Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

負荷分散のための外部 BGP リンク全体の帯域幅の集約を提供

 

内部ピアから複数のパスを受信する BGP ピアは、これらのパス間でトラフィックの負荷を分散します。以前の Junos OS リリースでは、内部ピアから複数のパスを受信する BGP スピーカーは、アクティブなルートに関連付けられたリンク帯域幅のみを公表していました。BGP は、リンク帯域幅の拡張コミュニティーを使用して、外部リンク全体で複数のルートの総帯域幅を通知します。BGP は、帯域幅の割り当てが等しくないマルチパスの総帯域幅を計算し、外部 BGP のピアに総帯域幅をアドバタイズします。総帯域幅のしきい値を設定して、BGP グループの帯域幅の使用量を制限することができます。IPv4 と IPv6 の両方のルートは、エニィキャストアドレスを含む総帯域幅をサポートします。

マルチパスルートの総帯域幅を提供し、最大しきい値を設定するにaggregate-bandwidthlimit-bandwidth 、[edit policy-options policy-ステートメント] でポリシーとアクションを設定します。 ネーム次へ] 階層レベルになります。

図 1: 外部の BGP リンクでの負荷分散による帯域幅の集約を提供しています。
外部の BGP リンクでの負荷分散による帯域幅の集約を提供しています。

図 1では、自律システム 1 (AS1) は、3つのマルチパスルートの帯域幅をリモートプレフィックスに集約し、リンク帯域幅の拡張コミュニティーを使用して、帯域幅を30にして自律システム 4 (AS4) にアドバタイズします。AS3 と AS4 の間のリンク障害が発生した場合、60 AS4 は、アドバタイズしている帯域幅を AS6 し、130から70にアドバタイズしている帯域幅を変更します。

BGP ピアが、総帯域幅コミュニティーで構成されたマルチパスルートを伝達すると、新しいリンク帯域幅コミュニティーが、着信帯域幅コミュニティーまたはそのプレフィックスの帯域幅の合計とともに追加されます。利用可能なリンク帯域幅は、インターフェイスの速度から動的に導出されます。リンク帯域幅は、推移性の拡張コミュニティーとして送信されます。しかし、デバイスが非推移リンク帯域幅の拡張コミュニティーとしてリンク帯域幅を受信した場合、Junos OS このコミュニティは無視され、推移性のリンク帯域幅拡張コミュニティーと共にそれを反映します。受信したマルチパスルートのそれぞれにリンク帯域幅のコミュニティーが受信されていない場合、リンク帯域幅のコミュニティーは外部のピアに通知されません。

いずれかのマルチパスリンクに障害が発生した場合、BGP readvertises は、送信リンク帯域幅コミュニティーから、失敗したリンクの帯域幅を使用してルートを減算します。集約リンク帯域幅が設定された制限を超える場合、アドバタイズされた総帯域幅は、2つのピア間のリンク帯域幅制限値に切り詰められるようになります。

関連項目