニズムにより、受信ルーターは、新しいメンバー Lsp を作成したり、要求 X がコンテナ LSP に配置されている場合に既存の Lsp をコンテナ LSP 内のさまざまな帯域幅で再通知したりできます。LSP 分割を有効にすると、受信ルーターは、新しい集約型需要 X に対応するため、新しいものを通知したり、既存の Lsp を再通知したりすることで、定期的に数百を作成します。現在の実装では、入口ルーターは、demand X とその他の制約を満たす LSP パスを探しようとします。パスが見つからない場合は、LSP がシグナルされていないか、または古い予約帯域幅であることを示しています。

2つの正規化イベント (分割またはマージ) の間に、個々の Lsp が、自動帯域幅調整によって異なる帯域幅で再通知される場合があります。コンテナ LSP が自動帯域幅で構成されていない場合、メンバー Lsp は静的な帯域幅値でシグナルされます (設定されている場合)。このケースでは、総帯域幅の動的な推定が行われないため、動的な分割はありません。特定の帯域幅値による分割調整は、手動で開始できます。

LSP 分割に関する以下の考慮事項に留意してください。

  • LSP を分割した後、受信したルーターは、転送隣接関係を1つずつ挿入し続けます。この機能の IGP では、隣接関係の転送はサポートされていません。

  • 2つの正規イベントの間に、2人の Lsp が帯域幅の自動制約に応じて異なる帯域幅を搭載している場合があります。

  • Lsp を分割 (マージ) した後、このadaptiveオプションが設定されていない限り、ブレークの前に固定フィルター (FF) スタイルの共有を使用します。ただし、2つの異なる Lsp がこの機能に対して shared explicit (SE) スタイル共有を実行することはありません。

  • 変更された帯域幅で Lsp を再通知すると、Lsp の一部は正常にシグナルを受信できない場合があり、フェイルオーバーオプションが発生する可能性があります。

運用上の制約

LSP の分割には、以下のような運用上の制約があります。

  • LSP 帯域—幅値を lsp に割り当てるにはさまざまな方法がありますが、Junos OS 実装では、正規化が行われたときに、すべてのメンバー lsp がシグナル状態または再シグナル状態になるように、均等な帯域幅の割り当てポリシーのみをサポートしています。、帯域幅は等しくなります。

  • Lsp—の数受信ルーターが最小数の lsp を持つように設定されている場合、lsp の最小数未満で需要を満たすことができる場合でも、最小数の lsp を維持します。受信ルーターが、十分な数の Lsp での計算に制約ベースのルーティングを実行できない場合、または多数の Lsp に対してシグナルを受信する場合、受信ルーターは多数のフェールバックオプションを使用して並べ替えられます。

    デフォルトでは、インクリメンタルアプローチはフォールバックオプションとしてサポートされています (異なる構成を行わない限り)。受信ルーターは、新しい総帯域幅が古い総帯域幅を超えているなど、多数の Lsp を設定しようとします (およびは可能な限り希望する需要に近づいています)。受信ルーターは Lsp を使用してトラフィックのロードバランシングを行います。起動できなかった Lsp は、受信ルーターによって削除されます。

サポートされる基準

コンテナ LSP がメンバー LSP に通知すると、メンバー LSP は、最小の信号帯域幅でシグナルを取得します。各メンバー LSP は、自動帯域幅で2つの正規化イベントの間に設定されているため、各 LSP は、自動帯域幅調整を複数回行うことができます。トラフィック需要が増えるにつれて、入口ルーターは補足的な Lsp を作成します。すべてのメンバー Lsp は、ECMP に使用されるため、正規化後も同じ帯域幅を持つことができるようにする必要があります。

たとえば、正規化後に K Lsp がシグナルを受けた場合、各 LSP は同じ帯域幅 B でシグナルされます。予約されている総帯域幅は B. K です。 B は次の条件を満たします。

  • 最小シグナリング-帯域幅が B 以下であるため、旋回が信号帯域幅の最大値以下になっています。

    (最小信号帯域幅≤ B ≤最大信号帯域幅)

次の正規化イベントまで、各メンバー LSP は、いくつかの自動帯域幅調整を行います。自動帯域幅調整が完了した後、N 個の Lsp が予約された帯域幅 bi を使用している場合、i = 1、2,.., N、各 bi は以下の条件を満たす必要があります。

  • 最小帯域幅は bi と同じかそれ以下のもので、最大帯域幅以下になるため

    (最小帯域幅≤ bi ≤最大帯域幅)

上記の条件は、メンバー LSP (公称および補足) ごとに適用でき、実質的には範囲内に存在する予約帯域幅を備えています。

トリガーの分割

正規化タイマーが期限切れになるたびに、受信ルーターは LSP の分割が必要かどうかを決定します。受信ルーターは、個別の LSP 帯域幅ではなく、総帯域を使用して動作します。次の2つの変数は、総帯域幅のために定義されています。

  • Current-Aggr-Bw—現在のすべてのメンバー Lsp の予約済み帯域幅の合計。

  • New-Aggr-Bw—サンプリングに基づいた、現在の全メンバー Lsp のトラフィックレートの合計です。

たとえば、正規化の時点でネットワークに N メンバー Lsp が存在する場合、LSP 分割のきっかけとなる2つのアプローチを以下に示します。

  • 完全トリガー—LSP 分割が実行さNew-Aggr-BwれるのはAggregate-maximum-bandwidth、これよりも大きい場合です。

    (New-Aggr-Bw > Aggregate-maximum-bandwidth)

