Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

属性としての BGP ローカルについて

 

インターネットサービスプロバイダ (ISP) が、別の自律システムに属するネットワークを買収すると (AS)、買収されたネットワークの BGP ピアを ISP の買収時点で移動するためのシームレスな方法はありません。新しい AS 番号を使用して BGP ピアを構成するプロセスは、時間がかかり煩雑になる場合があります。お客様は、ピアの並べ替えや設定を即座に変更することができない場合があります。この種の移行期間中は、新しい AS で BGP 対応デバイスを BGP の更新で番号として使用するように構成すると便利です。この番号を「 as」と呼びます。

ローカルの AS 番号を使用することで、買収されたネットワーク内のルーティングデバイスが前者に属するように見えるようになります。

たとえば、AS 200 を使用する ISP A は、ISP B を250として取得します。ISP B には、設定を変更する必要のない顧客、ISP C があります。Isp B が ISP A の一部になると、isp C との EBGP ピアセッションで使用するために、ローカルの250を番号に設定します。そのため、ISP C のダイレクト外部ピアへのルートのエクスポートに使用される AS パス内の200数として、グローバルではなく前または後に、ローカルの AS 番号 (250) が付加されます。

ルートが内部 BGP (IBGP) ピアから受信された場合、AS path にはグローバルを番号として、その前に付加番号としてローカルが含まれます。

ルートが外部ルート (静的ルートや内部ゲートウェイプロトコル (IGP) のルートなど、BGP にインポートされている場合は、グローバルな番号としてローカルの番号が使用されます。ルートが外部で、グローバルを AS パスに含めるように番号を指定する場合は、or as-path-expandas-path-prependを使用してルーティングポリシーを適用できます。as-path-expandポリシーアクションを使用して、グローバルを番号としてローカルの番号を数値として配置します。as-path-prependポリシーアクションを使用して、グローバルを番号としてローカルの番号として設定します。

たとえば、以下のように記述します。

user@R3# run show route 1.1.1.1 protocol bgp

レイヤー 3 VPN のシナリオでは、プロバイダエッジ (PE) デバイスが顧客エッジ (CE) デバイスとのピアに外部 BGP (EBGP) を使用してlocal-asいる場合、非 VPN のシナリオとは異なる動作をします。VPN のシナリオでは、マスターインスタンスで定義されているグローバル番号はデフォルトで AS path の先頭に付加されます。この動作を無効にするには、 no-prepend-global-as次に示すように、PE デバイスのルーティングインスタンス BGP 構成を設定できます。

ローカル AS 属性の Junos オペレーティングシステム (Junos OS) 実装では、以下のオプションをサポートしています。

  • Local AS with private option—このprivateオプションを使用すると、ebgp 近隣ノードとの BGP セッションの確立時にローカル AS が使用されますが、他の ebgp ピアに送信される as パスには表示されません。外部ピアに送信される AS path には、グローバルとしてのみ含まれています。

    このprivateオプションは、以前にも構成されたルーティングデバイスとの間でローカルピアリングを確立する場合や、ピアの並べ替えをまだ変更していない特定の顧客に対して設定されている場合に便利です。ローカル AS は、EBGP 近隣との BGP セッションを確立するために使用されますが、別の as で外部のピアに送信されているパスには表示されません。

    このオプションprivateを含めると、外部のピアに送信される as パス内で、ローカル as がグローバルに追加される前に先頭にないことができます。このprivateオプションを指定すると、as bgp 近隣ノードに送信されるのとしてのみ、ローカル as が先頭に付加されます。

    たとえば図 1、ルーター 1 とルーター 2 は64496と して、ルーター 4 は 64511、ルーター 3 は64510と しています。ルーター2は、以前は64497として属していました。これは別のネットワークとマージされ、現在は64496として所属しています。ルーター3は、前者を (64497) を使用してルーター2とピア になっているため、ルーター2はルーター3とのピアリングを維持するために、64497のローカルとして設定する必要があります。64497のローカル環境を構成すること により、ルーター 2 はルーター 3 へのルートをアドバタイズする際に64497として追加できます。ルーター 3 は、プレフィックス  10/8 のため に 64497 64496 のパスを認識しています。

    図 1: ローカル AS 設定
    ローカル AS 設定

    ルーター2がアナウンス内のローカル番号を他のピアに追加できないようにするlocal-as 64497 privateには、そのステートメントを使用します。このステートメントは、 ルーター1とルーター 4 へのルートをアナウンスするときに、ローカルの64497としてのルーター2を含まないように構成されています。この場合、ルーター 4 はプリフィックス  10.222/16 を使用して 64496 64510 というパスを認識します。

