プレスセンター

2015

Navigation
ジュニパーネットワークスとCanonical、 OpenStackベースのクラウド・ソリューションを通信事業者向けに提供

―NFV/SDNソリューションをサポートするIPプラットフォームの構築を実現する キャリアグレードの拡張性に優れた通信事業者向けOpenStackクラウドを提供―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、企業向けにUbuntu導入サービスを提供する大手プロバイダであるCanonicalとのグローバルな提携関係を拡大し、サービスプロバイダがパフォーマンス、拡張性、信頼性を向上させるために、コア・ネットワークとネットワーク機能の仮想化を実現できるキャリアグレードのOpenStackソフトウェア・ソリューションを発表しました。また、ジュニパーネットワークスは、自社のクラウド専用SDNソリューション「Contrail™」の一部として、CanonicalのUbuntu Server OSおよびUbuntu OpenStackのフルサービス・サポートを提供します。

サービスプロバイダは、より大きなデータ容量を求めるエンドユーザからの需要の高まりに対して利益を確保した形で対応する一方で、契約者に対して、より迅速に新しい革新的なサービスを提供することに取り組んでいます。これを実現するために、通信事業者は、自社のインフラをより俊敏かつ自動化することができるクラウド・プラットフォームを求めています。ジュニパーネットワークスの通信事業者向けクラウド・ネットワーク・サービスにおける専門性とCanonicalのOpenStackとオープンソースにおけるリーダーシップを組み合わせることにより、両社はオープンかつ拡張性とコスト効率に優れたキャリアグレードのクラウド・ソリューションを提供します。これにより、通信事業者は仮想IPプラットフォームの構築とネットワーク機能の仮想化(NFV)に対応できるようになります。

OpenStackは、そのオープン性、相互運用性、柔軟性に加え、活発なユーザ、開発者、ベンダによる大規模コミュニティを基盤としたオープンソースのクラウド管理プラットフォームとして登場し、現在ではNFVのワークロード向けの有力なプラットフォームとしての地位を確立しました。OpenStack Foundationによる最新のグローバル調査によると、すべてのOpenStackインスタンスの過半数がUbuntuで実行され、また、Public Cloud GuestのOS市場の70%をUbuntuが占めており、Ubuntuが最も人気の高いOpenStackのホストおよびゲストOSとなっています。

ジュニパーネットワークスの「Contrail Networking」と、クラウド導入のデフォルト・プラットフォームとしてのUbuntu Server OS およびUbuntu OpenStackとのつながりは、ジュニパーネットワークスがオープンソース・プロジェクト「OpenContrail」とともに、CanonicalのOpenStack Interoperability Lab(OIL)に参加し、Ubuntu Server OS構成による「Contrail」の自動化の検証を行ったことから始まりました。OILは、CanonicalがUbuntu OpenStack構成でクラウド・パートナーの製品を検証するための統合ラボです。今回追加された両社共同のキャリアグレードOpenStackソリューションは、強化された検証をOILで行うことで、通信事業者の厳しい要求に対応します。

本ニュースのハイライト

  • ジュニパーネットワークスとCanonicalは、クラウドとコンバージドNFVインフラ向けのキャリアグレードなOpenStack ソリューション「Contrail Cloud Platform」を共同で開発し、パフォーマンス、拡張性、信頼性をより強化するために、「Contrail Networking」とUbuntu OpenStack、Ubuntu Server OSを統合しました。

  • ジュニパーネットワークスは、すべてのUbuntu OSおよびUbuntu OpenStackコンポーネントに対するCanonicalのサポートと連携して、「Contrail Cloud Platform」の販売と完全サポートを提供しています。

  • ジュニパーネットワークスとCanonicalは、製品の開発、設計、マーケティング、Upstream分野での貢献において協力および連携することにより、サービスプロバイダがクラウドとNFVソリューションを提供できるオープンで機能的なOpenStackエコシステムを拡大し続けます。

  • 今回の提携の一環として、ジュニパーネットワークスとCanonicalは顧客と協力し、サービスプロバイダの要件をOpenStack、NFVおよびSDNの各オープンソース・プロジェクトの中に取り込みます。

