プレスセンター

2012

Navigation
ジュニパーネットワークス、どの端末からもエンタープライズ・ネットワークへの アクセスを可能に、IT部門管理者の負担を解消

―シンプル・コネクトのポートフォリオの強化、ポリシー統一とモバイルアクセスへの 包括的なアプローチによる、個人所有機器の利用(BYOD)を 簡素化すると共に、セキュリティを確保―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、エンタープライズ・ネットワークへのモバイル端末によるアクセスを簡素化すると共に、セキュリティを確保するシンプル・コネクトのポートフォリオへの機能強化を発表しました。簡素化および自動化された、この新しい統一されたポリシー施行に基づき、IT部門の管理者は企業が支給した、個人所有およびゲストが利用する端末すべての有線、無線、モバイル接続に対し、一貫したセキュリティとアクセスのポリシーを設定し自動的に施行できるようになります。この新しいアプローチによって、個人が所有する(BYOD)端末の管理とセキュリティを確保するためのアクセスポリシーに苦労しているIT部門管理者の負担が軽減されます。

個人が所有する端末によるエンタープライズ・ネットワーク、クラウド、アプリケーションへのアクセスによって企業の環境維持が難しくなる中、IT部門管理者はモバイル端末や新しいエンドユーザー向けアプリケーションによってもたらされる、セキュリティへの新たな、また複雑な脅威に直面しています。

静的なポリシーとその一貫性に欠けた施行を伴う従来のネットワークを対象としたソリューションとは異なり、ジュニパーネットワークスの統一されたポリシー施行は、ユーザーの身元、居場所、使用されているアプリケーション、アクセスに利用された端末をもとに、エンタープライズ・ネットワークへのアクセスに対して詳細なアクセス制御を可能にします。

主な内容:

  • シンプル・コネクトのポートフォリオの新しい製品と機能には次のようなものがあり、セキュリティ、統一されたポリシー、モバイルアクセスへの包括的アプローチを実現しています。
  • ジュニパーネットワークスSRX550サービス・ゲートウェイ:中規模から大規模な支店レベルでの展開向けに、セキュリティ、ルーティング、スイッチングをひとつの、統合された高パフォーマンスの製品にまとめています。
  • WLA322およびWLA321シリーズ無線 LAN アクセスポイント:低~中程度の密度を持つ環境を対象とした、エントリーレベルのの新しいフル機能のエンタープライズクラスのアクセスポイントです。 Junos® Pulse アクセス・コントロール・サービス/UACとJunos Pulseセキュア・アクセス・サービス/SSL VPN:Mac OS、iOS、Android端末を対象とし、エンドポイント端末の完全性チェック、評価、セキュリティ調達を強化します。
  • Junos Pulseのソリューションはネットワーク全体にわたってポリシー施行をコーディネートし、IT部門がすべての個人所有および会社支給、およびゲスト端末の特定、アクセス許可、セキュリティ確保、管理を行うと共に、所属組織のセキュリティとアクセスポリシーによる基準を満たすことを可能にします。
  • SRXシリーズ製品ファミリー全体を対象とした最新リリースのJunosソフトウェアでは、AppSecureのアップデートによりユーザーと端末との照合に基づいてアプリケーションのセキュリティ確保と制御を行えるようになり、他のIPベースのセキュリティ施行ソリューションでは不可能な、場所や機器にとらわれない一貫した施行が実現しました。

本ニュースに関する各社からのコメント:

Polycom社

「ビデオ・コラボレーションの世界的リーダーである当社では、すべての業務においてネットワークが極めて重要な役割を担っています。ジュニパーネットワークスのシンプル・コネクトのポートフォリオは、限られたITスタッフによっても容易に展開と管理を行えます。モバイル・インフラストラクチャを継続的に構築するにあたり、当社のネットワークが必要なパフォーマンスを実現し、同時に社員とその個人所有および会社支給のモバイル端末からのアクセスを簡素化し、セキュリティを確保できることに自信を抱いています。」 ‐Polycom社、ITディレクター、ダン・ケイス(Dan Case)氏

Layer3 Communications社

「ジュニパーネットワークスのシンプル・コネクトのポートフォリオを通じてセキュリティ、スイッチング、ルーティング、WLANのための完全なエンタープライズ・ポートフォリオが実現するだけでなく、こうした製品の緊密な統合を通じてシームレスかつセキュリティの確保されたソリューションを当社のお客様に提供することができます。」 ‐ Layer3 Communications社、CEO、ロドニー・ターナー(Rodney Turner)氏

IDC社

「企業がモバイル化、分散した従業員からのデータに対してセキュリティを確保しようとする場合、ユーザーによるネットワークへのアクセスに統一されたポリシーを施行し、粒状的な制御を行えることがデータ保護の鍵となります。」 ‐ IDC社、Security Services担当シニアアナリスト、クリスチーヌ・リーバート(Christine Liebert)氏

ジュニパーネットワークス

「IT管理者は職場へのモバイル機器流入に対応しようと努力しています。ジュニパーネットワークスの包括的なアプローチは、セキュリティの水準を高め、ユーザーエクスペリエンスを簡素化し、サポート可能な端末の種類を拡げます。シンプル・コネクトのポートフォリオへのこれらの機能強化により、ジュニパーネットワークスは包括的なポリシー実施に新たな基準を確立し、スイッチング、ルーティング、ワイヤレスを統合したエンドツーエンドのソリューションを提供することによってエンタープライズ全体への安全なアクセスを実現しています。」 ‐ジュニパーネットワークス、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、アレックス・グレイ(Alex Gray)

【本ニュースに関するその他の情報】

  • Interop Tokyo2012 ジュニパーネットワークスのブースにおいて、SRX550サービス・ゲートウェイを展示する予定です。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

<報道関係からの問合せ先>

エデルマン・ジャパン株式会社 山平、安達、中田 TEL: 03-6858-7711 E-mail: japan-media@juniper.net

(米国リリース抄訳) 当資料は、2012年5月2日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。