  • 相対トリガー—Current-Aggr-Bwは受信ルーティングデバイスNew-Aggr-Bwと比較されます。LSP の分割は、帯域幅の差がしきい値によってずれている場合に実行されます。

    ([1-a] x Current-Aggr-Bw < New-Aggr-Bw < [1 + a] x Current-Aggr-Bw(0 </= a </= 1)

    [ New-Aggr-Bw 1 + a] を乗算するとCurrent-Aggr-Bw、受信ルーティングデバイスは正規化を実行せず、代わりに LSP 分割が行われます。しかし、受信ルーターで LSP 分割と LSP マージが両方とも構成されている場合、2つの条件のいずれかが満たされると受信したルーターで LSP 分割が発生します。

LSP のマージ

運用の概要

Junos OS は、Lsp – CLI に設定された lsp の2種類をサポートしており、動的に lsp を作成しています。CLI が設定した Lsp は手動で作成され、設定が変更されるまでシステムに残ります。ダイナミック Lsp は、次世代の MVPN、BGP 仮想プライベート LAN サービス (VPLS)、または LDP によって動的に作成され、テンプレートの構成に基づいています。特定の期間中アプリケーションが使用していない場合は、システムから削除されます。LSP のマージは、動的 Lsp と同様のアプローチに従います。

LSP を統合することで、受信したルーティングデバイスでコンテナ LSP のメンバー Lsp の一部を動的に排除して、ネットワークに保持される状態情報を減らすことができます。受信ルーターと送信ルーター間に複数のメンバー Lsp がプロビジョニングされている場合は、特定の Lsp が使用されていると、受信ルーターによって新しいトラフィックの負荷が分散します。Lsp.

メンバー Lsp をマージする方法は多数ありますが、Junos OS には正規化が実行されている場合、総合結合のみがサポートされます。受信ルーターは、総需要と最小 (または最大) Lsp の数を考慮し、受信したルーティングデバイスでアクティブにする Lsp の数を改訂します。その結果、正規化タイマーが起動したときに、以下のことが定期的に発生するようになります。

  • 既存の Lsp のいくつかを、更新された帯域幅で再通知します。

  • 新しい Lsp の作成

  • 既存の Lsp の一部を削除する

運用上の制約

コンテナ LSP が自動帯域幅で構成されていない場合、メンバー Lsp は静的な帯域幅値でシグナルされます (設定されている場合)。全体的な帯域幅が動的に推定されないため、LSP のマージは行われません。ただし、特定の帯域幅値で分割および調整するための手動トリガーを設定できます。

  • 名目 Lsp は LSP の一部として削除されることはありません。

  • Lsp を削除する前に、lsp が非アクティブになっているため、LSP を削除する前に、そのトラフィックが他の Lsp に移動します。これは、RSVP がルートや次のホップをパケット転送エンジンから削除する前に、PathTear を送信するためです。

  • 変更された帯域幅を使用してメンバー Lsp を再通知すると、一部の Lsp が正常にシグナルを取得できない場合があります。

トリガーのマージ

正規化タイマーが満了するたびに、受信ルーターは LSP の結合が必要かどうかを決定します。受信ルーターは、個別の LSP 帯域幅ではなく、総帯域を使用して動作します。次の2つの変数は、総帯域幅のために定義されています。

  • Current-Aggr-Bw—現在のすべてのメンバー Lsp の予約済み帯域幅の合計。

  • New-Aggr-Bw—サンプリングに基づいた、現在の全メンバー Lsp のトラフィックレートの合計です。

たとえば、正規化の時点でネットワークに N メンバー Lsp が存在する場合、LSP のマージをトリガーするには、以下の2つの方法があります。

  • 絶対トリガー—LSP のマージが実行New-Aggr-BwされるのAggregate-minimum-bandwidthは、これよりも小さい場合です。

    (New-Aggr-Bw < Aggregate-maximum-bandwidth)

  • 相対トリガー—Current-Aggr-Bwは受信ルーティングデバイスNew-Aggr-Bwと比較されます。LSP のマージは、帯域幅の違いがしきい値によって無効になっている場合に実行されます。

    ([1-a] x Current-Aggr-Bw < New-Aggr-Bw < [1 + a] x Current-Aggr-Bw(0 </= a </= 1)

    New-Aggr-Bw値が [1 + a] にCurrent-Aggr-Bw値を乗じた場合、受信ルーティングデバイスは正規化を実行しませんが、LSP のマージは完了します。しかし、受信ルーターで LSP 分割と LSP マージが両方とも構成されている場合、2つの条件のいずれかが満たされると受信したルーターで LSP 分割が発生します。

ノードとリンク保護

Junos OS は、ノードとリンク保護の以下のメカニズムをサポートしています。

  • 高速再ルーティング

  • リンク保護

  • ノードリンク保護

受信したルーティングデバイス上では、いつでも、前述した保護モードの1つだけを設定できます。すべてのメンバー Lsp (公称および補助的) は、設定された同じ保護モードを使用します。

名前付け規則

コンテナ LSP を設定している間に、名前が LSP に割り当てられます。名目上の LSP と補助的に提供されており、管理者は、コンテナ LSP の名前に設定された名前サフィックスと自動生成サフィックスを追加しています。コンテナ LSP の名前は一意で、設定の解析中に精度が確認されます。コンテナ LSP 名は、受信および送信ルーター名などのパラメーターを一意に識別する必要があります。

受信したルーティングデバイス上のコンテナ LSP メンバー LSP およびポイントツーポイント LSP は、同じ LSP 名を持つことはできません。

コンテナ Lsp は、数ベースの LSP 名前付け規則に従っています。たとえば、名目 LSP の構成された名前がbobあり、メンバー lsp の数が N である場合、メンバー lsp bob-<configured-suffix>-1bob-<configured-suffix>-2は名前、... bob-<configured-suffix>-N、および.

正規化イベントが完了すると、メンバー Lsp の数が変更される可能性があります。たとえば、メンバー lsp の数が6台から8台に増加した場合、受信ルーティングデバイスは、最初の 6 bob-<configured-suffix>-1bob-<configured-suffix>-2の lsp (名前、. bob-<configured-suffix>-6..、および.) を保持します。2つの追加 Lsp にbob-7bob-8、という名前が付けられています。元の Lsp は、信号帯域幅が変更された場合に、再最適化する必要がある場合があります。

同様に、メンバー lsp の数が8台から6台に削減された場合、受信したルーティングデバイスは、システム内の残りのアクティブな lsp に名前が付けbob-<configured-suffix>-1bob-<configured-suffix>-2られているような方法bob-<configured-suffix>-6など、メンバー lsp に再通知します。....

新しい Lsp を作成するプロセスでは、名前の付いbob-<configured-suffix>-7た RSVP LSP を設定できます。

正規化

運用の概要

正規化とは、定期的に発生するイベントです。問題が発生した場合、アクティブにしておくメンバー Lsp の数と、コンテナ LSP で対応する各帯域幅について決定が行われます。具体的には、新しい補助 Lsp を作成するか、または既存の Lsp を正規化イベント中に再通知または削除する必要があるかという決定が行われます。

2つの正規化イベント間で、メンバー LSP は、自動帯域幅調整をいくつか実行できます。再最適化タイマーに類似した正規化タイマーが設定されています。正規化タイマー間隔は、調整インターバルまたは最適化タイマーよりも短くなければなりません。

正規化は、トポロジーの変更など、ネットワークイベントに基づいてトリガーされることはありません。

運用上の制約

正規化には、以下のような運用上の制約があります。

  • 正規化が行われるのは、メンバー Lsp が再最適化または改行を実行していない場合のみです。正規化は、すべてのメンバー Lsp が、継続的な make の中断を完了したときに開始されます。正規化が保留中の場合は、正規化が完了するまで新しい最適化を行わないようにする必要があります。

  • 正規化が完了すると、受信したルーティングデバイスはまず、制約ベースルーティング計算を使用して帯域幅の一連の実行可能パスを計算します。必要な帯域幅を超える総帯域幅値を使用して、制約ベースのルーティングが計算したパスが得られない場合は、いくつかのフェイルオーバーアクションが実行されます。

  • 帯域幅に対応可能なパスを使用できるようになると、受信したルーティングデバイスは、そのパスの元のセットを従来の帯域幅の値に合わせて保持しながら、これらの経路を通知します。「分割前」は、共有形式の明示的な (SE) 共有スタイルで実行され、一部の Lsp が正常に再通知されない場合、指定された期間だけ再試行回数が制限されます。すべての Lsp が正常に通知された場合にのみ、入口ルーターは、コンテナ LSP の古いインスタンスから新しいインスタンスに切り替えられます。すべての Lsp が正常に通知されなかった場合、受信ルーターは、より高い帯域幅値を持つメンバーのインスタンスを保持します。

    たとえば、メンバー LSP (LSP-1) の古いインスタンスの帯域幅が1G になっている場合、LSP は、帯域幅2G および LSP-2 を使用して LSP 1 に分割されます。帯域幅2G を使用した LSP-1 のシグナリングが失敗した場合、受信ルーターは LSP-1 (帯域幅1G および LSP-2) を帯域幅2G で保持します。

    信号に障害が発生すると、受信したルーティングデバイスはエラー状態のままになり、一部の Lsp は帯域幅の合計が増加している場合のみバンド幅の値を更新します。受信ルーターは、正常に通知することができなかった Lsp を起動しようとします。その結果、最小限のトラフィック損失が発生します。

  • LSP が2つの正規化イベントの間でダウンした場合、その後の Lsp の負荷が増加する可能性があります。他の Lsp が過度に使用されないようにするために、LSP に障害が発生した場合に早期に正規化することができます。ノードの横取りまたはリンク保護の欠如が原因で Lsp がダウンする可能性があります。正規化プロセスによって制約ベースのルーティングパスの計算が再実行されるため、ダウンしている Lsp を起動する必要はありません。

オート帯域との相互運用

例として、以下のパラメーターで構成された LSP 1 という名前の公称 LSP が1つあります。

  • 帯域幅の分割および最大信号帯域幅 (1G ビット)

  • 統合: 帯域幅と最小信号帯域幅、0.8 G

  • 自動帯域幅

次のシナリオでは、正規化の実行方法が異なります。

LSP ごとの自動帯域幅調整の変更

表 5正規化の分割とマージの方法について説明します。自動帯域幅調整により、LSP ごとの帯域幅が無条件正規化で変更されます。

表 5: LSP ごとの自動帯域幅調整の変更による正規化

正規化時間

現在の状態

イベント

調整された状態

T0

状態はありません。

イニシャライズ

LSP-1 は、帯域幅が 0.8 G の場合に通知します。

T1

LSP-1 の使用率が 1.5 G に増加

  • T0 からの複数の自動帯域幅調整が可能です。

  • 受信ルーターは LSP-1 を2つの Lsp に分割し、LSP を作成しました。 2.

LSP-1 = 0.8 G

LSP-2 = 0.8 G

T2

LSP-1 の使用量増加 (2G)

LSP-2 の使用量が 0.9 G (制限内) に増加

  • 総帯域幅は 2.9 G で、最大2G の集合分割は超えています。

  • 受信ルーターは LSP-1 を3つの Lsp に分割することを決定し、LSP-3 を作成します。

LSP-1 = 1G

LSP-2 = 1G

LSP-3 = 1G

T3

LSP-3 の使用率が 1.5 G に増加

  • 総帯域幅は 3.5 G であり、3G の集約スプリットは最大になっています。

  • 受信ルーターは LSP-1 を4つの Lsp に分割し、LSP を作成しました-4。

LSP-1 = 1G

LSP-2 = 1G

LSP-3 = 1G

LSP-4 = 1G

T4

LSP-2 の使用率が 0.5 G に下がっている

  • 総帯域幅は3G です。

  • 受信ルーターは LSP-1 のマージを決定し、LSP 4 を削除します。

LSP-1 = 1G

LSP-2 = 1G

LSP-3 = 1G

自動帯域幅は LSP 単位で設定されているため、自動帯域幅調整が行われるたびに、受信ルーターは各 LSP をMax Avg Bwで再通知します。

LSP 単位の自動帯域幅調整の変更に対応するためのもう1つのアプローチは、受信ルーターで自動帯域幅を有効にするのではなく、自動帯域幅をパッシブ (モニター) モードで実行できるようにすることです。この方法では、メンバー Lsp のみのすべての統計間隔でサンプリングが行われ、コンテナ LSP のみに正規化が実行され、個別の Lsp 調整タイマーの有効期限が機能することはありません。

その結果、特定のメンバー LSP の再シグナリング試行と帯域幅の変動数が削減されます。計算された帯域幅値のメンバーごとの LSP のみ、受信ルーターが正規化時に使用する総帯域幅を検索するために使用します。自動帯域幅調整を構成し、その後に正規化 (調整と正規化間隔を比較する) を設定すると、再シグナリングによってかなりのオーバーヘッドが発生する可能性があります。

同じ例を使用し、2つ目のアプローチを適用すると、LSP-1 は 0.8 G から 1.5 G に進み、その後、0.8 G に戻ります。正規化タイマーが調整間隔と同じ順序である場合、受信ルーターは LSP-1 を元の 0.8 G と同じ状態に残し、LSP-2 を 0.8 G として通知します。これにより、正規化の最終結果を得ることができ、調整タイマーの有効期限に 1.5 G を付加して LSP-1 で余分なシグナリングを試行してしまうのを回避します。

メンバー Lsp は常に同じ帯域幅を使用するため、メンバー Lsp に対して行われる調整はすべて取り消されます。メンバー Lsp は、正規化トリガーを使用した調整トリガーの予約容量と比較した場合、帯域幅を削減して再通知されます。したがって、メンバー Lsp の調整トリガーを回避することは、正規化と調整間隔が同じ順序であると考えると便利な場合があります。

トラフィックの傾向がより長い時間スケールで監視され、1日に正規化を3回実行するようになっているため、正規化タイマーは、自動帯域幅調整間隔と通常の最適化期間よりも高い値にすることをお勧めします。LSP は、以下の理由により最適化できます。

  • 標準の最適化

  • 自動帯域幅調整

  • 正規化

トラフィックの増加の変化

表 6トラフィックが大規模になる場合に正規化がどのように実行されるかについて説明します。

表 6: トラフィックの増加に対応した正規化

正規化時間

現在の状態

イベント

調整された状態

T0

状態なし

LSP-1 は、帯域幅が 0.8 G の場合に通知します。

T1

LSP-1 の使用量が3G に増加

  • 集約の使用量が最大分割帯域幅を超えている

  • 受信ルーターは LSP-1 の分割を決定し、さらに2つの補足 Lsp を作成します。

LSP-1 = 1G

LSP-2 = 1G

LSP-3 = 1G

Lsp 数が最少数に制限されていない限り、Lsp の数は、それぞれ 0.8 G の帯域幅を使用する4つの Lsp によって割り当てられています。

計算範囲と構成済みの実現可能範囲

受信ルーターを設定したときに、Lsp の最小および最大数と、LSP 単位の分割帯域幅とマージ帯域幅の値が構成されている場合は、帯域幅閾値を使用して分割とマージを行います。このため、Lsp (N) の数は、以下の制約を満たしている必要があります。

正規化の時点では、集約需要 X をベースにしています。

前述の制約により、N に対応する2つの範囲が提供されます。N の2つの範囲が重複している場合、重複する間隔 (n 個の場合は n) から選択が行われ、ネットワークでの Lsp 数が最小になります。

そうしないと、最大メンバー-lsp が [X/スプリット帯域幅] 未満の場合、受信ルーターは最大でメンバー-lsp としてシステムに保持され、各 LSP の帯域幅は、[X/最大メンバー-lsp] または最大帯域幅 (以下のいずれか) になります。引い. 一部の Lsp が正常にシグナルを受信できなかった可能性があります。

同様に、最小メンバー-lsp が [X/マージ帯域幅] よりも大きい場合、受信ルーターは最小でメンバー-lsp をシステムに保持し、各 LSP の帯域幅は、[X/最小メンバー-lsp] または最小シグナル帯域幅となります。引い.