  • ジュニパーネットワークスは、Ubuntu OpenStackにおける「Contrail」の自動化検証のためにCanonicalのOILに引き続き参加します。

ジュニパーネットワークスのコーポレート・バイスプレジデント兼クラウド・ソフトウェア担当ゼネラルマネージャ、アンカー・シングラ(Ankur Singla)は、次のように述べています。「当社はオープンソースとオープンスタンダードがさらに高い水準のイノベーションを促進し続けて行くと確信しています。この度のCanonicalとの提携によって、通信事業者によるさらに迅速なクラウド導入を推進できることを嬉しく思います。両社の共同開発によるコンバージドUbuntuおよびジュニパーネットワークスのOpenStackソリューションは、より優れたパフォーマンス、拡張性、信頼性をより低コストで実現することができます。」

Canonicalのクラウド・チャネルおよびアライアンス担当バイスプレジデント、ジョン・ザノス(John Zannos)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスとCanonicalは、サービスプロバイダによる、より機敏なクラウド導入を加速させる仮想化ソリューションを共同開発することによって、OpenStackのイノベーション計画をリードしています。ジュニパーネットワークスの『Contrail』は、仮想化環境におけるキャリア・クラスの問題を解消し、マルチベンダ・エコシステム全体でのマルチ・テナントのハイブリッド・クラウドOpenStackの導入において弾力性のあるサービス提供を実現します。ジュニパーネットワークスのオープン・ネットワーク・ソリューションと通信業界における優位性を、CanonicalのOpenStackおよびスケールアウト・オープンソースにおける優位性と統合させることによって、通信事業者のネットワーク合理化における課題への対応を可能にするクラウド・ソリューションを共同で提供できるようになります。」

451リサーチのリサーチマネージャ、ジェイ・ライマン(Jay Lyman)氏は、次のように述べています。「OpenStackネットワークは、特にネットワーク機能の仮想化(NFV)、俊敏性、および自動化のような比較的レベルの高い領域において、大企業やサービスプロバイダが解決を迫られている重大な問題になっています。Canonicalとジュニパーネットワークスによる共同サポートと両社のOpenStack Interoperability Lab(OIL)の参加は、キャリアグレードのお客様によるパフォーマンス、拡張性、信頼性、セキュリティに対するニーズを満たす上で役に立ちます。」

XON Systemsのクラウド・サービス担当ゼネラルマネージャ、トーマス・リー(Thomas Lee)氏は、次のように述べています。「アフリカの主要なパブリック・クラウド・サービスプロバイダであるWinguは、企業がクラウド内でアプリケーションとワークロードを展開する際に直面する課題に対応するため、今年の後半に商用のInfrastructure-as-a-Service(IaaS)サービスを開始します。当社を戦略的投資会社、そしてジュニパーネットワークスを重要なパートナーとするWinguプラットフォームは、先進的なSDNおよびNFVソリューションの開発に使用される予定です。Canonicalとジュニパーネットワークスによる最新テクノロジーの統合は、Winguがクラウド・サービスを展開するための優れた安定性と拡張可能で機敏なプラットフォームをもたらし、同社が最善のオープンソースと商用プラットフォームおよび専門性を活用することを可能にします。」

参考資料(英語):

  • ジュニパーネットワークスのContrailに関する詳細

Canonicalについて

Canonicalはクラウド、パーソナル・コンピューティングおよび次世代デバイス向けの主要なオープンソース・プラットフォームであるUbuntuを提供します。

Ubuntuは新たなモバイル・エクスペリエンスを電話ユーザーに、よりスマートかつダイナミックなエコシステムを開発者に、そして前例のない差別化の機会を通信事業者とデバイスメーカーに提供します。Ubuntuは教育、政府、エンタープライズ市場向けのPCに搭載され、毎年数百万台が出荷されています。また、IoTの中核として次世代デバイスを実現します

Ubuntuは、世界で提供されているOpenStackクラウド導入の80%を占めます。Canonicalのスケールアウトにおける専門性とオーケストレーション技術により、SDNとストレージを実現し、ネットワーク機器メーカーおよび通信事業者にプラットフォームの選択肢を提供します。

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
TEL:03-6858-7711
Email:juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ルーティング、スイッチング、セキュリティにイノベーションをもたらします。ネットワーク・コアから消費者向けデバイスまで、ジュニパーネットワークスのイノベーションはネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Juos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト>
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル:http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、JunosロゴおよびMetaFabricは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。