プレスセンター

2016

Navigation
国立情報学研究所が学術ネットワーク「SINET5」を構築するため、 ジュニパーネットワークスのルーター「MXシリーズ」を採用

国立情報学研究所の国内外における50以上の拠点を100Gbpで接続した、 「MXシリーズ」を中核とするフルメッシュ型のネットワーク基盤を構築

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下 ジュニパーネットワークス)は本日、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(所在地:東京都千代田区、所長:喜連川 優、以下 NII)が大学・研究機関の多様化・複雑化するニーズに応えるために構築した学術情報ネットワーク「SINET5」(サイネット・ファイブ)に、ジュニパーネットワークスの3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」が採用されたことを発表しました。NIIは、大規模拠点向けの「MX2010」や中小規模拠点向けの「MX240」などの「MXシリーズ」ルーターの導入により、国内・海外拠点を含む50以上のデータセンターを接続したフルメッシュ型のネットワーク基盤を構築し、2016年4月1日より運用を開始しました。


図1:3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」

採用の背景

SINETは、約850の全国の大学・研究機関が利用する学術研究のためのネットワークとして、全国に接続拠点が配備されています。米国や欧州、アジアなどの研究ネットワークとの相互接続も提供されており、国内外のさまざまな研究プロジェクトが「SINET」を通じて進められています。NIIでは、100Gbps化が進む欧米の研究ネットワークに遅れをとらないために、より伝搬遅延が小さく、大量のトラフィックを効率的に処理できる「SINET5」へとアップグレードする必要に迫られていました。

以前の「SINET4」では、全国8か所の主要都市にコアノード(ルーター)が設置され、各地域のエッジノード(スイッチ)へと枝を広げるツリー状のトポロジーが採用されていました。そのため、トラフィック量が増加するにつれ、転送遅延や、多数のスイッチ管理にかかる運用コストといった問題を抱えていました。

採用の基準と理由

この課題を解決するために、新たな「SINET5」では、50以上の拠点を100Gbpsのフルメッシュで接続し、ホップ数を削減して遅延を解消することが求められていました。また、さまざまな加入者を収容できるように、1Gbps~100Gbpsまで多様なインタフェースへの対応や、拠点となるデータセンターの要件を満たすために、同じアーキテクチャを採用してさまざまなスケールに対応できるエネルギー効率の良いルーター製品群が望まれていました。こうした条件を考慮して選択されたのがジュニパーネットワークスの「MXシリーズ」でした。

さらに、「SINET5」では、ハードウェアのみならず、ソフトウェアとネットワークOSも重要視されました。「MXシリーズ」に搭載されたLogical Systemを利用すれば、1台の物理ルーター内で各種VPNに特化した複数の仮想ルーターを構築できるほか、ルーター内に仮想的なルーターやブリッジ、スイッチを稼働させ、さまざまなアクセスやサービスを提供できます。

図2:「SINET5」フルメッシュ型のネットワーク基盤

今後の展望

「SINET」を活用した研究・開発が活発化するにつれて、より高集積でさまざまな加入者を収容できるネットワークが必要になり、より高価値なネットワークサービスの提案や機能の向上も求められます。

「MXシリーズ」の3Dユニバーサル・エッジルーターは、拡張性におけるオプションを状況に応じて迅速に提供します。例えば、100GbE密度のINET対応などより高い容量を必要とする場合や、さらに高速なインターフェイスが登場した場合にも、400GbE対応のラインカードで容易にアップグレードして、拡張することができます。100Gbpsのような高速インターフェイスがますます一般化しており、ネットワーク技術における拡張性は非常に重要です。

本リリースへのコメント

国立情報学研究所 学術ネットワーク研究開発センター 特任教授の山田博司氏は次のように述べています。「すでに一部の機能拡張や新規サービスについては、ジュニパーネットワークスのエンジニアとの協議を始めています。今後も日本の最先端の研究・教育に必要な学術情報基盤を構築するために、『SINET』を柔軟に成長させていきたいと思います。」

ジュニパーネットワークス株式会社 代表取締役社長、古屋知弘は次のように述べています。「『SINET4』の成功事例に続き、国立情報学研究所の『SINET 5』に求められた革新的ネットワークインフラストラクチャを提供できたことを大変嬉しく思います。教育分野における私たちの高い実績とともに、今後も国内外のアカデミック分野において、最高のネットワーク技術を提供してまいります。」

参考資料:

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載

  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト

  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks
ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networks、Juniper NetworksロゴおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。