例として、正規化は次のような場合に実行されます。

  • ケース1

    • メンバー数が最小である-lsp = 2

    • 最大メンバー-lsp = 10

    • 集約要求 = 10G

    • 統合: 帯域幅 = 1G

    • スプリット帯域幅 = 2.5 G

    この場合、受信したルーティングデバイスは、それぞれの帯域幅が2G である4つのメンバー Lsp を通知します。

  • ケース2

    • 最小メンバー-lsp = 5

    • 最大メンバー-lsp = 10

    • 集約要求 = 10G

    • 統合: 帯域幅 = 2.5 G

    • 帯域幅の分割: 10G

    この場合、受信したルーティングデバイスは、それぞれの帯域幅に2G を使用して、5つのメンバー Lsp を通知します。ここでは、メンバー Lsp の数の静的設定が優先されます。

  • ケース3

    • 最小信号帯域幅 = 5G

    • 最大信号帯域幅 = 40G

    • 統合: 帯域幅 = 10G

    • スプリット帯域幅 = 50G

    コンテナ LSP が登場すると、公称 LSP は、最小の信号帯域幅でシグナルを受信しています。正規化の時点では、新しいアグリゲート帯域幅は100G になります。N と各 LSP の帯域幅を確認するには、N が以下の制約を満たしている必要があります。

    したがって、N は以下のようになります。

    • N = 2、帯域幅 = 最小 {100/2G、40G} = 40G

      このオプションは、100G の新しい集約を満たすものではありません。

    • N = 3、帯域幅 = 最小 {100/3G, 40G} = 33.3 G

      このオプションにより、総帯域幅は100G に等しくなります。

    この場合、受信ルーティングデバイスは、33.3 G の帯域幅を使用して、それぞれ3つの Lsp に信号を送信します。

    受信ルーターは、最小シグナリングバンド幅よりも小さい LSP を通知しません。

制約ベースのルーティングパス計算

一般的な制約ベースのルーティングパス計算では変更はありませんが、コンテナ LSP を使用すると、正規化プロセスを監視し、制約ベースのルーティングイベントをスケジュールし、古いバージョンからのスイッチオーバーをスケジュールする独立したモジュールが存在します。必要に応じて新しいインスタンスにインスタンスを追加します。受信型ルーティングデバイスは、制約ベースのルーティングパス計算を定期的に処理する必要があります。正規化が発生した場合、Lsp の数または Lsp の帯域幅を変更する必要がある場合、受信ルーターは制約ベースのルーティングパスを計算しなければなりません。

たとえば、受信ルーターには、帯域幅値 X 1、X-2、 …x-k を使用した K lsp があります。現在の総帯域幅値は Y になります。これは x-1 + x 2 + x-K の合計です。W の新しい需要がある場合、受信ルーターは最初に、必要な Lsp の数を計算します。受信ルーターに N Lsp (LSP-1、LSP-2、、および LSP-N) が必要なのは、それぞれが帯域幅の値 B を使用する場合、制約ベースルーティングモジュールのタスクは、Y より小さくない新しい集約型の需要に対応できる帯域幅の可能な Lsp のセットを提供することです。

受信ルーターは、制約ベースのルーティングパスが N 個の Lsp すべてに対して正常に計算されるかどうかを確認しようとします。すべての Lsp のパスが正常に検出された場合、制約ベースルーティングモジュールはそのセットを正規化モジュールに返します。

制約ベースのルーティング計算が一部の Lsp に対して成功するとは限りません。この場合、受信したルーティングデバイスは以下のアクションを実行します。

  • 構成によって段階的な正規化が可能な場合は、受信ルーターに、Y を超える Lsp が含まれている場合、制約ベースルーティングモジュールはそのパスセットを返します。

  • 増分正規化が設定されているかどうかにかかわらず、制約ベースのルーティングパスを十分な数の Lsp に対して計算できなかった場合、受信ルーターは新しい Lsp セットを見つけるプロセスを繰り返す必要があります。初期状態では、受信ルーターは、最小値 N の実現可能な領域から始まります。受信ルーターは毎回、番号を変更する必要があり、それはリニアに1ずつ増加していきます。その結果、LSP ごとの帯域幅が削減され、シグナリングが成功する可能性が高くなります。このプロセスは、N のすべての実行可能な値 (または設定された回数または期間を制限) に対して繰り返されます。

    入口ルーターは、制約ベースのルーティングパス計算の計算が成功した後に Lsp に通知します。Lsp が通知を受けたときに、多くの Lsp の通知が失敗することがあります。制約ベースのルーティングパスの計算に成功するだけでなく、RSVP シグナリングは、新しい集約が従来の総帯域幅よりも小さくないように成功する必要があります。

