プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、エッジ・ルーティング製品のルーティング容量を拡大し、 サービスプロバイダおよびエンタープライズ・ネットワークの経済性を大幅に向上

卓越したエッジ・ルーティング性能と高効率化により、サービスプロバイダの収益向上とエンタープライズのネットワーク環境を強化

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE- JNPR、以下ジュニパーネットワークス)は、同社の3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」において、業界最大のエッジ・ルーティング容量を実現したことを発表しました。これにより、サービスプロバイダをはじめとするユーザーは、急速に高まる帯域要求と、モバイル/クラウド・コンピューティング/エンタープライズ・ネットワーク/アプリケーションの利用者の増加に対応すると同時に、ネットワークの経済性を大幅に向上できるようになります。

今回のルーティング容量の拡大により、「MXシリーズ」は、業界をリードする3.8Tbps(テラビット/秒)のスループット性能を実現します。サービスプロバイダ、コンテンツ・プロバイダ、エンタープライズ・ユーザーは、現在使用しているネットワークを、簡単かつ確実に拡張でき、将来のニーズにも柔軟に対応できるようになります。ルーティング容量の拡大は、業界初の次世代ワイヤレス・ネットワーク向けオープン・モバイル・コア「MobileNextTM」をはじめ、「MXシリーズ」上のすべてのサービスにおいて実施されます。

ユーザーは、既存の「MXシリーズ」のシャーシに、ソフトウェアアップグレード中のダウン.タイムを最小減に抑えるイン・サービス・アップグレードを実行するだけでスループットを向上させ、ジュニパーネットワークスのユニバーサル・エッジ製品への投資を10年という長期間にわたり保護できます。これにより、エッジでのネットワーク・サービスの成長に合わせ、拡張しながら加入者の管理能力を高めることが可能な統合されたオープンなネットワーク・アーキテクチャの構築が実現します。

高信頼性で高い接続性のネットワークの構築が可能なジュニパーネットワークスのユニバーサル・エッジ製品

  • 「MXシリーズ」は、オープンで単一のネットワークOS、「Junos® OS」を搭載した、法人サービス、一般加入者向けサービス、モバイル・サービスの統合に最適化された業界唯一のプラットフォームです。
  • 「MXシリーズ」の強化されたエッジ・ルーティング・スループットにより、ネットワーク上の機器の数を削減し、ギガビットあたり4W未満という低消費電力でトラフィックの処理が可能になり、卓越したネットワークの経済性を実現します。
  • 「MXシリーズ」は、競合のプラットフォームと比べて、3分の1以下の総消費電力量で最大3倍の加入者容量、2倍のプラットフォームおよびラック容量をサポートします。
  • 「MX960」は、1台で800万のモバイル・ユーザーまたは10,000のビジネスVPNをサポートできます。今回の容量拡張でサポートできるネットワーク・トラフィックは、YouToubeのビューで換算すると、1台の「MX960」で1日あたり80億ビュー以上になります。これは同サイトの1日あたりの平均ビューの2倍以上に相当します。

世界屈指のサービスプロバイダおよび大手企業が採用するジュニパーネットワークスのユニバーサル・エッジルーター

Verizon

Verizon社グローバル・ネットワーク・プランニング担当バイスプレジデント、イハブ・タラジ(Ihab Tarazi)氏 「世界をリードする通信事業者の1社として、当社はお客様が求める信頼性とコスト効率を提供する堅牢かつ柔軟な通信インフラを構築し、維持管理していかなくてはなりません。ジュニパーネットワークスのMXシリーズは、次世代の消費者とサービスに必要となる革新性と拡張性と同時に、管理が簡単な環境と、トラフィック・パターンやアプリケーション・ニーズの変化に迅速に対応できる柔軟性を提供してくれます」

ACG Research

ACG Research社マネージング・ディレクター、レイ・モタ(Ray Mota)氏 「今日、ネットワークは私たちの生活に深く浸透しています。現在の加入者の要件に応えると同時に、将来の帯域へのニーズをも満たす拡張性も備えたエンタープライズ/サービスプロバイダ向けアーキテクチャへの投資は、ネットワークの経済性を確保する上で不可欠です。スループット容量が強化されたジュニパーネットワークスのMXシリーズは今日の市場で最も高い拡張性を実現したエッジ・プラットフォームです。ジュニパーネットワークスは、投資保護への取り組みですでに高い評価を得ていますが、今回のルーティング容量の拡大は、その新たな展開といえるでしょう」

ジュニパーネットワークスのプラットフォーム・システム担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャのステファン・ディッカーホフ(Stefan Dyckerhoff)は、以下のように述べています。 「現在、クラウドとモバイル・コンピューティングによってネットワークへの要件がこれまでにないほど高まっています。MXシリーズは運用コストを抑えながら、このような新たな要件を満たす拡張性を備えた、業界唯一のエッジ・ルーティング・プラットフォームです。当社のエッジ・ルーティング・ソリューションは、消費電力、冷却能力、密度、信頼性、拡張性など幅広い評価基準において業界で最も効率に優れたプラットフォームとしてその能力が証明されていますが、今回MXシリーズの性能を強化したことで、このような実績がさらに強固なものとなるでしょう」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networksは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社 第一業務局 小野、児玉、山崎 TEL: 03-3571-5326 E-mail: japanmedia@juniper.net

(米国リリース抄訳) 当資料は、2011年9月12日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。