Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

Junos OSを実行するデバイスを管理する際のAnsibleインベントリ ファイルについて

 

Ansibleインベントリ ファイルは、プレイブック内のコマンド、モジュール、およびタスクが動作するホストとホスト グループを定義します。このファイルは、Ansible環境およびプラグインに応じて、多様な形式のいずれかが適用されます。インベントリ ファイルのデフォルトの場所は/etc/ansible/hostsです。必要に応じて、別の場所にプロジェクト固有のインベントリ ファイルを作成することもできます。

インベントリ ファイルには、個別ホストまたはユーザー定義ホスト グループのリストを含めることができます。これにより、同じ運用タスクおよび設定タスクを実行する同様のロールで、Junos OSを実行するデバイス グループを定義できます。たとえば、1つ以上のデータ センターを管理している場合は、Junos OSのアップグレードやデバイスの再起動など、同じ操作セットを必要とするスイッチに対してAnsibleグループを作成できます。

Ansibleを使用してJunos OSを実行しているデバイスを管理するには、Ansibleモジュールを実行している各デバイスに対して適切なアクセス権限を持つJunos OSログイン アカウントが必要です。ファイル内の各ホストに、ユーザー名とパスワードまたはアクセス キーがあることを必ず確認してください。

次に示すINI形式のサンプル インベントリ ファイルは、個別ホスト、 host1、および2つのホスト グループ、 routersswitchesを定義しています。

Ansibleインベントリ ファイルの詳細については、Ansibleの公式資料( https://docs.ansible.com/intro_inventory.html )を参照してください。