サンプリング

正規化を機能させるには、サンプリングが重要になります。サンプリングが構成されている場合、受信したルーティングデバイスは、総トラフィック需要の統計的推定を作成できます。サンプリングタイマーが起動されるたびに、受信したルーティングデバイスは、さまざまな Lsp のトラフィックレートを検討し、総帯域幅のサンプルを計算できます。このサンプリングタイマーは、すべての Lsp で RSVP によって定期的に実行される統計サンプリングとは異なります。この総帯域幅は、正規化時に使用されるサンプルです。受信ルーティングデバイスは、平均 (またはその他の統計メジャー) を計算するために過去のサンプルを保存し、次回正規化が行われるときにそれを使用することができます。

Outlier のサンプルを削除するには、サンプリングトークンが設定されています。つまり、設定時に収集されたすべての集約サンプルから、下位および上位の外れ値は無視され、残りのサンプルから統計的メジャーを計算することになります。

総帯域幅の値を計算する以下の2つの方法がサポートされています。

  • —すべての総帯域幅サンプルが受信ルーティングデバイスによって検討され、その後すべての outlier サンプルが削除されます。一般的な帯域幅の値は、正規化の際に使用される残りのサンプルから算出されます。

  • 最大—すべての帯域幅サンプルは受信ルーティングデバイスによって検討され、その後すべての outlier サンプルが削除されます。正規化中に使用される最大帯域幅値は、その他のサンプルから選択されます。

時間の長さ、過去の集計サンプルの数、特定する百分位の値、無視した異常外れは、ユーザーが設定可能なパラメーターです。

NSR、IPG FA、および静的ルートのサポート

Junos OS リリース15.1 から始めると、コンテナラベルスイッチパス (Lsp)、IGP 転送アクティブルーティング (NSR)、「FA (隣接関係)」、「静的ルート」をサポートして、幅広いビジネスケースの要件に対応できます。

NSR サポート

コンテナ LSP には、ECMP と RSVP トラフィックエンジニアリングの特性があります。コンテナ LSP は、受信および送信ルーター間のメンバー Lsp で構成されているため、各メンバー LSP は同じ宛先への別のパスを使用し、受信ルーターは RSVP ECMP LSP の計算に必要なすべてのパラメーターを使用して設定します。これらのパラメーターと転送状態情報は、マスターとバックアップのルーティングエンジンの間で同期して、コンテナ Lsp のための、無着陸アクティブルーティング (NSR) のサポートを有効にする必要があります。バックアップルーティングエンジンの転送状態情報の一部は構成に基づいてローカルに構築されていますが、そのほとんどは、マスタールーティングエンジンから定期的に更新されるように作られています。コンテナ Lsp は、バックアップルーティングエンジンのレプリケートされた状態を使用して動的に生成されます。

デフォルトでは、正規化は6時間ごとに1回行われ、その間に、さまざまな自動帯域幅調整が各メンバー LSP で発生します。メンバー LSP は、その伝達されるトラフィックと構成された autobandwidth 幅の構成パラメーターに従ってサイズを変更します。コンテナ LSP の集約需要は、すべてのメンバー Lsp の帯域幅を合計することによって追跡されます。

RSVP のポイントツーポイント Lsp の場合、ルーティングエンジンのスイッチオーバーは、以下のいずれかの下にあることがあります。

  • Steady state

    定常状態では、LSP 状態はトラフィックのアップと転送を行います。しかし、LSP で発生する前の休憩 (MBB) など、その他のイベントはありません。この段階では、RPD がルーティングエンジン上で動作し、切り替えイベントによってマスターとバックアップルーティングエンジンが切り替わります。バックアップルーティングエンジンには、LSP 情報がすでに複製されています。スイッチオーバーが完了すると、新しいマスターは、複製構造の情報を使用してコンテナ LSP を構築し、帰線モードで LSP のパス (ERO) をキューに格納します。RSVP は、ERO に記載されているパスに到達可能かどうかを確認します。RSVP チェックが失敗すると、LSP が再起動されます。RSVP チェックが成功した場合、LSP の状態は維持されます。

  • Action leading to make-before-break (MBB)

    コンテナ LSP は、更新された帯域で最適化できます。この変更は、MBB の方法で行われます。MBB プロセスの間、指定された LSP には2つの path インスタンスがあり、LSP はインスタンス間で切り替えを行います。ルーティングエンジンのスイッチオーバーが行われるたびに、パスがチェックされて、パスが MBB プロセス内のどこにあるかを確認します。パスが MBB プロセスの中間にあり、メインインスタンスがダウンし、再最適化されたパスが稼働している場合、MBB は新しいインスタンスに切り替えることができます。このshow mpls lsp extensive場合、コマンド出力は次のようになります。

    帯域幅の最適化において、メンバー Lsp にも同様の行動が残されています。

    安定した状態で (正規化が進行中でないときに) ルーティングエンジンのスイッチオーバーが発生すると、コンテナー Lsp はトラフィック損失なしで動作し続けることができます。自動帯域幅調整による MBB などのイベント、安定したリンクステータスは、通常の RSVP ポイントツーポイント LSP とほぼ同じ状態で発生します。

    コンテナ LSP が正規化のプロセス内にあり、正規化イベントが手動または定期的にトリガーされた場合は、計算と実行のフェーズが進みます。どちらの場合でも、トラフィック損失はゼロ% は保証されません。

