Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

ACX6360 の特長を理解する

 

Junos OS リリース18.2 の ACX6360 ルーターは、CFP2 と DCO のコヒーレント光ファイバーを備え、高密度のロングホール OTN トランスポートソリューションを提供します。

以下のセクションでは、これらの機能について詳しく説明します。

インターフェイスの特長

ACX6360 では、以下のインターフェイス機能がサポートされています。

  • ITU G g.709 に準拠しています。

  • 8個の CFP2 DCO 光モジュールをサポートしています。

  • 6.25 GHz の最小チャンネル間隔をサポートします。

  • イーサネット一時—停止フレームの中断イーサネットインターフェイスが、構成された時間内にパケットを送信できないようにします。

  • ソフト意思決定の事前エラー修正モード (SDFEC)-QPSK-100G、8QAM-200G モードと 16QAM-200G mode がサポートされています。

  • 診断ツール:

    • ラインループバック

    • ローカルループバック

  • FEC または設定可能な—構成済みの Q しきい値を使用して、信号が劣化していることをベースにした高速再ルーティング (frr)

  • RFC 3591 に基づく SNMP 管理、光インターフェイスタイプのマネージドオブジェクトの定義:

    • ブラックリンク MIB—jnx-bl

    • IFOTN MIB—jnx-ifotn

    • 光 MIB—jnx-optics

    • FRU MIB—jnx-fru

  • しきい値を越えるアラート

  • BER によるパフォーマンス監視

  • FEC パフォーマンス監視

  • 光パフォーマンスの監視

OTN アラームと障害

ACX6360 ルーターでは、以下の OTN アラームと障害がサポートされています。

  • SSF—サーバーの信号障害

  • TSF—の痕跡シグナル失敗

  • OTU-AIS—警報通知信号またはすべての信号

  • OTU-BDI—下位の欠陥識別

  • OTU-IAE—着信アラインメントエラー

  • OTU-—逆方向の着信アラインメントエラー

  • OTU-TTIM—宛先アクセスポイント識別子 [dapi]、ソースアクセスポイント識別子 [SAPI]、または期待どおりに対応していません

  • OTU (SD—) 信号が劣化

  • OTU/SSF—サーバー信号の障害

  • OTU-TSF—のトレイルシグナルの失敗

  • PRE_FEC_SD

  • FE_PRE_FEC_SD

  • ODU-.LCK—(PM 用 odu ロックトリガー [パス監視])

  • ODU-AIS—(警報通知シグナルまたはすべての信号)

  • ODU-OCI—(open connection エラー)

  • ODU-BDI—(後方障害を示す)

  • ODU-IAE—(着信アラインメントエラー)

  • ODU-TTIM—dapi または SAPI のいずれかが予期した値と一致しません。

  • ODU-BEI—エラー通知

  • ODU-LTC—/タンデム型接続

  • ODU-SSF—サーバー信号の障害

  • ODU-TSF—証跡シグナル失敗

  • ODU-CSF—クライアントシグナルの失敗

  • ODU-SD—信号の劣化

  • ODU-SF—シグナルの失敗

  • OPU-PTM—ペイロードタイプの不一致

TCA アラーム

TCA (しきい値クロッシングアラーム) は、特定の構成可能なしきい—値のニアラインエンド測定閾値または限界値—を超えた場合にアクティブになるアラームです。 OTU および otu などのパラメーターに対して15分間隔が終了するまで、そのままになります。以下のアラームがサポートされています。

  • バックグラウンドブロックエラーしきい値 (BBE)

  • 間違った秒数のしきい値 (ES)

  • ひどく間違った秒のしきい値 (SES)

  • 使用不能な秒のしきい値 (UAS)

関連項目