プレスセンター

2009

Navigation
ジュニパーネットワークス、分散型企業向け次世代ネットワーク・ソリューションを発表 ~ネットワーク運用コスト41%削減の実績を持つ業界唯一の単一OSベースによるマルチサービス・ネットワーク・インフラストラクチャを実現~

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、以下 ジュニパーネットワークス)は本日、分散型企業向けソリューション「スマート・ネットワーク」と、同ソリューションを構成する新製品群を発表しました。「スマート・ネットワーク」は、ジュニパーネットワークスのネットワーク・セキュリティ管理ソリューション「Network and Security Manager(NSM)」、「JUNOS®ソフトウェア」、サービス・ゲートウェイ「SRXシリーズ」の新製品、イーサネット・スイッチ「EXシリーズ」の新製品ラインで構成されます。同ソリューションにより企業は、業界最高のパフォーマンスとセキュリティを低い運用コストと効率的なネットワーク・デザインで実現することができます。

今回発表した製品群のうち、「SRX240」は、同クラスの競合製品に比べて半分のコストで、5倍のセキュリティ・パフォーマンスを提供します。また、「EXシリーズ」は、同クラスの競合製品に比べ低価格でエンタープライズクラスのギガビット・アクセスの接続性を提供します。

「スマート・ネットワーク」は、従来のネットワークに見られる制約やコスト構造を脱したITサービスを提供する企業の取り組みにとって不可欠なものです。レガシー・ネットワークでは、拡大や修正によって専用アプライアンスが増加し、その結果、OS、ネットワークレイヤー、管理アプリケーションの数も増大、ネットワークが複雑化することでコスト増にもつながります。ジュニパーネットワークスの「スマート・ネットワーク」は、集中管理と統合セキュリティに加え、一貫性のある単一ソースのネットワークOSを兼ね備えており、企業のIT部門が、全拠点の従業員に対して本社と同様の高パフォーマンスを拡張できるように設計された、業界初の統合マルチサービス・ネットワーク・インフラストラクチャを提供します。

新「SRXシリーズ」サービス・ゲートウェイ

「SRX シリーズ」ファミリに新しく加わった4製品は、業界初のダイナミック・サービス・アーキテクチャをベースにしています。 ダイナミック・サービス・アーキテクチャは、統合サービスとネットワーク・キャパシティを同時にスケールできる拡張可能な設計方式で、増加するネットワークへの要求やリスクの軽減を実現します。今回発表した新製品には、最新のコンテンツ媒介型脅威からネットワークを守るため、統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防止機能が含まれています。「SRXシリーズ」は、ハードウェアベースのコンテンツ・セキュリティ・アクセラレーションも特徴としており、パワー・オーバー・イーサネット (PoE) や標準SIPボイスゲートウェイ機能だけでなく、高性能のインライン・アンチウィルスや侵入防止サービス(IPS)にも最適です。

今回発表した「SRXシリーズ」の4製品は、以下のとおりです。すべてのモデルが統合セキュリティ、高可用性、ビルトイン・ルーティング、3Gワイヤレス・オンボードスイッチング、およびイーサネット接続性を備えています。ファイアウォール/IPSパフォーマンスは 600/50~7000/900 Mbpsで、日本円参考価格は、¥125,900(税別)からとなっています。

  • 「SRX100」:多様な固定フォームファクターをオプション提供
  • 「SRX210」:シングル・スロット・モジュール方式
  • 「SRX240」:16個のオンボード・ギガビット・イーサーネット・ポート、4基の拡張スロット
  • 「SRX650」:8基のWAN/LANインターフェース用拡張スロット、冗長電源、冗長サービス/ルーティングエンジン

ギガビット・アクセス・スイッチ「EXシリーズ」の新製品ライン 固定コンフィギュレーション・イーサネット・スイッチ「EXシリーズ」の新製品ラインである「EX2200」は、支社や大学内のネットワークにおけるアクセスレイヤー展開向けのソリューションで、経済性、プラグ・アンド・プレイ、高性能、低電力を特徴としています。「EX2200」は、「JUNOSソフトウェア」ベースのレイヤー2およびレイヤー3スイッチング機能により、パフォーマンスの高い接続性を実現します。今回発表した「EX2200」ライン4製品は以下のとおりです。

  • 「EX2200-24T-4G」および「EX2200-48T-4G」:10/100/1000BASE-Tをそれぞれ24ポートおよび48ポート提供。
  • 「EX2200-24P-4G」および「EX2200-48P-4G」:同様のコンフィギュレーションでフルIEEE 802.3af POEを提供し、電話、ビデオカメラ、ワイヤレスLAN(WLAN)アクセスポイントなどの集中型ネットワークデバイスをサポート。

