プレスセンター

2012

Navigation
ジュニパーネットワークス、OpenFlowアプリケーションを提供開始、ネットワークのプログラマビリティと顧客の柔軟性を向上

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:細井洋一、以下ジュニパーネットワークス)は、ネットワークの柔軟性とプログラマビリティを高めるためのツールセットを拡充するため、「Junos® Software Development Kit (SDK)」を用いて開発されたOpenFlowアプリケーションの実行ソースコードをSDK開発者に公開することを発表しました。

ジュニパーネットワークスが提供するルーティング・ソリューションを長年利用しているColt Technology Services社のネットワーク戦略兼アーキテクチャ担当ディレクター、ニコラス・フィッシュバック(Nicolas Fischbach)氏は次のように述べています。「当社のネットワークは、法人のお客様の要件に柔軟に適応し、複雑性の軽減、イノベーションの促進、適切な経済性を実現することが求められています。当社のクラウド資産とネットワーク間のインタラクションの頻度は、ソフトウェアのスピードに近づきつつあります。ジュニパーネットワークスのJunos SDKがOpenFlowに対応したことにより、当社のヨーロッパにおける情報提供プラットフォームのプログラマビリティを実現する、新たなツールを入手することができます。」

Junos SDKを使用することで、開発者はジュニパーネットワークスの統一されたOSであるJunos上で動作するカスタム・アプリケーションを開発したり、ジュニパーネットワークスのスイッチングやルーターを使って新機能を拡張・開発したりすることができます。OpenFlowアプリケーションは、Junos SDK内で動作し、制御プレーンを変更することにより、より動的なネットワーク・プログラマビリティを実現します。OpenFlowが実現する高水準のプログラマビリティにより、ネットワーク機器を容易に制御しつつ、ネットワークインフラ全体で、インテリジェントなアプリケーションとソリューションによる急速なイノベーションを実現できます。

Current Analysis社の主席アナリスト、グレン・ハント(Glen Hunt)氏は、次のように述べています。「Junos SDKがOpenFlowに対応したことにより、ジュニパーネットワークスは、開発者コミュニティやサービスプロバイダーがネットワーク資産とインテリジェンスを活用して差別化されたサービスを実現するうえで、主導的な役割を果たすことになります。OpenFlowを実装することで、多数の機器で一貫した管理ポリシーを適用することができるため、処理要件は軽減され、管理が容易になり、想定通りのアプリケーション性能を発揮させます。ジュニパーネットワークスが推し進めているこのような高水準のプログラマビリティは、ネットワーク認識アプリケーションの開発をサポートする上で欠かせないものです」

ジュニパーネットワークスは、「Carrier Ethernet World Congress」において、ジュニパーネットワークスMXシリーズ3Dユニバーサル・エッジルーターによる、OpenFlowプロトコルの実行デモを実施しました。また、スタンフォード大学で開催された「Open Networking Summit」では、プレゼンテーションを行いました。また、Open Networking Foundationの設立メンバーとして、10月26日(水)にサンノゼで開催された「Applied OpenFlow Symposium」にも参加しました。

ジュニパーネットワークスのマーケティング・事業戦略担当副社長、マイク・マルスラン(Mike Marcellin)は次のように述べています。「ジュニパーネットワークスは、500以上の団体で構成されるSDK開発者コミュニティに対してOpenFlowアプリケーションを提供しています。これにより、動作コードを実際に利用して、OpenFlowとネットワーク・プログラマビリティのあらゆるネットワークに対する影響力を自ら探求していただくことができます。お客様にとってより効率的・効果的なネットワーキング・インフラストラクチャを実現することが当社で優先する課題です。プログラマビリティを向上させるうえで、

OpenFlowは重要な一歩といえます」 OpenFlowアプリケーションは、Junos SDKの開発企業に提供されるほか、一部の顧客にも公開を予定しています。Junos SDKでの開発作業は、簡単かつ無償です。お申し込みについての詳細は、www.juniper.net/developerをご覧いただくか、jdn@juniper.netまでお問い合わせください。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。

<報道関係からの問合せ先>

エデルマン・ジャパン株式会社 山平、安達、中田 TEL: 03-6858-7711 E-mail: japan-media@juniper.net

(米国リリース抄訳)

当資料は、2011年10月26日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。