プレスセンター

2012

Navigation
ベライゾン社、グローバルなMPLSバックボーンに業界初となる 8テラビットのプラットフォームを導入

― ベライゾン社、米国と欧州の市場にジュニパーネットワークスのPTXシリーズを導入 ―

ベライゾン社は、2012年末までに米国と欧州の主要市場にジュニパーネットワークス PTXシリーズを導入し、初期の導入として容量を8テラビット/秒とするマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)プラットフォームを構築する計画です。これは、業界で最も高密度のMPLSプラットフォームとなります。

このイニシアティブによってベライゾン社はその進化をさらに一歩進め、ネットワークの高速化、遅延の低減、容量拡大、顧客にとってのパフォーマンス改善を実現します。今回の導入により、ベライゾン社のグローバルなIPバックボーンは100Gイーサネットに強化され、顧客側でのアクセス速度を10Gに引き上げると共に、FiOS、ワイヤレス、クラウドサービスへの準備が整います。

本ニュースに関する主な内容:

  • ジュニパーネットワークスのPTXシリーズは大容量を主眼として開発され、単独のシャーシにおいて最大16テラビット/秒の容量を実現するほか、10G(ギガビット)、40G、100Gイーサネットインターフェイスにおいても業界をリードする密度を提供します。ベライゾン社は初期の導入として、8テラビット/秒の容量を持つPTX5000を展開し、最終的にはより大容量への移行を計画しています。
  • この次世代技術はイーサネットを含むプライベートおよびパブリックのIPサービスをサポートし、また容量の拡大、ギガビットあたりの消費電力削減、コスト効率の改善、将来的な拡大に向けた技術的ロードマップを提供します。
  • ベライゾン社とジュニパーネットワークスとの提携は、すでに実績のあるMPLS技術を活用し、強力なクラウド、ビデオ、最先端のアプリケーションに世界中で対応する、高度な拡張性を持つ簡素化されたネットワークアーキテクチャを作り出すことを目的として行われました。
  • ベライゾン社はジュニパーネットワークスとの密接な協力関係を通じ、同社の顧客ベースの成長に伴う課題に応える消費電力削減、パフォーマンス改善、コスト削減を達成するためにJunos® Expressチップセットを改良しました。

本ニュースに関する各社からのコメント:

ベライゾン社
「お客様の要求とスピードが着実に拡大する世界において、業界をリードするジュニパーネットワークスPTXシリーズのスイッチ密度を活用することにより、ベライゾン社はコアとなるMPLSネットワークの拡張性と効率を改善します。PTXシリーズによって大きなパケット処理能力、システムの規模、電力消費の削減が実現し、これらはいずれもベライゾン社の今後のニーズへの対応に貢献します。そして、ベライゾン社が持つ市場リーダーとしての地位は、高品質なサービス提供と顧客のニーズに応えるだけでなく、ジュニパーネットワークスをはじめとする業界の主要企業との協力を基盤とするものです。」
- ベライゾン社、グローバル・ネットワーク・プランニング担当バイスプレジデント、イハブ・タラジ(IhabTarazi)氏

IDC社

「インターネット、IPデータ、ビデオ、オーバーザトップのトラフィック、コンテンツ配信ネットワーク、モバイルデータトラフィックの急増に伴い、世界の有線ネットワークとブロードバンド・ワイヤレスネットワークを経由するパケットデータのトラフィックは2015年までに7倍に増大すると予想される中で、サービスプロバイダーは運営面での大きな課題に直面しています。次世代パケットに最適化されたコアトランスポートソリューションを展開するというベライゾン社の判断は、同社のグローバルなネットワークインフラストラクチャとワイヤレスおよび有線サービスのポートフォリオ全体にわたる多様なパケットデータ・アプリケーションに対応した、ネットワークの準備と管理に役立つと期待されます。」
-  IDC社、エンタープライズテレコム部門リサーチマネージャー、ナヴ・チャンダー(NavChander)氏

ジュニパーネットワークス

「先進的コミュニケーションとエンターテインメントサービスのパイオニアとしてのベライゾン社の評価は、2010年に100Gイーサネットを商業的に展開したことによって確立しました。ベライゾン社は、自社のネットワークコアをさらに進化させ、将来に備えた拡張性を確保すると同時に、インフラストラクチャに伴う負担を劇的に簡素化する、業界初のコンバージド・パケットトランスポートスイッチであるPTXシリーズを選択するという新たなランドマークとなる決定を下しました。PTXシリーズはベライゾン社が顧客に提供するサービスの選択肢を拡大し、ユーザーエクスペリエンスを改善するだけでなく、最終的にはネットワークのパフォーマンスと効率を高めます。」
- ジュニパーネットワークス、プラットフォームシステム部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、ステファン・ディッカーホフ(Stefan Dyckerhoff)

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
http://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net:http://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter:@Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル:http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。