Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

拡張 DHCP ローカルサーバーおよびアドレス割り当てプール

 

拡張 DHCP ローカルサーバーは、DHCP サーバー上にクライアントアドレスプールとクライアント構成情報が存在する従来の DHCP サーバー操作を拡張します。拡張 DHCP ローカルサーバーでは、クライアントアドレスと構成情報は一元化されたアドレス割り当てプールに存在し、DHCP ローカルサーバーから独立して管理し、異なるクライアントアプリケーションによって共有することができます。

拡張 DHCP ローカルサーバーは、高度なプール照合と、名前付きアドレス範囲の使用もサポートしています。また、クライアント PDU の DHCP オプション82情報を使用して、特定のクライアントに使用する名前付きアドレス範囲を決定するように、ローカルサーバーを構成することもできます。アドレス割り当てプールに設定されたクライアント構成情報には、ブートサーバー、猶予期間、リース期間など、ユーザー定義のオプションが含まれています。

拡張 DHCP ローカルサーバーが含まれている DHCP 環境を構成するには、独立した2つの設定操作が必要です。これは任意の順序で完了させることができます。1回の操作で、ルーター上の拡張 DHCP ローカルサーバーを構成し、DHCP ローカルサーバーが使用するアドレス割り当てプールを決定する方法を指定します。その他の操作では、DHCP ローカルサーバーによって使用されるアドレス割り当てプールを構成します。アドレス割り当てプールには、IP アドレス、名前付きアドレス範囲、DHCP クライアントの構成情報が含まれています。アドレス割り当てプールの作成と使用の詳細については、「 Address-Assignment Pool Configuration Overviewを参照してください。

拡張 DHCP ローカルサーバーとサーバーで使用されるアドレス割り当てプールは、同じ論理システムおよびルーティングインスタンスに設定する必要があります。