  • Local AS with alias option—Junos OS リリース9.5 以降では、ローカルをエイリアスとして設定できます。BGP open session の確立時に、open メッセージで使用されると、ローカル as とグローバルとの間で代替があります。ローカル AS が EBGP 隣接ノードと接続するために使用されている場合は、BGP ピアセッションが確立されたときにローカル AS のみがパスの先頭に付加されます。グローバル AS が EBGP 隣接ノードと接続するために使用される場合は、BGP ピアセッションが確立されたとき、as グローバルのみが AS path に付加されます。このaliasオプションを使用するということは、その ebgp 近隣ノードから学習したルートに対して、ローカル AS が as path に付加されていないことも意味します。そのため、ローカル AS は他の外部ピアから非表示のままです。

    このaliasオプションを使用してローカルに as を構成すると、買収したネットワーク内のルーティングデバイスを新しい AS に移行する場合に特に便利です。移行プロセスにおいて、一部のルーティングデバイスは新しいものとして設定されている場合がありますが、それ以外は以前のように設定されていることがあります。たとえば、ルートリフレクタとして機能するすべてのルーティングデバイスとして、最初に新しい環境に移行することをお勧めします。ただし、ルートリフレクタクライアントをインクリメンタルに移行すると、各ルートリフレクタは、前者とは別に構成されたルーティングデバイスと、新しい AS で構成されたルーティングデバイスを持つピアになる必要があります。ローカルピアセッションを確立するには、ネットワーク内の BGP ピアがローカル as とグローバルの両方を使用するのに役立ちます。同時に、このローカルユーザーを外部のピアとして表示し、ルートを別の as パスとして使用する場合は、as path の場合と同じように、グローバルにはを指定する必要があります。このような状況ではalias 、このオプションを設定します。

    階層レベルaliasで設定したとおりに、ローカルをエイリアスとしてグローバルに設定するオプションも含めます。 [edit routing-options] ローカル as as をエイリアスとして設定した場合、BGP 開いているセッションの確立時に、open メッセージで使用されると、ローカル as とグローバルとの間で代替が発生します。EBGP 近隣ノードを持つピアセッションがローカル AS を使用して確立された場合のみ、AS path にローカル AS が付加されます。ローカル AS は、他の外部ピアに送信される AS path に表示されません。グローバル AS を使用して BGP セッションが確立されたときに、as パスの先頭にはグローバルとしてのみが付加されます。

    private And aliasオプションは相互に排他的です。同じlocal-asステートメントを使用して両方のオプションを設定することはできません。

  • Local AS with option not to prepend the global AS—Junos OS リリース 9.6 以降では、[グローバルとして] を選択せずにローカルとして設定することもできます。外部ピアに送信される AS path には、ローカル AS のみが含まれています。

    仮想プライベートno-prepend-global-asネットワーク (VPN) シナリオで、送信 BGP の更新からグローバルな番号を削除する場合は、このオプションを使用します。このオプションは、aVPN で、VPN からのグローバルなものを隠す場合に便利です。

    外部ピアno-prepend-global-asに送信される as パスから削除さ[edit routing-options]れた階層レベルで設定したグローバルを持つようにするためのオプションを含めます。このオプションを使用した場合、AS は、顧客エッジ (CE) デバイスに送信されるルートの AS path に含まれているのはローカルのみになります。

  • Number of loops option—ローカル AS 機能では、AS_PATH 属性での値を検出する回数を指定して、ルートを破棄または非表示にすることもできます。たとえば、を設定loops 1した場合、ルートは、パスでの AS 番号が1回以上検出された場合には非表示になります。これはデフォルトの動作です。設定loops 2した場合、ルートは、パスでの AS 番号が2回以上検出された場合には非表示になります。

    loops number明細書には、1 ~ 10 を設定できます。

    任意の BGP グループに対してローカルを値として設定すると、すべての BGP グループに対して AS と as の両方を値として使用して、ルーティングループの検出が実行されます。

    EBGP または IBGP ピアのローカル AS が現在の AS と同じ場合は、 local-asステートメントを使用してローカルの as 番号を指定しないでください。

    VRF 内でローカルとして設定すると、パスループ検知メカニズムとして機能が影響を受けることになります。デバイスに設定local-asされたすべてのステートメントは、単一ドメインの一部になっています。AS path ループ検知メカニズムは、ドメイン内に存在するものを検索することに基づいています。