「スマート・ネットワーク」は、「AdTM(適応型脅威管理、以下AdTM)ソリューション」および「統合型アクセス・コントロール・ソリューション」とシームレスに連携可能です。「AdTMソリューション」は「NSM」やセキュリティ管理ソリューション「STRM(Security Threat Response Manager)」で構成され、脅威に対するリアルタイムな防衛、ネットワーク全体にわたる可視性と管理、統一されたデバイスとポリシー・マネジメント、集中自動化を実現します。「統合型アクセス・コントロール・ソリューション」は、統合型アクセス・コントロール・アプライアンス「ICシリーズ」(UACエージェントとエージェントレスモード)が含まれ、エンフォースメント・ポイントとして、セキュア・サービス・ゲートウェイ「SSGシリーズ」および「SRXシリーズ」に加え、「EXシリーズ」、既存のベンダーフリーの802.1xアクセス・ポイントおよびスイッチも活用できます。

米調査会社Forrester Consultingが2009年2月に実施した調査によれば、ジュニパーネットワークスの「JUNOS」、スイッチ、ルータの導入企業は、設計、プロビジョニング、実装、計画または無計画ネットワーク・イベントを含む特定ネットワーク運用タスク・カテゴリーにおいて、41%の運用コスト削減を達成しています。

JUNOSソフトウェアのメリット

「JUNOSソフトウェア」は、ジュニパーネットワークスの製品ポートフォリオ全体にわたってキャリアクラスの信頼性と運用のシンプルさを提供します。統一性と品質を維持するために、ジュニパーネットワークスは、単一のソース・コード・ベースを使用し、個別の不具合によるシステム全体のダウンを防止できる可用性の高いモジュラー式アーキテクチャを採用し、徹底した「JUNOS」開発プロセスを推進しています。

NSM(Network and Security Manager)による集中管理

「NSM」は、ネットワークインフラ向けの拡張性の高い統合デバイス管理ソリューションで、デバイス・ライフサイクルの集中管理、きめ細かいポリシー・コンフィギュレーションに加え、包括的なモニタリング、レポーティング、調査ツールを提供します。これにより、分散型企業は、接続性のセキュリティとホスティング・サービスの付加価値を最大化し、ITによる効率化を向上することができます。

AIS(Advanced Insight Solution)インテリジェンス

「スマート・ネットワーク」は、「JUNOSソフトウェア」に組み込まれた「AISインテリジェンス」を活用しています。AISは、「JUNOS」で動作する各デバイスに組み込まれた機能で、技術エンジニアと同等のサポートを効率的に提供しているジュニパーネットワークスの「J-Careテクニカルサービス」を実現しているテクノロジーです。ジュニパーネットワークスのプロアクティブなテクニカルサポートは、すべてのルーティング、スイッチング、ネットワークサービスのインフラストラクチャを網羅して運用を合理化し、コスト削減と可用性の向上を実現します。

マネージド・サービス

従来からのジュニパーネットワークスの高性能ルーティングとその接続性が、最先端のセキュリティや管理サービスと結びつくことで、常に最新の付加価値サービスを提供したいと考えるマネージド・サービス・プロバイダーは、サービス提供コストを削減し、新サービス導入リスクを軽減することができます。一貫した接続性、セキュリティ、管理機能の実現により、マネージド・サービス・プロバイダーは、ネットワークベースのCPE(Customer Premise Equipment:個人や企業の顧客の宅内や構内に設置され、通信事業者のネットワークに直結する通信機器)をはじめ、多様な戦略を用いてサービスを創造・展開する選択肢と柔軟性を得ることができます。また、「スマート・ネットワーク」は、集中管理とサービス起動機能を特徴としています。これにより、マネージド・サービス・プロバイダーは、CPE提供におけるトラックロール費を最小化し、より高い利益率と、より低いコスト、そしてより高い顧客満足度を実現することができます。

日本円参考価格と提供開始時期

「SRX210」、「SRX240」、「SRX650」は、本日より提供開始します。日本円参考価格は、「SRX210」が¥197,900(税別)~、「SRX240」が¥599,800(税別)~、「SRX650」が¥3,200,000(税別)~です。「SRX100」は、2009年第3四半期中の提供開始、日本円参考価格は¥125,900(税別)~を予定しています。「EX2200」製品ラインは、2010年第1四半期中の提供開始、価格は¥480,000(税別)~を予定しています。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。www.juniper.net/jp/jp/ 「スマート・ネットワーク」に関する情報は、以下のURLからご覧になれます。http://www.juniper.net/jp/jp/dm/nolimits/

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿 3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表): 03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOS、および Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社 第一業務局 小野、児玉 TEL:03-3571-5326 e-mail address: japanmedia@juniper.net