プレスセンター

2014

Navigation
DMM.comのネットワーク基盤にジュニパーネットワークスのファブリック製品群を採用 ~急増するネットワーク需要に対応するサービス基盤を構築~

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、以下 ジュニパーネットワークス)は、DMM.comのシステム開発・運営、ネットワークインフラを提供する株式会社DMM.comラボ(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役:開田栄次郎、以下 DMM.comラボ)がDMM.comのネットワーク基盤に、ジュニパーネットワークスのファブリック製品群を採用したことを発表しました。DMM.comラボは複雑化したネットワークの再構築にあたり、仮想的な1台のスイッチとして扱える「QFabric」や「バーチャルシャーシ」をはじめとしたファブリック製品を採用し、ジュニパーネットワークスの支援を得ながら構築を行いました。その結果、高速なネットワーク、迅速なサービス提供、管理負荷の軽減を実現しました。

採用背景と課題

動画のオンラインストリーミングにはじまり、ゲームやEC、最近ではオンライン3Dプリントと多彩なサービスを提供するDMM.comは、アイデアをスピーディにサービスという形にし続けるために、サービス展開や縮退を矢継ぎ早に実施してきました。その結果、最大100Gbpsを越えるトラフィックを持つネットワークでありながらも、拡張と変更を繰り返してきたため、つぎはぎ状態のネットワークになっていました。また、収容すべきフルルート数も増加の一途をたどっていたため、コアルーターの処理能力も限界に近づいていました。このような背景からネットワーク全体の見直しが必要とされていました。

採用理由と効果

いくつかの大手ベンダ製品を候補として比較検討を行った結果、DMM.comラボはジュニパーネットワークスのファブリック製品群とコアルーターを選択しました。複数のISPやIXと10GbEで接続し、100Gbpsを越えるコンテンツ配信を支えるコアルーターには「MX480」を、さらにこの「MX480」に接続するコアファブリックとして「QFX3000-M 」QFabricシステムを採用し、ファブリックネットワークの構築を行いました。

コアファブリックである「QFX3000-M」QFabricシステムでは、複数のQFXスイッチを統合することにより一台の仮想的なスイッチとしてファブリックを構成しました。これにより非常に高速で広帯域にもかかわらず柔軟かつ管理性の高いネットワーク構成を実現することが可能となり、大規模サービスのインフラ基盤として理想的なネットワークをDMM.comのサービスインフラとして提供しています。

また、エッジファブリックにはEXシリーズ イーサネットスイッチのEX4200とEX4550が採用されました。こちらも複数のスイッチをまとめて1台の仮想的なスイッチとして扱える「バーチャルシャーシ」を構成することでネットワークのシンプル化に寄与しています。また、一部のネットワークにおいてはダークファイバーを介してデータセンターをまたいだバーチャルシャーシも構築されました。

このようなネットワークの再構築の結果、DMM.comラボは基盤となるネットワーク構成の大幅な簡素化を実現することに成功しました。「QFabric」や「バーチャルシャーシ」などのファブリック製品を採用したことで、複数の機器に個別に設定を行う必要がなく、同時に管理機器台数が少なくなり管理負荷が軽減されたことにより、運用コストも削減されています。

DMM.comラボのリサーチ・アドミニストレータである村田篤紀氏は次のように述べています。「複数のQFXスイッチを統合して仮想的に1台のスイッチとして管理する構成で、主要なサービスをワンホップで接続し、広帯域・低遅延でサーバ間通信できる環境を構築できました。論理的なネットワーク構成がシンプルになり、性能面でも管理面でも格段に使いやすいインフラに生まれ変わりました。」

DMM.comラボのネットワークエンジニアである山田篤秀氏は次のように述べています。「ネットワークがシンプルになったことで、各事業部からの要望にもスピーディに応えられるようになりました。以前は通信セグメントを一つ追加するためにも、いくつもの機器の設定を変更しなければならず時間がかかっていました。今は新しい仮想サーバを作成してネットワークの設定を終えてアプリケーション側のエンジニアに渡すまで、10分以内に終えることを目標にしています。」

今後の展望

DMM.comラボは、DMM.comのサービスが現在も急速に増え続ける中、データセンター拠点も拡張・追加に動いています。拠点間接続や対外接続の増加に加え、新データセンター内でのインフラ構築でもファブリック技術の利用を見込んでおり、ジュニパーネットワークスが提供するネットワークアーキテクチャには、ますます重要となるDMM.comのサービスインフラを今後も安定的に支えていくことが期待されています。

参考資料

株式会社DMM.comラボ

所在地:東京都渋谷区恵比寿4丁目20番地3号恵比寿ガーデンプレイスタワー14階 URL: http://labo.dmm.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ルーティング、スイッチング、セキュリティにイノベーションをもたらします。ネットワーク・コアから消費者向けデバイスまで、ジュニパーネットワークスのイノベーションはネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。 http://www.juniper.net/jp/、TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供 Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載 フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、JunosロゴおよびMetaFabricは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

Media Contact

エデルマン・ジャパン

株式会社 岡田、安達、

中田 電話:03-6858-7711

juniperjp@edelman.com