    • 計算フェーズでの正規化

      計算フェーズでは、マスタールーティングエンジンが、各メンバー LSP が再通知される対象とするメンバー LSP カウントと帯域幅を計算します。バックアップルーティングエンジンは、LSP 名、LSP ID、メンバー LSP の現在の帯域幅、メンバー LSP カウント、正規化の再試行回数など、コンテナ LSP に関する制限された情報を保持しています。計算フェーズでスイッチオーバーが発生した場合、バックアップルーティングエンジンは対象のメンバー LSP カウントと信号を発信する帯域幅を認識していません。トラフィック統計はバックアップルーティングエンジンにコピーされないため、ターゲットメンバー数と帯域幅を計算できません。この場合、新しいマスタールーティングエンジンは、対象となるメンバー LSP カウントに格納されている古いデータと、目標とする帯域幅を使用して Lsp に通知します。

    • 実行フェーズにおける正規化

      実行フェーズでは、マスタールーティングエンジンの RSVP は、新たに計算された帯域幅を Lsp に通知しようとします。帯域幅が増加しているか、LSP の分割やマージの実行中に Lsp が通知されると、新しいマスタールーティングエンジンは、対象となるメンバー数と帯域幅値の情報を使用して、Lsp を立ち上げます。

IPG-FA のサポート

FA (フォワーディング) は、2つのノード間で構成され、トラフィックを転送する内部ゲートウェイプロトコル (IGP) によって使用されるトラフィックエンジニアリングラベルスイッチパス (LSP) です。デフォルトでは、IGP では、サイト間のトラフィックエンジニアリングのトンネルを MPLS してトラフィック転送を検討することはありません。隣接関係を転送すると、トラフィックエンジニアリング LSP トンネルは IGP トポロジ内のリンクとして扱われるため、ネットワーク内のノードは IP トラフィックを転送して、この FA LSP 上で宛先に到達することもできます。ネットワーク内の位置に関係なく、ルーティングデバイス間では、転送の隣接性を作成できます。

コンテナ LSP を IGP FA として提供するには、IS-IS または OSPF のいずれかで LSP 名を設定する必要があります。たとえば、以下のように記述します。

IS-IS

OSPF

IGP FA は、コンテナ Lsp と通常のポイントツーポイント Lsp の両方に適用されます。コンテナ LSP とポイントツーポイント LSP が同じ名前を共有している場合、ポイントツーポイント LSP には FA の優先順位が付与されます。

静的ルートのサポート

多くの場合、静的ルートには、宛先へのパスが1つまたは少なく、通常は変更されません。これらのルートは、ポリシーやその他のプロトコルが設定されていない場合に、サービスをつなぎ合わせるために使用されます。

コンテナ LSP を静的ルートとして提供するには、LSP 名を静的ルート構成で設定する必要があります。たとえば、以下のように記述します。

静的ルート

静的ルートのサポートは、コンテナ Lsp と通常のポイントツーポイント Lsp の両方に適用されます。コンテナ LSP とポイントツーポイント LSP が同じ名前を共有している場合、ポイントツーポイント LSP には静的ルーティングの優先順位が設定されます。

コンテナ Lsp でサポートされる構成ステートメント

表 7RSVP LSP およびコンテナ LSP (公称および補助的) に適用される MPLS LSP 構成ステートメントを示します。

構成サポートは、以下の用語を使用して定義されます。

  • ○—このタイプの LSP では、構成ステートメントがサポートされています。

  • この—タイプの LSP では、構成ステートメントはサポートされていません。

  • N/A—この構成ステートメントは、このタイプの LSP には適用されません。

表 7: RSVP Lsp 設定のコンテナ LSP への適用

構成ステートメント

RSVP LSP (受信)

メンバー LSP (受信)

割り付け

値非適応型)

あり

あり

管理下

あり

あり

管理グループ

あり

あり

管理グループ-除く

あり

あり

apply-groups

あり

あり

apply-groups-except

あり

あり

準バックアップ-pe グループ

あり

なし

lsp との関連付け

(双方向サポートなし)

あり

なし

自動帯域幅

あり

あり

バックアップ

あり

なし

よる

あり

あり

サービスのクラス

あり

あり

corouted 双方向

(双方向サポートなし)

あり

なし

corouted 双方向-パッシブ

(双方向サポートなし)

あり

なし

関する

あり

あり

disable

あり

あり

送信防御

あり

なし

除外-srlg

あり

あり

高速再ルーティング

(すべてのメンバー Lsp を対象とした同一の高速再ルーティング)

あり

あり

差出人

あり

あり

ホップ制限

あり

あり

設置

あり

あり

ドメイン間

(同じ終了ルーター)

あり

あり

副次

(すべての Lsp はプライマリ)

あり

なし

ldp トンネリング

(すべての Lsp がトンネリングします)

あり

あり

最小-塗りつぶし

あり

あり

リンク保護

(すべての Lsp が同じリンク保護 mechansim を共有しています)

あり

あり

lsp-属性

あり

あり

lsp-外部コントローラ

あり

なし

(すべての Lsp は同じです)

あり

あり

最も高い塗りつぶし

あり

あり

なし-cspf

(Lsp は IGP) を使用

あり

あり

no 減 ttl

(すべての Lsp が同じ TTL 動作を共有)

あり

あり

no-インストールツーアドレス

あり

あり

レコードがありません

あり

あり

ノードリンク保護

(Al Lsp は同一ノードリンク保護メカニズムを共有します)

あり

あり

oam

あり

あり

最適化-停止-遅延

(すべての Lsp は同じ値を持ちます)

