プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス 数十億ドル規模のキャリア向けイーサネット市場でプレゼンスを拡大

専用設計された新キャリア向けイーサネット・プラットフォームで JUNOSオペレーティング・システムを新しいレンジのアプリケーションやサービスに拡大ポート密度、処理速度、拡張性で業界のベンチマークを確立

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)は本日、「MX960」 イーサネット・サービス・ルータ(ESR)を発表し、キャリア向けイーサネット市場でのプレゼンスを強化するとともに、キャリア向けイーサネットのポート密度、処理速度、拡張性における新たな業界基準を確立します。「MX960」は、新興のネットワーク・アーキテクチャとサービスに最適化されたプラットフォームシリーズとして、最初にリリースされる製品です。同製品は、極めて要求の厳しい通信事業者のアプリケーション向けに設計されており、ジュニパーネットワークスが今年になって発表したイーサネット製品や技術をさらに拡張するものです。「MX960」はJUNOSオペレーティング・システムを搭載しており、通信事業者はコスト効果に優れたイーサネットの展開と、次世代ネットワークの構築をシームレスに実現できます。クラス最高のハードウェア・プラットフォームに、JUNOSの信頼性とサービスの柔軟性を組み合わせた「MX960」は、キャリア向けイーサネットでは従来不可能であった機能とパフォーマンスを実現しています。

業界最大の容量を持つキャリア向けイーサネットであるこの新しい「MX960」プラットフォームは、最大で960ギガビット/秒(Gbps)のスイッチング/ルーティング能力を持ち、プラットフォームあたりのコストの削減と売上の拡大を実現し、優れた拡張性によってお客様の投資を守ります。高いポート密度と大容量スイッチング・スループットを効率的にサポートする「MX960」は、高速トランスポートやVPNサービス、また、次世代ブロードバンド・マルチプレイ・サービス、大規模データセンター・インターワーキングなど様々な企業向けおよび住宅向けアプリケーションを実現します。

IDCのネットワーク・インフラストラクチャ・グループ副社長、リー・ドイル(Lee Doyle)氏は次のように述べています。「IPTVなど、最先端のサービスを提供するプロバイダが直面している課題は、ポート密度、帯域幅、そしてサービス品質(QoS)という互いに相反する3つの要素の間でバランスを取らなければならないということです。お客様にとって重要なこれらの3つの要件について、妥協することなくバランスを取ることのできるプラットフォームは、ジュニパーネットワークスの新製品『MX960』だけです。キャリア向けイーサネット市場はまだ初期の段階にあるため、『MX960』は絶好のタイミングで発表されました。プロバイダは今日直面している課題に対処できるだけでなく、将来的に要件が変更された場合でも、同製品の拡張性と柔軟性により追加投資を抑制できます。」

IPTV、VoIP、VPLSなど、最先端サービスやアプリケーションにより、更なる包括的で高度な要求が拡大する中で、このキャリア向けイーサネット・ポートフォリオは、ジュニパーネットワークスのテクノロジー・リーダーシップとイノベーション、これまでの経験を活かし、次のような要求に対応すべく設計されています。

  • 拡張性に優れたパフォーマンス:「MX960」向けに設計されたDense Port Concentrators(DPC)カードには、高いポート密度に加え、分散型アーキテクチャとオンボード・プロセッシングが組み合わせられており、インタフェース追加によるパフォーマンスの拡張性を実現しています。
  • 高度なQoS:「MX960」の特長はインタフェース レベルにおける優れたQoSです。これにより、プロバイダの提供するサービスは、トラフィック状況に関わらず、適切なレベルの品質を確保できるよう保証されます。また、この高度な機能を通じて、プロバイダはVLAN/transparent LAN、L2/L3 VPNs、Voice over IP、Video over IPなど、各種レイヤー2/レイヤー3サービスをイーサネット上で提供でき、SLAの保証も可能となります。
  • 実績のあるサービス機能:IP/MPLSとVPLSの2つの分野における業界リーダーとして、ジュニパーネットワークスのキャリア向けイーサネット・ポートフォリオはJUNOSオペレーティング・システムを活用しています。JUNOSは世界中の何百というサービスプロバイダ・ネットワークで2万7,000台のジュニパー「M/Tシリーズ」オペレーティング・システムとして現在稼働中です。「MX960」では、他のキャリア向けイーサネット・プラットフォームでは従来得られない、豊富な機能、安定性、サービスの幅広さをJUNOSにより実現しています。
  • 比類のなきシンプルな運用性、柔軟性、信頼性:世界最大規模のサービスプロバイダが長年にわたって展開してきたJUNOSオペレーティング・システムを使用したジュニパーネットワークスのキャリア向けイーサネット・ポートフォリオにより、ネットワークに新しいオペレーティング・システムを導入した場合の費用やリスクを負担することなく、最新のイーサネット技術の活用が実現します。お客様が既存のバックオフィス・システムに使用されているJUNOSシステムに経験と知識をお持ちの場合、設備投資金額を抑えることができるだけでなく、イーサネット・アクセス・ネットワークとサービスの迅速な展開が可能となります。

