プレスセンター

2013

Navigation
RSAとジュニパーネットワークス、高度な脅威とモバイル・セキュリティへの対応に向けて技術提携を拡大

―脅威インテリジェンスとセキュアなモバイル・アクセスにおける提携により高度なセキュリティの脅威の検出と対策、セキュアなモバイル環境を実現―

EMC(NYSE略号:EMC)のセキュリティ部門のRSAとジュニパーネットワークス(NYSE略号:JNPR)は、ネットワークを標的とした高度な脅威を防ぐとともに、アプリケーションへのセキュアなモバイル・アクセスによる生産性の向上を図るため、技術提携を拡大することを発表しました。

IPレピュテーション・データベースや署名ベースのウィルス対策製品といったレガシーなセキュリティ技術の限界が明らかになるにつれ、高度な脅威を防ぐためにその脅威に対するインテリジェンスの重要性が増しています。今日のインテリジェンス・オペレーションは、軍事、テロ対策、サイバー・セキュリティなどにおいて、最大限の効率を得るために広範な情報と技術を駆使しています。しかし、残念なことに、ITセキュリティ・ベンダー間での大規模なインテリジェンスの共有は限られており、脅威の状況に関する不透明感は深刻化しています。

RSAとジュニパーネットワークスは、こうした課題に対応するため、技術提携を通じてRSAの脅威情報配信サービス「RSA Live」とジュニパーネットワークスのグローバル・アタッカー・インテリジェンス・サービス「Junos Spotlight Secure」間での広範なインテリジェンスを共有します。これにより、RSAは、RSA® Security Analyticsにおける脅威の可視性と分析機能を拡大し、脅威に対してより詳細な情報を顧客に提供します。また、ジュニパーネットワークスは、より効果的にリアルタイムで脅威をブロックするために、同社の「SRX®シリーズ サービスゲートウェイ」などのファイアウォール製品のネットワーク・エンフォースメント・ポイントに新たなインテリジェンスを組み込む予定です。

Junos Spotlight Secureは、攻撃者側デバイスのデジタル・フィンガープリントをリアルタイムでキャプチャ、共有し、IPレピュテーション・データベースより高い精度で攻撃者の追跡とブロックを行います。RSA Liveは、コマンド・アンド・コントロールや高度な脅威の関連ドメインなど悪意のあるネットワークに重点を置いています。こうした情報や技術の共有によって、ネットワークを狙った攻撃をより正確に把握し、脅威をより早く効率的にブロックできるため、攻撃を軽減することができるようになります。

さらに、RSAとジュニパーネットワークスは、2012年に発表した合意に基づき、セキュリティ・モデルを拡張し、企業およびクラウド・ベース双方のリソースへアクセスする際のモバイル・ユーザー体験を合理化するために、強力な認証とセキュアなリモート・アクセスを両立するモバイル・セキュリティ・サービスの実現を目指しています。両社は、企業リソースに対するセキュアなモバイル・リモート・アクセスの実現に向け、RSAモバイル認証技術とジュニパーネットワークスの「Junos® Pulse SSL Secure」ソリューションを連携させることができるように、相互運用に向けたテストを継続的に実施しています。また、Junos Pulse SSL Secureでネイティブ・モバイル・アプリケーション・アクセスの認証を行い、VPNとモバイル・アプリケーション双方のアクセス・ポイントを統合できるよう、さらに協力関係を深めていく予定です。

RSAの会長兼EMCのエグゼクティブ・バイスプレジデント、アート・コヴィエロ(Art Coviello)氏は、次のように述べています。「お客様からの要望で最も多いのが、情報共有の改善と、モバイル・デバイスのセキュリティ強化という二点です。今回の技術提携の拡大によって当社とジュニパーネットワークスは、これらのお客様の要望を満たせるようになるとともに、より広範囲での高度なセキュリティ課題に対する協力関係を深める準備が整いました。」

ジュニパーネットワークスのセキュリティ・ビジネス・ユニット担当シニア・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャー、ナワフ・ビタール(Nawaf Bitar)は、次のように述べています。「今後のサイバー・セキュリティでは、リアルタイムでのインテリジェンス共有を実現し、高度な攻撃を防ぐことが重要です。当社とRSAは、提携を通じて豊富なインテリジェンスを共有し、業界をリードしていきます。当社のSpotlightは、IPアドレスを追跡するのではなく、個々の攻撃者を追跡して阻止する方法を採用することで業界に変革をもたらします。SpotlightをRSA Liveサービスと組み合わせることで、お客様は更に優れた状況認識能力と高度な攻撃に対する保護機能を得ることができます。」

参考資料

- Juniper Networks Junos Spotlight Secureについて - RSA について(英語): Twitter, Facebook, YouTube, LinkedIn and the RSA Speaking of Security Blog and Podcast.

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、ネットワークイノベーション企業です。モバイル端末からデータセンターのネットワークまで、消費者からクラウド事業者にいたるまで、ジュニパーネットワークスは、ネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。 http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】 J-Net:http://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供 Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載 フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter:@Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル:http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。