Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

名前空間

 

他の多くのプラットフォームと同様に、通常、Kubernetes クラスター上で複数のユーザー (チーム) が稼働しています。Webserver1という名前の pod が devops 部門によって構築されているとしても、営業部門が同じ名前の pod を起動しようとした場合、このシステムではエラーが発生します。

Error from server (AlreadyExists): error when creating "webserver1.yaml": pods "webserver1" already exists

’Kubernetes は、同じスコープ内で Kubernetes リソースと同一のオブジェクト名を複数回出現させることを可能にしています。

名前空間は、OpenStack での project/テナントのような Kubernetes リソースのスコープを提供します。リソース名は、名前空間内では一意である必要はありませんが、名前空間間では重複してはなりません。これ’は、複数のユーザー間でクラスターリソースを分割するための自然な方法です。

Kubernetes は、最初の3つの名前空間から始まります。

  • デフォルト:その他の名前空間を持たないオブジェクトのデフォルトの名前空間。

  • kube-システム:Kubernetes システムによって作成されたオブジェクトの名前空間。

  • kube-パブリック:Kubeadm ツールによって初めてクラスターを導入したときに作成されます。慣例では、この名前空間の目的は、認証なしですべてのユーザーがいくつかのリソースを読み取れるようにすることです。ほとんどの場合、kubeadm ツールのみを使用して Kubernetes のクラスターブート stapped として存在します。