プレスセンター

2009

Navigation
ジュニパーネットワークス、IBMとのOEM契約を拡張

-ジュニパーのイーサネット関連技術をIBMデータセンターの製品ラインで提供する OEM契約の製品群に「SRXシリーズ」ダイナミック・サービス・ゲートウェイを追加 -

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE:JNPR)は本日、IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、NYSE:IBM)とのOEM契約の拡張を発表しました。ジュニパーネットワークスとIBMは、今年7月に両社のOEM契約を締結しました。今回、両社は、このOEM契約に基づいてIBMがOEM提供する製品群に、ネットワークのコスト削減、サービス向上、リスク管理において高い性能を持つ「SRXシリーズ」サービス・ゲートウェイを追加しました。今後IBMは、この契約に基づき、同社のデータセンター・ポートフォリオの製品として、ジュニパーネットワークスのネットワーク製品を提供します。

ジュニパーネットワークスのサービスレイヤー技術事業グループ担当 執行副社長 兼 ゼネラルマネージャーであるマーク・バウハウス(Mark Bauhaus)は、次のように述べています。「当社は今後も画期的な技術とグローバルなパートナーシップにより、お客様がネットワークにおけるエクスペリエンスや経済性を向上できるよう貢献していきます。IBMとジュニパーネットワークスのOEM拡張は、個人および企業の生産性向上に向けたインターネットサービス規模の急速な拡大に対応するオープン、スケーラブル、シンプルで、かつセキュアなダイナミック・インフラストラクチャ・ネットワークを推進する両社の熱意を示すものです」

また、IBMシステム・ストレージ担当バイス・プレジデントのバリー・ルドルフ(Barry Rudolph)氏は、次のように述べています。「IBMはお客様に対して、最高のネットワーク製品と柔軟性を備えたソリューションを提供することに注力しており、JUNOSソフトウェア上で稼働するIBM j-typeネットワーク製品を当社のデータセンター・ネットワークのポートフォリオの一部として提供できることを嬉しく思います。この協力関係の更なる成功とOEMの拡張により、ネットワークとデータセンターの経済性を発展させるという両社共通のビジョンの促進を図ります」

今日のデータセンターの発展には、性能の向上とともに、これまで以上にネットワークの簡素化が必要です。IT予算への圧迫が一層高まる一方で、爆発的に増加するデータ量のみならず、新たなサービス、スピード、セキュリティ、可用性や信頼性など、データセンターへの要求は増加の一途です。また、クラウド・コンピューティングにより、ネットワークとデータセンターには膨大なスケーラビリティ、効率性、柔軟性、セキュリティの向上に対する要求もさらに強まります。IBMとジュニパーネットワークスの協力関係は、データセンターがクラウド・コンピューティング、またはクラウド・ライクなサービスに不可欠なインフラストラクチャへと発展するのにハイパフォーマンス・ネットワーキングが重要となることを裏付けており、両社はハイパフォーマンスでセキュアなネットワークが、サービスの生産と提供を可能にする、データセンターとグローバル・ネットワークの運用に不可欠であるとの方針で一致しています。

IBMとジュニパーネットワークスは2009年7月にOEM契約を締結しました。このOEM契約によりIBM システム&テクノロジー・グループ(STG)は、ジュニパーネットワークスの「EXシリーズ」イーサネットスイッチをIBM j-type イーサネット・スイッチ eシリーズ として、また「MXシリーズ」イーサネット・サービス・ルーターをIBM j-type イーサネット・ルーター mシリーズとしてブランド化し、販売することが可能になります。このイーサネット関連6製品のスイートは一般にIBMのデータセンター製品として提供されます。OEM契約の拡大により、「SRXシリーズ」サービス・ゲートウェイも追加され、2010年前半に提供開始が予定されています。IBMとジュニパーネットワークスに関する詳細については以下のURLをご覧ください。
https://simplifymydatacenter.com/ibm/(英語)

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、デバイスからデータセンター、コンシューマーからクラウドにわたり、ネットワークのエクスペリエンスと経済性を一変させる、画期的なソフトウェア、シリコン、およびシステムを提供しています。現在では、世界各国で30,000以上の顧客およびパートナーにサービスを提供し、昨年度は30億ドルの収益を上げています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
www.juniper.net/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿 3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
電話番号(代表): 03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOS、および Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で
Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者からのお問い合わせ先>
共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉
TEL:03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net