あり

あり

最適化-スイッチオーバー-遅延

(すべての Lsp は同じ値を持ちます)

あり

あり

最適化-タイマー

(すべての Lsp は同じ値を持ちます)

あり

あり

p2mp

あり

該当なし

監視

(可変トラフィック)

あり

なし

]

あり

あり

primary

(すべてのパスはプライマリ)

あり

なし

random

あり

あり

録画

あり

あり

再試行制限

(メンバーに適用可能)

あり

あり

再試行-タイマー

(メンバーに適用可能)

あり

あり

復帰-タイマー

(セカンダリ LSP なし)

あり

なし

副次

(すべての Lsp はプライマリ)

あり

なし

ソフトプリエンプト

あり

あり

スタンバイ

(すべての Lsp はスタンバイです)

あり

なし

テンプレート

あり

なし

宛先

あり

あり

traceoptions

あり

あり

最終ホップ・ポップ

あり

あり

ネットワークパフォーマンスに対するコンテナ Lsp の構成による影響

コンテナ LSP は、複数のメンバー Lsp を共存させることができ、1つのバンドルとして管理できるコンテナ LSP です。メンバー Lsp は、独立したポイントツーポイント RSVP Lsp に類似しています。その結果、リソースの消費量は、各ポイントツーポイント RSVP LSP によって消費されるリソースの合計と同じになります。ただし、使用率の低いメンバー Lsp が動的に削除されるため、コンテナ LSP のプロビジョニングが効率化され、メモリリソースと CPU 資源を節約することができます。

コンテナ LSP の機能は、機能ベースの MPLS RSVP 実装の存在に依存しています。そのため、コンテナ LSP は、基本 MPLS の RSVP 機能に関する既存の考慮事項に加え、セキュリティ上の考慮事項を導入していません。考えられる攻撃と対策のカテゴリーは次のとおりです。

  • プロセスとルーターの設定の相互作用

    コンテナ LSP には、外部ホストとの新しい通信メカニズムは必要ありません。RSVP モジュールには、ローカルソフトウェアプロセスとルーター構成 (RSVP 近隣隣接関係を除く) を介してデータが渡されます。Junos OS は、ルーターとルーターの構成へのアクセスにセキュリティ制御を提供します。

  • 外部の RSVP 近隣ノードとの通信

    RSVP シグナル MPLS Lsp は、rsvp と IGP のサービスに依存して、ネットワーク上の近隣ルーター間で RSVP メッセージを通信します。RSVP セッションには、ローカルルーター以外の通信が含まれているため、ピアのスプーフィング、falsified RSVP メッセージの挿入、ルートの更新、セッションの基礎となる TCP/UDP トランスポートへの攻撃など、さまざまな攻撃にさらされる可能性があります。Junos OS は、このような攻撃ベクトルに対する対策を提供します。

  • リソース制限とサービス拒否

    Junos OS は、必要なトラフィック要求よりも多くのサービス拒否攻撃から保護するために、ポリサーとフィルターによっていくつかのメカニズムを提供します。MPLS LSP レベルでは Junos OS、事業者は LSP の帯域幅と Lsp の数に制限を設定できます。ただし、ポイントツーポイントの RSVP Lsp と同様に、コンテナ Lsp は、これらの Lsp を介して転送されるトラフィックの量に制限を適用しません。

サポート対象およびサポート非対象の機能

Junos OS は、以下のコンテナ LSP 機能をサポートしています。

  • 同帯域幅ベースの LSP 分割メカニズム

  • 集約型で帯域幅をベースとした LSP の分割とマージによって、中断に対応することができます。

  • LSP-動的に作成されるメンバー Lsp の番号ベースの命名機構

  • 集約帯域幅を推定する定期的なサンプリングメカニズム

  • 自動帯域幅機能との相互運用性

  • 動的に作成された Lsp を使用した ECMP

  • 動的に作成された LSP における LDP トンネリング

  • IGP のショートカットを使用したコンテナ LSP の設定

  • 集約型イーサネットリンク

  • 論理システム

Junos OS は not以下のコンテナ LSP 機能をサポートします。

  • 受信および送信ルーティングデバイス間のさまざまな Lsp のためのノードおよびリンクの不整合

  • 正規化イベントでの帯域幅の割り当てポリシーの違いは、帯域幅ポリシーと異なります。

  • 制約ベースのルーティングパス計算により、異なる Lsp の同等 IGP コストのパスを検索します。

  • [コンペラ-MLSP MLSP_TUNNEL Sender Template] でMLSP_TUNNEL Filter Specification定義された RSVP オブジェクト

  • LSP の分割とマージのためのトリガーとしてのトポロジの変更

  • メンバー Lsp がダウンしない限り、トポロジの変化と、正規化のトリガーとしてのリンク障害

  • コンテナ LSP での送信保護

  • IGP インターフェイス用のバックアップ LSP としてのコンテナ LSP

  • マルチキャスト Vpn 向けプロバイダ・トンネルとしてのコンテナ LSP

  • 動的 Lsp for 正規化

  • コンテナ LSP を使用した CCC

  • コンテナ LSP のためのセカンダリパス

  • 双方向コンテナ LSP

  • 監視

  • ベストエフォートベースでの次ホップとしてのコンテナ Lsp を使用した静的ルート

  • PCE などの外部パスコンピューティングエンティティ

  • マルチシャーシ

  • IPv6