プレスセンター

2007

Navigation
ジュニパーネットワークスのエンタープライズ・ソリューション、 SAP® アプリケーションのネットワーク・パフォーマンスを77% から99% に向上

- 競争差別化、ビジネスの柔軟性、エンタープライズSOA需要のサポートを実現するハイパフォーマンス・ネットワーク・インフラストラクチャ -

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)は本日、SAP AG(NYSE: SAP)と共同で実施した試験結果を発表しました。試験結果では、ジュニパーネットワークスの「WX」および「DX」アプリケーション・アクセラレーション・プラットフォームが、SAP®ソリューションベースのトランザクションにおいて、ネットワークアクセス時間を最大で99% 短縮させ、アプリケーションサーバー上のCPU負荷を最大で50% 削減することが証明されたほか、ジュニパーネットワークスの「Secure Access」 SSL VPNプラットフォームは、 分散およびモバイル環境のSAPソリューション・ユーザーに安全なクライアントレス・アクセスを提供することが実証されました。ジュニパーネットワークス のハイパフォーマンス・ネットワーク・インフラストラクチャは、即応性と信頼性に優れたインフラストラクチャをSAPソリューションの利用者に提供し、競 争差別化を実現するとともに、総合的にビジネスの柔軟性を引き上げます。

この試験は、ジュニパーネットワークスが創設メンバーとして名を連ねるSAP Enterprise Services Community(ES Community)によって実施されました。ES Communityは、プロダクショングレードのエンタープライズSOA環境におけるネットワーク製品の試験用研究環境であるENLを構築しました。ENLは、共通のビジネスシナリオをコンポジット・アプリケーションに集成したSAP Discovery Serverをベースにしています。また、HP LoadRunnerバーチャル・ユーザー・セッションが定義済みのワークフローを実行し、Shunra WAN Emulatorが試験ごとにネットワーク品質に変化を加えました。

ジュニパーネットワークスのソリューションは、SAPソリューションを使用した現実のビジネス環境下において試験され、複数のアプリケーション・コンポーネント間のインタラクションと複数のソースからのデータアグリゲーションを要求されるトランザクションを実行しました。試験に採用されたビジネスプロセスは、SAP ERP 2005アプリケーションをベースとするSAP Discovery Serverのものです。さらに、レスポンスタイムを遅延させる要因であるレイテンシーや帯域などのネットワーク品質を変化させ、さまざまなネットワーク環境下で試験しました。また、ジュニパーネットワークスのエンタープライズ・ソリューション試験は、フラクショナルT1およびT3 WANシミュレーション(高/低遅延)を介して行われました。上記4種類のWANシミュレーション状況においてデータ集約型トランザクションを実施した結果、「DX」と「WX」から構成されるプラットフォームは、SAP NetWeaver®プラットフォーム上のKnowledge Managementコンポーネントの5MBトランザクションにおいて、レスポンスタイムを平均で86%、最大で99%改善しました(768Kbpaリンク、300msの遅延)。トランザクションに要する時間が2分以上から2秒弱(LANとほぼ同様)に短縮されることになります。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域エンタープライズおよびチャネル・セールス担当副社長であるゲーリー・キンスリー(Gary Kinsley)は、次のように述べています。「このほどの試験結果は、ジュニパーネットワークスのハイパフォーマンス・セキュア・ネットワーク・ソリューションが、優れた冗長性とセキュリティ機能を提供すると同時に、拡張するエンタープライズ・ネットワークにおけるSAPアプリケーションのパフォーマンスを大幅に高めることを証明しています。SAPソリューションのお客様は、ビジネスの柔軟性を向上させるためにエンタープライズSOA(サービス指向アーキテクチャー)への移行を進めています。その際、アプリケーションの可用性とパフォーマンスを高めるには、ネットワークが極めて重要になります。ジュニパーネットワークスの一切の妥協を許さないネットワーク・インフラストラクチャは、エンタープライズSOAの導入から価値を引き出すまでの時間を加速します」

ハイパフォーマンス・エンタープライズ・ネットワーキング・ソリューション 卓越した冗長性を持つ「DX」および「WX」アプリケーション・アクセラレーション・プラットフォームは、本社、支店、リモート、いずれのユーザーに対しても、最短のレスポンスタイムと最高の可用性を提供します。「DX」プラットフォームは、SAPアプリケーションベース・サーバーのフロントに位置し、HTTP圧縮、SSL暗号化負荷低減、サーバー負荷分散、アプリケーション・セキュリティを実現します。「WX」プラットフォームは、SAPソリューションベースのトランザクション用固定キャパシティWANリンクを介したアクセス時間を最適化します。「WX」プラットフォームは、圧縮、TCP/アプリケーション・プロトコル・アクセラレーション、ダイナミックな帯域管理の組み合わせによって、利用可能なWANリソースの最大限に効率的な利用を可能にすると同時に、他のネットワークトラフィックに対してSAPソリューションを優先します。さらに、ジュニパーネットワークスの「DX」ならびに「WX」プラットフォームは、アプリケーションの可用性を最適なレベルにすることで、リカバリポイント目標の厳しい要求を満たします。

VPNを介してSAPアプリケーションにアクセスするリモートユーザーには、ジュニパーネットワークスの「Juniper Networks Secure Access」SSL VPNアプライアンスが、SAP WebDynproユーザーインターフェースや、Adobe Forms、Adobe Flashといった技術との完全な互換性を提供します。ジュニパーネットワークスのSSL VPNソリューションは、企業のコンピューターが使用できないことも想定される災害や緊急時にあっても、どのコンピューターからでもインターネットを介してミッションクリティカルなSAPアプリケーションへの安全なアクセスを可能にし、オペレーションの継続性を確保します。

エンタープライズSOAのサポート 運用コストの全面的な削減、ビジネスプロセスの柔軟な再構成、パートナーとの協力体制の促進を目的として、エンタープライズSOAへの移行を進める企業が増えています。エンタープライズSOAでは、アプリケーション・コンポーネントとエンドユーザーが、企業のグローバル・イントラネットもしくはインターネットで結ばれるのが一般的です。ジュニパーネットワークスの「DX」、「WX」、「Juniper Networks Secure Access」SSL VPNプラットフォームは、SAP NetWeaverとエンタープライズSOA採用ビジネスソリューションを補完して、ハイパフォーマンスでセキュア、かつ信頼性の高いアプリケーション・アクセスを、エンドユーザーとをアプリケーション内データ転送を実現します。

SAP Labsのパートナー・ソリューション・マネージメント担当ディレクターであるヨーグ・ナリク(Dr. Joerg Nalik)博士は、次のように述べています。「グローバルなビジネス展開とITオペレーションの分散を実施してきたお客様は、ネットワークこそが成功に不可欠との認識を強くしています。ネットワークとアプリケーションが連携してはじめて、ロケーションに関係なく、あらゆるユーザーに信頼性とパフォーマンスを提供できます。我々の研究所において実施された試験の結果は、ジュニパーネットワークスのアプリケーション・アクセラレーションおよびSSL VPNソリューションが、SAPソリューションによって駆動されるビジネスアプリケーションのためのネットワークを、分散エンタープライズ全域にわたって最適かつ安全にし、それによって、コストの削減につなげるほか、ソリューションへの満足度を高めることを証明しました」

ジュニパーネットワークスのアプリケーション・アクセラレーション製品に関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
http://www.juniper.net/jp/jp/products-services/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれま す。www.juniper.net/jp/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先>
フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社
金成・佐藤 TEL: 03-5157-0033 メール: jn_press@focused.co.jp