Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

サマリー

 

この章では、以下のオブジェクトを作成しました。

  • Ecn ns-user-1

  • FIP VN: vn-ns-デフォルト

  • FIP pool: pool-ns-デフォルト

こちらの ns-user-1ns プロジェクトは、名前空間レベルのプールを参照しています。 pool-ns-defaultこれは手動で作成されるもので、すべてのテストオブジェクトが保持されます。名前空間レベルのプールは、仮想ネットワークに基づいています。 vn-ns-default101.101.101/24 サブネットではありません。名前空間 ns で作成されたオブジェクトの floating IP は、このサブネットから割り当てられます。

Note

名前空間と floating IP 仮想ネットワークの YAML ファイル (以前) の準備が整ったら、以下のオブジェクトを作成できます。

浮動 IP プールは Contrail’s UI で個別に作成する必要があります。詳細については、 Contrail のフローティング IPセクションを参照してください。

これらのオブジェクトを使用すると、floating IP プールに関連付けられた名前空間が存在することになります。この名前空間の中から、サービスなど、その他の Kubernetes オブジェクトの作成と研究に進むことができます。

Note

本書に記載されているサービスと受信のデモは、この ns-user-1 名前空間の下で作成します。