プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス、AAAおよび802.1Xを強化したネットワーク・アクセス・セキュリティ製品を発表

-Odysseyアクセス・クライアントとSteel-Belted Radiusが比類のないネットワーク・アクセス・ポリシー管理とユーザー認証を提供-

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc.、Nasdaq: JNPR)は本日、最新のソフトウェア・ソリューションであるOdysseyRアクセス・クライアント(以下、OAC)4.5とSteel-Belted RadiusR(以下、SBR)5.4を発表しました。OAC 4.5とSBR 5.4の各種新機能によって、ジュニパーネットワークスは、これまでと同様、オープンスタンダードに基づいたセキュアで確かなネットワーキング・ソリューションを提供し、ユーザビリティの向上と、メンテナンス、サポート、導入に伴うコストの削減を両立させることができます。

OAC 802.1Xクライアント・ファミリーの最新バージョンとなるOAC 4.5は、ネットワークへの優先接続、ワイヤレス・セキュリティ、ユーザー名プロンプト、EAPの追加サポートといった新機能により、ネットワーク制御、ユーザビリティ、セキュリティといったOACの既存機能を増強しています。一方、RADIUS/AAAサーバーであるSBRファミリーの最新バージョンとなるSBR 5.4は、IPアドレスの範囲指定によるRADIUSクライアント、管理者によるファイルパーミッション制御の拡大、ロギングの改善、LDAP認証の範囲内でのJavaScript有効化などを追加することで、管理と設定をさらに容易にし、認証と管理を強化しています。

OACとSBRを利用した単一の統合ソリューションが顧客にもたらすメリット ジュニパーネットワークスのOACやSBRを採用し、セキュリティとアクセス制御の単一統合ソリューションに移行した顧客としては、国際動物福祉基金(IFAW)、オタゴポリテクニック、Spurs Sports & Entertainment社、シドニー大学などが挙げられます。

NBAのサンアントニオ・スパーズ、WNBAのシルバースターズ、AHLのランページのオーナーであるSpurs Sports & Entertainment社のネットワーク・エンジニア、ブランドン・サン・ミゲル(Brandon San Miguel)氏は、次のように述べています。「以前はネットワーク・セキュリティやアクセス制御のために複数のソリューションを維持していたため、多大な時間とコストがかかっていました。ジュニパーネットワークスに乗り換えたのは、ネットワークと主要データを確実に守れるソリューションが欲しかったからです。標準規格に準拠したジュニパーネットワークスのSBRソリューションのおかげで、既存のネットワーク・インフラストラクチャを利用し、これまでのネットワーク環境を維持しながらシームレスに業務を展開できるようになりました。」

進化を続けるOACとSBR 市場をリードするOdysseyアクセス・クライアントとSteel-Belted Radiusは、新機能の追加と既存機能の強化によって進化を続けています。新しいOAC 4.5は、ネットワークにおいて接続の優先順位を設定し、優先すべき接続を特定し、適切な方法による適切なネットワークへの接続を可能にしています。また、特定の状況でユーザー接続を制限する設定を行えば、デバイス共有で起きやすいセキュリティや認証のトラブルを解決することができます。

AAA/RADIUSサーバーの中でも信頼性の高いSteel-Belted Radiusファミリーの最新バージョンであるSBR 5.4は、サポートや管理に伴うコストを削減し、同時に投資収益(ROI)を向上させるものです。強力なトラブルシューティング・ツールと診断ツールを提供し、JavaScript機能の強化によって認証制御を拡大し(グローバル・エンタープライズ・エディション)、管理機能、導入機能、設定機能を拡大しました。複数のSBRサーバーの設定を1つのステーションから実行する集中設定管理(CCM)機能や、1つのコンフィギュレーション・オブジェクトで一連のクライアント機器を制御する機能も備えています。

価格と発売時期について 本日発表しましたOAC4.5およびSBR5.4は、ジュニパーネットワークス株式会社正規販売代理店である株式会社テリロジー(TEL:03-3237-3291)を通して発売されます。価格は、いずれもオープン価格。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。
    ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
    www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp