プレスセンター

2008

Navigation
ジュニパーネットワークス、モバイル・バックホール・ネットワーク向け製品を拡充

- 優れた柔軟性、拡張性、運用効率で、広帯域を要するサービスの導入時間を短縮 -

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NASDAQ:JNPR)は本日、モバイル・バックホール・ネットワーク向けソリューションとして、「BX7000」マルチアクセス・ゲートウェイおよびサーキット・エミュレーション・物理インタフェース・カード(以下、CE-PIC)を発表しました。これらのソリューションは、世代の異なるさまざまな無線技術およびマルチトランスポート技術を柔軟にサポートし、モバイル事業者の運用コストを削減しながら、広帯域を要する革新的なサービス導入に要する時間を短縮します。

世界的な調査機関であるインフォネティック社が、2007年9月に発表した「Mobile Backhaul Equipment Worldwide Market Size and Forecast Report」によると、モバイル事業者は、急増するモバイル・データサービスを支えるバックホール・ネットワークを拡張するだけでなく、ビット単価を下げるための投資の必要性に迫られています。インフォネティックス社によると、モバイル・バックホール市場は、2007年末で約45億ドルに達しています。また、IP/MPLS、Ethernetによるモバイル通信の急成長に伴って、2010年には約82億ドルに達すると見込んでいます。

「BX7000」は、ジュニパーネットワークスのIP/MPLSおよびTDMやATMに関するノウハウを集約したシステムです。今日のモバイル・バックホール・ネットワークは、TDMやATMなどのレガシー技術が混在しているため、ネットワークの管理が複雑化しているだけでなく、バックホールネットワークを拡張することも困難な状況になっています。「BX7000」は、シンプルでコスト効率に優れたIP/MPLS技術を採用し、信頼性の高いトランスポートを提供します。

「BX7000」は、モジュールを交換するだけで、きめ細かく時刻を同期化できる独自の拡張モジュールおよびバックホール・ネットワークにおけるアップリンクの柔軟性を最大限にする拡張スロットをオプションで搭載しています。「BX7000」を導入することで、モバイル事業者は、IP/MPLSネットワーク切り替えても、2Gまたは3Gセルサイトのアセットをそのまま活用することができます。

また、同時に発表したCE-PICは、アグリゲーション・サイトのゲートウェイにおいて優れた効率と拡張性を発揮します。さらに、「BX7000」との組み合わせで、IP/MPLSネットワークの利点であるコスト効率と簡便性を最大限活用したエンド・ツゥ・エンドのモバイル・バックホール・ネットワークを実現します。

シナジー・リサーチ・グループの主席アナリストであるレイ・モタ(Ray Mota)氏は、IP/MPLSを採用するメリットを次のように述べています。「我々の試算では、従来の専用線ベースの伝送技術からからジュニパーネットワークスのソリューションを適応したイーサネットベースのバックホールに切り替えることで、モバイル事業者は、OPEXを年間で約84%削減できます。」

さらに、ジュニパーネットワークスでは、OPEX削減のために、導入、プロビジョニング、管理を簡便化する「JUNOScope」ソフトウェアを提供しています。「JUNOScope」は、プロビジョニングをはじめ、モニタリング、診断、リモートによるソフトウェアのアップグレード、コンフィギュレーション管理などの機能を搭載しています。そのため、「BX7000」は、設置と同時に自動的にコンフィギュレーションを設定し、ゼロタッチでの導入を実現します。

ジュニパーネットワークスのIPG担当執行役副社長であるキム・パーディキュー(Kim Perdikou)は、次のように述べています。「市場で高い評価を得ているジュニパーネットワークスのIP/MPLS 技術をベースにしたこれらのソリューションは、モバイル・バックホールにおける運用の効率化とお客様のビジネスの目標達成を可能にするソリューションです。世界のモバイル事業者トップ12社のうち11社が、ジュニパーネットワークスのハイパフォーマンス・ネットワーキング製品を導入してサービスモデルの革新を実現し、新たな収益機会を創出しています。」

ジュニパーネットワークスの「BX7000」マルチアクセス・ゲートウェイおよびCE-PICは、いずれも2008年第4四半期から発売される予定です。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます www.juniper.net/jp/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOSおよび Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> ジュニパーネットワークス株式会社 能宗正則(のうそうまさのり) TEL : 03-5321-2866 メール : mnoso@juniper.net