プレスセンター

2009

Navigation
イーサネットサービスの世界的リーダーであるKDDIの米国法人、ジュニパーネットワークスのルーティング/スイッチング・ソリューションを採用

-KDDIアメリカ、「EXシリーズ」および「MXシリーズ」のパフォーマンスと柔軟性を活用し、高速で拡張性の高いビジネスサービスを米国内で提供-

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NASDAQ:JNPR)とKDDI株式会社の米国法人KDDIアメリカは、本日、KDDIアメリカが米国市場に参入するにあたり、ジュニパーネットワークスのキャリア・イーサネット・ソリューションを採用したと発表しました。50年以上にわたりグローバル展開をしているKDDI株式会社は、フォーチュン・グローバル500にも選ばれている電気通信サービスの世界的リーダー企業です。「EXシリーズ」イーサネット・スイッチと「MXシリーズ」イーサネット・サービス・ルーターの優れた拡張性、密度、柔軟性により、KDDIアメリカはTCO(総所有コスト)を削減しながら、高品質で迅速なサービスを提供します。

KDDIアメリカのネットワーク・エンジニアリング部長である 實松 北斗 氏は、次のように述べています。「米国企業は、コスト節減が見込めるシンプルなイーサネットを提供する、高品質のサービスを求めており、当社のイーサネットサービスを全米に提供するには今が絶好のタイミングです。ジュニパーネットワークスのスイッチング/ルーティング・ソリューションが持つ高い柔軟性、拡張性、効率性により、当社は収益の向上とTCOの削減をしながら、高まる顧客の要求に対応し、新しい市場に進出することができました」

KDDIは、イーサネットサービスの開発およびプロビジョニングの世界的なリーダーとして広く知られており、ニューヨークとロサンゼルスのPOP(接続ポイント)経由で米国との接続サービスを提供しています。特に、日本およびアジア太平洋地域全域での知名度は高く、日本では受賞歴のあるサービスの提供により、企業向けイーサネットサービスの分野で最大の市場シェアを占めています(*1)。KDDIのイーサネット国際接続サービスは、99.999%の可用性を実現する非常にパフォーマンスの高いサービスで、すでに多くの米国企業が利用しており、北米内でも同等のサービスが求められています。ジュニパーネットワークスの包括的なソリューションにより、KDDIアメリカはこのような要求にシームレスに対応できるようになりました。

KDDIアメリカは、コアネットワークに「MXシリーズ」、アグリゲーションと顧客アクセスに「EXシリーズ」スイッチを展開する予定です。「MXシリーズ」イーサネット・サービス・ルーターは、高いパフォーマンスを必要とするサービスプロバイダおよび企業向けに設計された、強力なレイヤー2、レイヤー3機能を搭載しています。「MX960」、「MX480」、「MX240」で構成され、高効率でハイ・パフォーマンスのハードウェア・プラットフォームにおいて、ポート密度の高いルーティング/スイッチング機能を実現できます。これにより、サービスプロバイダは、電力、スペース、冷却にかかるコストを最大50%削減することができます。バーチャル・シャーシ技術を導入した「EX4200」イーサネット・スイッチは、最大10個を単一の論理装置とすることが可能であり、モジュラーシステムの高可用性およびキャリアクラスの信頼性、スタック接続が可能なプラットフォームの経済性と柔軟性を同時に実現します。

「EXシリーズ」および「MXシリーズ」は、ルーティング機能、スイッチング機能、セキュリティ機能、ネットワークサービスを統合した単一OSであるジュニパーネットワークスの「JUNOS®」ソフトウェアを使用します。ネットワークの随所で一貫性あるOSを使用することで、ネットワーク・オペレーターは大幅に運用コストと複雑性を削減することが可能になります。第三者機関による調査では、最大41%の削減が可能と報告されています。

KDDIアメリカについて

KDDIグループは、グローバル・フォーチュン500社にも選ばれている、国際電気通信事業および各国コロケーション施設の大手プロバイダーで、KDDIアメリカはその米国法人です。特に電気通信のニーズが高いアジア太平洋地域では、高品質のネットワークソリューションを提供しています。KDDIグループは、アジア-米国間に最初にスイッチド・イーサネット・サービスを提供した電気通信プロバイダーで、イーサネット業界におけるパイオニアであり、イノベーターです。また、KDDIはグループ企業であるテレハウス(TELEHOUSE)を通じて、米国、欧州、アジアに国際データセンターと付加価値サービスを提供する大手プロバイダーでもあります。詳細は、以下のURLをご覧ください。 www.kddia.com/jpn/

(*1)出典: 日経コミュニケーション 2008年9月1日号、企業ネット実態調査「広域イーサネット部門」7年連続1位

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。www.juniper.net/jp/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿 3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表): 03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOS、および Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者からのお問い合わせ先> 共同PR株式会社 第一業務局 小野、児玉 TEL:03-3571-5326 E-mail: japanmedia@juniper.net

【米国リリース抄訳】 ※当資料は、2009年6月17日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。