Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

インターフェイスレベルでの Policer オーバーヘッド属性のアカウンティング

 

帯域幅プロファイル (BWP) では、加入者とサービスプロバイダがサービスレベル契約 (SLA) の一部として合意したサービスレベル仕様 (SLS) に従って、帯域幅の使用率が制限されます。帯域幅プロファイルには次の2種類があります。

  • 受信帯域幅プロファイル

  • 送信帯域幅プロファイル

ポリサーのオーバーヘッド調整の必要性

メトロイーサネットフォーラム (MEF) キャリアイーサネット (CE) 2.0 の規格セットは、ユーザーネットワークインターフェイス (UNI) での帯域幅プロファイルの適用に関して厳しい要件を満たしています。MEF CE 2.0 認定資格に準拠すると、すべてのフレームサイズで、完全にコミットされた、またはピークレートから 2% の誤差しか実現できません。つまり、ポリサーでは、フレームチェックサムや、サービスプロバイダネットワーク (S-Vlan など) 内に追加される可能性のある追加のオーバーヘッドをすべて除外して、UNI インターフェイスでフレームサイズを考慮する必要があります。そのため、顧客の要件は次の2つになります。

  • Junos OS 送信ポリサーは、VLAN 操作を出力する前にフレーム長を使用します。Vlan が出力に追加されると、これらの余分なバイトはカウントされません。MEF CE の2.0 要件に対応するには、VLAN の操作を出力する前にフレーム長を使用する Junos 送信ポリサーで、パケットの長さを調整する必要があります。そのため、Vlan が出力に追加されると、余分なバイト数はカウントされなくなります。

  • 一部のネットワーク設計では、帯域幅プロファイルの適用はレイヤー 2 (L2) VPN プロバイダエッジルーターに実装され、イーサネットアクセスデバイス (EAD) では物理 UNI インターフェイスを終端していません。通常、EAD は、アクセスネットワークでポートを識別する S-VLAN を追加します。追加された S VLAN はサービスプロバイダネットワークの内部と見なされるため、通常は、プロバイダーエッジデバイスでの帯域幅プロファイル適用の目的を、入口と出口の両方で考慮する必要はありません。これはまた、受信および送信でのポリシーの設定に使用されるパケット長を調整するための要件としても意味します。

これらの要件に対応するためpolicer-overheadに、調整は論理インタフェース (ifl)/方向の細分性 (-16 バイトから + 16 バイトの範囲) ごとに定義されています。このpolicer-overhead調整は、レイヤー 1 (L1) または L2 パケット長で、対応する論理インタフェースファミリ (IFF) 機能のポリサーなど、指定された ifl/direction で使用されているすべてのポリサーに適用されます。インターフェイスベースのポリサーまたはフィルター主導型を選択できます。

ポリサーのオーバーヘッド調整ポリサーの適用対象

受信または送信policer overheadの調整の設定は、受信または送信 ifl および IFF 上の次のタイプのポリサーに適用できます。

  • L2 2 色および3色のポリサー

  • If l レベルのポリサー (IFL または IFL にアタッチされたフィルタで構成)

  • L2 パケット長を使用するファミリーレベルのポリサー、または L2 IFF (ファミリーブリッジ、vpls、ccc) に接続されたフィルターによるポリサーを行います。

このリストは、通常の2色のポリサー、3色のポリサー、階層化されたポリサーなど、すべてのタイプのポリサーに適用できます。ポリサーが L1 または L2 パケットの長さで動作している場合。

Ingress policer overhead adjustment構成は、受信している L2 ルーティングインスタンスに接続されているすべてのポリサーに適用されます。

L3 シリーズ (inet inet6) での IFF ポリサーは、L3 パケット長のみを考慮しているため、この調整は考慮されていないことに注意してください。policer overhead調整値 (+ ve または-ve) は、実際の L2 パケットの長さに追加され、ポリサーを充電するためのバイト数を取得します。そのため、これは中間的な値としてのみ使用され、実際の L2 パケットの長さには影響を与えません。この機能は、VLAN 正規化の前に適用されますegress-shaping-overheadingress-shaping-overheadまた、サービスクラスの下では構成とは関係ありません。