プレスセンター

2017

Navigation
ジュニパーネットワークス、東京証券取引所のネットワーク基盤 「arrownet v2」における採用事例を発表

―ユニバーサル・エッジルーター「MX480」の採用により、お客様のネットワークコストを 大幅に削減し、低遅延なネットワークを安定的に提供―

ジュニパーネットワークス株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下 ジュニパーネットワークス)は、株式会社東京証券取引所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮原幸一郎、以下 東京証券取引所)の株式売買システム「arrowhead」のネットワーク基盤「arrownet v2」におけるジュニパーネットワークスのユニバーサル・エッジルーター「MX480」の採用事例を発表しました。「MX480」の導入により、MPLS(Multiprotocol Label Switching)による仮想ネットワーク技術を活用して、複数のサービスを一つのネットワーク上で稼働させることができるようになり、ネットワーク利用者の大幅なコスト削減と、低遅延で安定したネットワークを実現しました。


図1:ユニバーサル・エッジルーター「MX480」

採用背景

東京証券取引所は、ニューヨーク・ロンドンと並ぶ世界有数の金融商品取引所として、高い信頼性と性能を持った世界水準のインフラ構築に取り組んできました。2009年には株式売買システム「arrowhead」のネットワークシステム「arrownet」にジュニパーネットワークスのルーター(M320とM120)を採用し、2010年に運用を開始しました。その後、技術の進化とお客様のニーズの高まりにより、「arrownet」を東京証券取引所のためだけのネットワークインフラとしてではなく、国内の金融取引全体を統合するネットワークとして「arrownet v2」を構築することになりました。この「arrownet v2」では、東京金融取引所(TFX)や証券保管振替機構(ほふり)、東京商品取引所(TOCOM)への接続性に加えて、これまで以上の高速性や信頼性、拡張性、さらに、日本の経済インフラとしての公正性、安全性、効率性が求められました。このような条件に対応するネットワーク機器として選択されたのがジュニパーネットワークスのユニバーサル・エッジルーター「MX480」でした。


図2:arrownet v2のネットワーク構成図

採用基準と効果

「MX480」を選択するうえで、最も重要視されたのは「MPLS(Multiprotocol Label Switching)」でした。従来の「arrownet」のお客様は、接続するシステム、本番・テスト環境、ユニキャスト・マルチキャストといった要件に合わせて、それぞれ回線を引く必要があったため、サービス開発・拡張の際におけるネットワークコストが課題となっていました。統合ネットワークとして機能する新しい「arrownet v2」では、MPLSによる仮想ネットワーク技術が応用され、複数のサービスを1つのネットワーク上で稼働させることが可能になりました。これにより接続回線は1本のみとなり、利用者のコスト削減を実現しました。

拡張性や性能面も大きな採用理由となりました。2012年に稼働を開始した「arrownet v2」は、2015年9月にアクセスポイントを2つから3つに増設し、2016年2月に利用者への10Gbps回線サービス提供を実現しました。さらに、詳細な機器の選定にあたっては、ネットワークOS「JUNOS OS」も大きな要因となりました。MXシリーズは、統合されたJUNOSによって、いずれの機器でも同様の機能を実現することができます。そのため、「arrownet」の設計に最適なサイズの機器を選定するだけで容易に構成を組むことができました。

また、公正なインフラ構築では、ジュニパーネットワークスのエンジニアリングによる対応も大きく貢献しました。金融取引では、極微量の遅延が取引に大きく影響する可能性があるため、ルータのいずれの物理ポートでも、同様の品質を発揮することを顧客へ証明する必要があります。ジュニパーネットワークスは、米国のエンジニアリングチームと連携を図り、すべての物理ポートで遅延差のない公正なネットワーク品質を保つことに成功しました。

今後の展望

東京証券取引所は、今後も信頼性が高く安定したネットワークを基盤に、「arrownet」の帯域拡張やBCP対応などにも注力していく予定です。

参考資料:

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、Junosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
須藤、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com