プレスセンター

2013

Navigation
ジュニパーネットワークス、自動化ソリューションでデータセンター業務を簡素化

―ソフトウェアの革新によりエンタープライズ・クラウドや仮想化環境での効率的かつシームレスなサービス提供を実現―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ネットワークの自動化とオーケストレーションを実現する革新的ツールによってデータセンター業務を簡素化する包括的なソリューション群を発表しました。ジュニパーネットワークスの自動化ソリューションは、管理が容易でフラットなn対n(any-to-any)型のネットワーク・アーキテクチャの利点を活かしており、業界最先端のネットワーク・プラットフォームとオペレーティングシステム「Junos® OS」に加え、OpenStackやPuppetなど主要なオーケストレーションおよびIT自動化プラットフォームを統合しています。

本ニュースのハイライト

ジュニパーネットワークスの自動化ソリューションは、柔軟かつオープンな標準規格のフレームワークで構築され、ネットワーク・プロビジョニング、管理、オーケストレーションなどデータセンターのライフサイクル全体の自動化による簡素化を行い、プロセスの合理化や人為的ミスによるリスクの軽減を実現します。このソリューションにより、企業はネットワークの自動化によるメリットを活用しつつ、将来的なビジネスニーズの拡大に応じて、SDN(Software Defined Network)などの新たなテクノロジーを柔軟に導入することができます。

  • プロビジョニングと管理
    ジュニパーネットワークスのイーサネット・スイッチ「EXシリーズ」および「QFXシリーズ」で利用可能なゼロタッチ・プロビジョニングにより、ネットワーク管理者は手作業なしでネットワーク内に新たなスイッチをプロビジョニングすることができます。初期セットアップの完了後、ジュニパーネットワークスの「Junos® Space Network Director」による単一のネットワークビューを通じて、設定、イベント管理、モニタリングなどの充実したライフサイクル管理ソリューションを利用することができます。
  • Junos OS向けPuppet Enterpriseによる自動化
    ジュニパーネットワークスは、ITの自動化によってビジネスの俊敏性を向上するべく、Puppet LabsのソフトウェアをJunos OSに統合しました。Junos OS向けPuppet Enterpriseは、「EXシリーズ」、「QFXシリーズ」、「MXシリーズ」の各プラットフォームで利用可能となり、IT部門はコンピューティング・リソースやネットワーク・インフラを同時かつシームレスに管理することができます。サーバー管理者は、変更チケットを発行してネットワーク管理者がVLANをToR(Top-of-Rack)のスイッチポートに追加するのを待つ必要がなく、Junos OS向けPuppet Enterpriseを通じて従来どおりの設定とプロビジョニング方法によってサーバーに変更を加えることができます。オープン規格に対するジュニパーネットワークスの継続的な取り組みとして、このソリューションはベンダーに依存せずオープンソースであるため、顧客のニーズに応じて修正することができます。
  • OpenStackによるオーケストレーション
    OpenStack Foundationのゴールドメンバーであるジュニパーネットワークスの「EXシリーズ」、「QFXシリーズ」および「QFabric」は、OpenStack Networkingプラグインを介してOpenStackと統合されています。これにより、標準APIによるプライベート、パブリックおよびハイブリッド・クラウドの導入を簡素化することができます。また、物理ネットワークおよび仮想ネットワーク・インフラを管理する顧客は、「Junos vContrail」またはVMwareベースのソリューションを通じて、多層構造のデータセンター・アプリケーションを迅速かつ柔軟に導入することができます。

クラウド・コンピューティングによってITの柔軟性と拡張性が大幅に向上し、今日のビジネスプロセスに急速な変革が起きている反面、ネットワークにおける新たな複雑性やリスクも生じています。特にネットワークを手動で設定している場合、さまざまなITリソースを一括して管理することは困難です。ジュニパーネットワークスが調査会社のIDCに委託した最近の調査1における、現在のネットワークの最大の制約に関する500名のデータセンター業務の意思決定者への質問に対し、時間と手間のかかる手動での変更がビジネスのペースに悪影響を及ぼすとの回答が上位5つのうち4つを占めています。

こうした課題を解決するため、データセンター管理のパラダイムは、手動のCLI(Command Line Interface)による孤立した状態から自動化とオーケストレーションを施されたワークフローへと進化しています。エンタープライズ顧客は、こうした手間を軽減するソリューションを求めています。IDCが実施した最近の調査の回答者は、今後3年間のIT管理における最優先事項として、運用の効率化、自動化およびオーケストレーションへの投資、管理ツールの複雑性の緩和が挙げられました2。

単独あるいは総合的なデータセンターの自動化戦略の一環としての導入であるかにかかわらず、これらのソリューションにより、日常的な業務に費やす時間を大幅に短縮することができます。これにより、IT部門はITリソースの効率を最大化し、ネットワークのより高度な拡張性、信頼性、俊敏性が得ることができます。

iWebの社長兼最高執行責任者(COO)、Christian Primeau(クリスチャン・プリミュー)氏は、次のように述べています。「当社では、毎日24時間、年中無休で信頼性の高いサービスを提供していますが、ジュニパーネットワークスのルーティングとスイッチングのプラットフォームによって、これを実現しています。当社がビジネス成長を続け、2万台以上のサーバーを使用した仮想化環境を進めていく中で、お客様が期待する信頼性を維持しながらサービスの自動化を進める必要があります。そこで重要な役割を果たすのが、OpenStackと統合されたジュニパーネットワークスのスイッチング・プラットフォームです。これによって、当社が新しいサービスや機能でイノベーションを実現し、今後もお客様にご満足いただくための俊敏性が保つことができます。」

Puppet LabsのITオペレーション部門責任者、ケルシー・ハイタワー(Kelsey Hightower)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスと協力してJunos OS向けPuppet Enterpriseを開発した経験から、自社のネットワーク環境にこのソリューションを実際に導入することになりました。Junos OS向けPuppet Enterpriseによって、当社のネットワーク・インフラはサーバー・インフラとシームレスに統合でき、より効率的で俊敏なIT環境が生まれました。このソリューションは導入が簡単で、コンピューティングやストレージ・リソースに対して、Puppet Enterpriseと全く同じ性質を持っているため、Puppet Enterpriseになじみがあれば短期間で習得できます。」

Cloudscalingのプロダクトマネジメント部門シニア・ディレクター、アズミール・モハメド(Azmir Mohame)氏は、次のように述べています。「当社のお客様は実用レベルのOpenStackを、ソフトウェアやリファレンス・アーキテクチャ、認証済ハードウェアと24時間年中無休サポート付きの完全なシステムを求めています。これを当社のOpen Cloud System(OCS )が提供し、ジュニパーネットワークスはスイッチング・ポートフォリオ全体にわたるOpenStackの統合を行います。また、ジュニパーネットワークスのJunosV Contrailの技術をOCSに統合し、仮想プライベート・クラウド・サービスを提供しています。現在、Cloudscalingはジュニパーネットワークスの認証取得ハードウェアを提供し、両社のお客様はワークロードの幅広いポートフォリオ向けに、拡張性があり高性能で俊敏なクラウドを導入できます。」

Arrow ECS、North Americaのエンタープライズ・ストレージ、セキュリティ・バーチャリゼーションおよびネットワーク部門担当副社長、ジョー・バーク(Joe Burke)氏は、次のように述べています。

「当社のソリューション・プロバイダはディストリビューターとして、こうした環境でネットワークの複雑性を増すことなく俊敏性とスピードを実現するために、当社サプライヤのクラウドと仮想化の技術を活用しています。ジュニパーネットワークスのJunos OS向けPuppetによるネットワーク自動化への取り組みにより、当社のソリューション・プロバイダはお客様の多様なニーズやアプリケーションに対応する最高クラスのソリューションを提供できるとともに、お客様は柔軟で導入しやすいネットワークベースのサービスのメリットを享受できます。」

ジュニパーネットワークスのキャンパス&データセンター・ビジネスユニットのシニア・バイス・プレジデント 兼 ジェネラルマネージャー、ジョナサン・デイビッドソン(Jonathan Davidson)は、次のように述べています。「今日、企業はより少ないリソースでより多くのことに対処できることを常に求められています。しかも、新しいアプリケーション、サービス、ワークロードが絶えず導入され、すでにキャパシティぎりぎりで稼働しているネットワークに新たな負荷が課されています。他社ベンダーは、この問題をネットワークのアップグレードや新しいハードウェアを必要とするポイント製品で解決しようとしています。しかし、当社はお客様と協業し、プログラマブルなプラットフォームと、お客様の投資を保護するハードウェアやソフトウェアのソリューションに基づく高い信頼性によって、ネットワークにおける俊敏性の向上と運用の簡素化を図れるよう取り組んでいます。新製品の開発、オープン規格の統合、主要な技術パートナーとの協力体制に至るまで、私たちの行動はすべてこのアプローチに基づいています。」

なお、ジュニパーネットワークスは、Interop Tokyo 2013にプログラマブル・コア・スイッチ「EX9200」を展示していますので、是非お越しください。

1 出展「IDC, Why the Network Matters Survey」2012年11月
2 出展「IDC, Systems Management Software Purchasing Priorities Must Focus on Productivity and Simplification in 2013, doc #239056」2013年1月

参考資料:

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークイノベーション企業です。モバイル端末からデータセンターのネットワークまで、消費者からクラウド事業者にいたるまで、ジュニパーネットワークスは、ネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Nethttp://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • unos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter:@Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル:http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。