プレスセンター

2008

Navigation
ジュニパーネットワークス、国内ファイアウォール市場におけるシェア第1位を維持

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲。以下、ジュニパーネットワークス)は本日、世界的な民間の調査機関であるフロスト・アンド・サリバン社(以下、F&S)が、最近発表した市場調査報告書によると、2007年第4四半期(10-12月期)の統合型ファイアウォール(Integrated Firewall)の国内市場において、シェア第1位を獲得したことを発表しました。同報告書によると、ジュニパーネットワークスは、売上高1480万米ドルで、38%のシェアを獲得し、同年第3四半期(7-9月期)に続いて、2期連続でシェア第1位となりました。

F&Sの統合型ファイアウォール市場の調査対象に含まれるジュニパーネットワークス製品は、「NetScreen-5GTシリーズ」のほか、「SSG5シリーズ」、「SSG20シリーズ」、「SSG140」、「SSG320M」、「SSG350M」、「SSG520M」および「SSG550M」のUTM製品ファミリーです。 また、これらの統合型ファイアウォール製品とスタンドアローン・ファイアウォール(上記以外の『NetScreenシリーズ』および『ISGシリーズ』)を連結した場合でも、ジュニパーネットワークスは、売上高約2400万ドルで、シェア約40%を獲得、同年第3四半期に続いて、2期連続で第1位となりました。

ジュニパーネットワークスの「NetScreen-5GTシリーズ」は、目的特化型セキュリティ・アプライアンスとして、高いパフォーマンス、セキュリティ、卓越したLAN/WAN接続性を提供します。また、統合型脅威管理(UTM)機能を搭載する「SSGシリーズ」は、中小規模規模向けの「NetScreenシリーズ」(「NetScreen-5シリーズ」から「NetScreen-500」まで)の後継機種として、ステートフル・ファイアウォール、IPS、アンチウィルス(アンチスパイウェア、アンチフィッシング、アンチアドウェア)、アンチスパム、ウェブフィルタリング機能を搭載、「NetScreenシリーズ」を上回るパフォーマンスを発揮して、あらゆる攻撃からネットワークを保護します。

ジュニパーネットワークスの「SSGシリーズ」、「NetScreenシリーズ」、「ISGシリーズ」に関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.juniper.net/jp/jp/products-services/security/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。一元化されたネットワークにおけるサービスおよびアプリケーションの展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供し、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 www.juniper.net/jp/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOSおよび Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> ジュニパーネットワークス株式会社 能宗正則(のうそうまさのり) TEL : 03-5321-2866 メール : mnoso@juniper.net