以上のようなお客様からの要求に基づき、「MX960」は単独シャーシ内で最大12個の40Gbpsスロットを提供するとともに、ジュニパーネットワークスの新しいDPCカードにより、最大480のギガビット・イーサネット・ポート、同じく48の10ギガビット・イーサネット・ポートという比類のないポート密度を実現します。

「MX960」とDPCカードの分散したインテリジェンスとパケット処理を行うのは、ジュニパーネットワークスの次世代パケット転送エンジン技術であるI-chipです。拡張性とパケットのパフォーマンスを向上させ、イーサネット中心のQoS機能強化を実現した「MX960」の導入により、通信事業者のお客様はパフォーマンスに悪影響を与えることなく1つのプラットフォームでサポートされるサービスやエンドユーザーの数を増やすことができます。結果としてサービスの柔軟性が向上し、設備投資と運用経費の双方を削減できます。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)のマット・コロン(Matt Kolon)は次のように述べています。「サービスプロバイダがイーサネット中心のネットワークへ移行するにつれ、信頼性やQoS、さらに拡張性に対する要求が高まっていますが、これらの要求に応えるために専用設計された業界初のキャリア向けイーサネット・プラットフォームが「MX960」です。イーサネットにJUNOSのパワーとジュニパーネットワークスの業界最先端のMPLS機能を組み合わせることで実現した、この比類なきルーティング/スイッチング・プラットフォームにより、この市場セグメントを新しく塗り替えます。」

「MX960」はジュニパーネットワークスが今年発表した一連の新技術を活用し、また基盤とすることで、イーサネット中心のネットワークへのシームレスかつコスト効率の良い移行を実現します。「MX960」に加え、ジュニパーネットワークスが最近新しく発表したイーサネット製品には次のものがあります。

  • M/Tシリーズ向けイーサネット・サービス・カードを使用することにより、プロバイダは既存のルーティング・プラットフォームを活かして、サービスを中断することなくイーサネットを導入でき、ジュニパーネットワークスによる業界最先端のきめ細かなQoS機能をインタフェース・レベルにまで拡張することができます。
  • 「M120」 マルチサービス・エッジ・ルーターはジュニパーネットワークスの新しいI-chip技術を導入したものであり、新たなレベルのパフォーマンス、信頼性、拡張性をコンパクトなエッジルーターにもたらします。
  • 「E320」 ブロードバンド・サービス・ルーター用の10ギガビット・イーサネットと高密度ギガビット・イーサネット・インタフェースカードは、イーサネット・サービス・カードが持つ能力をブロードバンドエッジにまで拡大し、プロバイダはIPTVやマルチプレイの展開を簡素化する事ができます。

「MX960」の出荷は、2007年第1四半期を予定しています。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

●ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、高いパフォーマンスを誇る目的特化型IPプラットフォームを開発し、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションを広範にサポートしています。高いパフォーマンスを誇るジュニパーの目的特化型IPプラットフォームは、信頼性の高いネットワーク、セキュリティ、およびアプリケーション・アクセラレーション・ソリューションを実現します。これによって世界中のサービスプロバイダや、エンタープライズ、政府機関、研究機関、および学術機関等が、極めて要求度の高い、高度に複雑化し、かつ急激に変化する今日のネットワーク環境下においても、ユーザーやサービス、またアプリケーションによって異なるさまざまな問題を解決できるよう支援します。 ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。 www.juniper.net/jp/jp/

●ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp