Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

長期的な BGP グレースフルリスタート機能について理解する

 

Junos OS は、BGP のグレースフルリスタート機能を使用してルーティング情報が維持されている期間よりも、失敗した BGP ピアから長期間にわたって BGP ルーティングの詳細を維持するメカニズムをサポートしています。

これまで、ルーティングプロトコルと BGP は、正確性に重点を置いて設計されていますが、「正確さ」というのは、各ネットワーク要素の転送状態を、ネットワークの現在の状態に迅速に統合することです。かぎり. このため、プロトコルは、できるだけ早く (BGP の視点から) 停止したルーターによって発生した状態を削除するように設計されています。RFC 4724 で定義された BGP グレースフルリスタートを使用すると、高速コンバージェンス機能がネットワークから「古い」状態を迅速に削除しようとしていました。

時間の経過とともに、2つの要素が関与することで、古い状態を迅速に削除して変更と拡張が可能になっています。1つ目は、MPLS など、トンネリングされた転送インフラを幅広く採用していることです。このようなインフラストラクチャでは、ホップバイホップ転送で発生する転送ループのリスクを解消し、転送要素間の強い一貫性を維持するための動機を1つ削減します。2つ目は、本来の状況よりもパケット転送に密接に関連していないデータのトランスポートとして、BGP の使用が増えていることです。例として、autodiscovery (VPLS [RFC4761]) およびフィルタプログラミング (FLOWSPEC [RFC5575]) の BGP 使用などが挙げられます。このような場合、BGP データは、従来のルーティングではない特性を前提としています。

ネットワーク運用担当者は、何らかの理由で BGP の制御プレーンに障害が発生したときに BGP データを長期間保持することを選択できるようにすることが重要でした。BGP グレースフルリスタートの特性は、長期間にわたる BGP 情報を維持するために必要な要件に近づいていますが、長期的には複数のギャップが存在してい—ます。特に、「古い」情報を維持する最大時間には、グレースフルリスタートが可能です。4095秒の上限制限を設けます。Junos OS は、長期間のグレースフルリスタート機能と呼ばれる BGP 機能をサポートしているため、セッションをリセットしても、古くなった情報を長期間保持できます。また、このような情報をマークするための新しい BGP コミュニティーとして「LLGR_STALE」もサポートしています。このような古い情報は、最優先ではないものとして扱われ、その広告は、新しい機能をサポートする BGP スピーカーに限定されるものとします。

BGP 長時間有効なグレースフルリスタート (LLGR) を使用すると、ネットワーク事業者は、既存の BGP グレースフルリスタート機能よりもはるかに長い BGP ピアから、古いルーティング情報を維持することを選択できます。この機能は、より長期間にわたって BGP ルートを維持するために IETF のドラフトに従っています。 長期的な BGP に対応してい—ます。スムーズな再起動ドラフト--持続の idr-03。この草案によると、長期的に有効なグレースフルリスタート (LLGR) は、NLRI 単位で明示的に設定する必要があり、LLGR を認識して検証しない他のピアに古い情報が蔓延するのを防止する規定が含まれています。次のメリットと運用は LLGR が原因で発生します。

  • 障害が発生したノードからのルートは、設定された期間 (日数) の間、維持されます。

  • 適切な show コマンドを使用して、NLRI LLGR (高品質) の各ネゴシエーション状態を調べることができます。

  • 1つのピアに対して現在適用されているかどうか、有効な場合、期限が切れるまでの期間を表示できます。

  • LLGR が保持している古いルートは、 show bgp neighborコマンドの出力で明示的にマークされています。

  • 他の隣接ノードから学習した古いルートは、適切にshow bgp neighbor定義されたコミュニティーを使用して、コマンドの出力に明示的に示されます。

LLGR の方法はさまざまなシナリオに適用できますが、この機能の主要な目的は1つのシナリオです。ルートリフレクタとクライアントの間の接続が切断された場合は、リブ全体を送信する前に接続をリセットするような間欠的な接続を含め、障害が発生しても再起動は発生しません。また、このような現象は、クライアントとルートリフレクタによってアドバタイズされた次ホップの間のあらゆる種類の接続の問題を意味するものではありません。一般的な長時間の再起動時間は12時間の順序になると予想されています。

IETF のドラフトで説明されている動作のガイドラインと運用ポイントはすべて、 draft-uttaro-idr-bgp-persistence-03は LLGR としてサポートされています。また、リリース15.1 よりも前にリリースされた既存の Junos OS 機能との下位互換性を備え、特にグレースフルリスタートと無着陸ルーティング (NSR) をサポートしています。LLGR が設定されている場合は、インターネットドラフトに明示的に示されている場合を除き、グレースフルリスタートは既存の方法で動作します。また、LLGR と NSR の両方を同時に設定して、完全な LLGR 機能を実現することもできます。は、LLGR の前提条件として、IETF のドラフトをサポートしています。 通知メッセージ BGP のグレースフル再—起動ドラフト-ietf-idr-gr-の通知-01が実装されています。このドラフトは、通常の GR の動作を拡張し、通信の中断とプロトコルのエラーを防御できるようにします。