プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス、次世代マルチサービス対応エッジルーター「M120」を発表

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)は本日、10ギガビット級の処理能力を持つ「M120」マルチサービス対応エッジルーターを発表しました。この「M120」は、「Mシリーズ」マルチサービス対応エッジルーターの次世代製品として、業界最高の豊富な機能と拡張性を備え、アプリケーションの増加に伴うネットワークエッジにおけるサービスを包括的にサポートします。革新的なアーキテクチャ、卓越した冗長性、インターフェースの拡張性と優れたパフォーマンスを持つ「Mシリーズ」は、現在までに全世界で25,000台を超える納入実績があります。

「M120」マルチサービス対応エッジルーターは、10ギガビットのコンフィギュレーションを収容するため、固定通信事業者、モバイル通信事業者、ケーブル事業者および大企業の次世代IPネットワーク構築を柔軟かつコスト効率よくサポートします。また、「M120」は、そのほかの「Mシリーズ」全製品と同様に全世界のサービスプロバイダー・ネットワークでの実績を持つ「JUNOS」モジュラー型OSを搭載しています。

NTTアメリカのグローバルIPネットワーク・ビジネス・ユニット副社長であるダグ・ジュンキンス(Doug Junkins)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスのルーターは、長年当社のグローバルIPネットワークの中枢機能を支えてきました。『M120』プラットフォームは、コンパクトに10ギガビットのアップリンク機能を収容しているため、当社のPOP(points of presence)におけるコスト競争力をさらに強化しています。」

「M120」マルチサービス対応エッジルーターの特長は、以下の通りです。

  1. 拡張性の高いマルチサービスエッジとして、中小規模のPOPおよび本社に最適
  2. 複数の10ギガビットのリンクを収容できるため、中小規模コアネットワークのインターネット・ピアリングやルートリフレクターに理想的
  3. 単一のプラットフォーム上で、10ギガビットのアップリンクと幅広いインターフェースによるエッジルーターとバックボーンルーター機能を持ち合わせるPOPルーターとして活用
  4. 最大128Gビットのイーサネット・サブスクライバー・ポート、10ギガビットのアップリンク、イーサネット、VPLS、MPLS、IP、フレームリレー、ATM VPNをフルサポートするマルチサービスエッジにおけるイーサネット・アグリゲーション
  5. 大企業やデータセンターのWANゲートウェイ機能。レイヤー2および3VPN、音声およびビデオをサポートするQoSとMPLSおよびVPLS

5.大企業やデータセンターのWANゲートウェイ機能。レイヤー2および3VPN、音声およびビデオをサポートするQoSとMPLSおよびVPLS

「M120」は、ジュニパーネットワークスの次世代パケット転送エンジン「I-chip」を搭載しています。この「I-chip」によって、「M120」は10万を超える論理インターフェースをサポートすることができます。優れた拡張性と卓越したQoSによって、「M120」はパフォーマンスを犠牲にすることなく、プラットフォームあたりのサービスおよびユーザー対応能力を飛躍的に増大しています。また、サービスの柔軟性ばかりでなく加入者一人当たりのコストも大幅に削減します。

世界的な調査会社IDCのイヴ・グリリック(Eve Griliches)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスの『M120』は、画期的な製品です。『M120』を導入することで、通信事業者は、単一のプラットフォーム上で、従来のネットワークに加えてIPTVやトリプルプレイ・ネットワークを構築することができるようになりました。」

業界初となるパケット転送エンジンの拡張性を備えた「M120」は、マルチサービスエッジ市場に新次元の可用性と信頼性をもたらしています。また、「M120」は、1+1や1:Nへの拡張性などの幅広いハードウェアの助長機能に対応しているため、通信事業者のプラットフォームを柔軟に最適化します。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)であるマット・コロン(Matt Kolon)は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスが推進するインフラネット構想を実現するために、マルチサービスエッジ・ルーターの分野での技術革新が必要でした。既存のインフラストラクチャでビデオ、ワイヤレス、ゲームなどのマルチプレイをサポートするためには、マルチサービスエッジ・ルーターの機能強化が必要でした。『M120』と『JUNOS』モジュラー型OSをコンパクトなプラットフォームで組み合わせたことで、次世代のビジネスニーズに柔軟に対応していけると確信しています。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。
    ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
    www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp