プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークスとネットマークス、リモート・ネットワーク検疫VPNで協業

-革新的な技術の融合でクラス最高のマネージド・サービスを実現-

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)と株式会社ネットマークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:大橋 純、以下ネットマークス)は本日、リモート検疫マネージド・サービスを共同で開発したことを発表しました。

このサービスは、ジュニパーネットワークスのSSL-VPN技術とネットマークスの検疫ネットワークソリューションを融合したものです。ユーザーは、ジュニパーネットワークスの「Secure Access」SSL-VPNアプライアンスに搭載された「Juniper Endpoint Defense Initiative」(ジュニパーネットワークス エンドポイント防衛構想。以下JEDI)*1技術とホストチェッカー機能*2により、悪意のあるトラフィックやファイルをリモートで検疫することが可能となるため、リモート接続におけるコンピュータ・ワーム対策に効果を発揮します。ネットマークスは、ジュニパーネットワークスのJEDI対応の検疫ネットワークシステムを開発し、「検疫ネットワークサービスRemote for JEDI」として提供、リモートアクセスクライアントのWindowsアップデートやウィルス対策ソフトウェアのバージョン情報などの一括管理が可能となるため、運用管理者の負荷軽減を実現します。

本協業について、ネットマークスの取締役兼マネージメントサービス事業部長である亀井 陽一は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスと協業することで、ネットマークスのマネージド・サービスやVPNソリューションのラインナップを拡充することができました。昨今、コンピュータ・ウィルスや不正アクセスなどにより常に企業ネットワークは脅威に直面しています。ジュニパーネットワークスのSSL-VPNソリューションは、リモートVPNアクセスにおいて最も安全であり容易に導入ができるため、ネットマークスでは、高いセキュリティレベル保持し、かつユーザーの利便性を考慮したソリューションの提供が可能となりました。」

ジュニパーネットワークスの「Secure Access」SSL-VPNアプライアンスは、さまざまな規模の企業向けに、リモートアクセスやエクストラネットアクセスのニーズに合ったソリューションを実現します。クライアントソフトのインストールや内部サーバの設定変更、継続的な保守やデスクトップサポートが必要ありません。リモート社員やパートナーは、特別なクライアントソフトを用意しなくても、本社ネットワークにリモートアクセスできるようになります。また、エクストラネットやイントラネットのアクセスのセキュリティを確保する際に、DMZ*3設置、サーバの強化、ウェブエージェント導入、継続的な保守は一切不要です。

ネットマークスの「検疫ネットワークサービスRemote for JEDI」は、社員などが利用するWindowsPCが、社内以外の場所からインターネットなどを経由して社内ネットワークに接続する際、Windowsのアップデートやウィルス対策ソフトウェアのバージョン、Winnyなどの禁止アプリケーションの稼動状態など、企業のセキュリティポリシーが遵守されているか検査します。PC利用者は、ブラウザを起動し、検査を行うために特別なネットワーク(検疫ネットワーク)に接続、検査を実施します。検査結果に問題なければ、即座に社内ネットワークに接続、問題がある場合は検疫ネットワーク上で対策を施すことも可能になります。

ジュニパーネットワークス株式会社の代表取締役である大須賀 雅憲は、次のように述べています。「この検疫ネットワークサービスは、それぞれの分野で業界をリードする2社の優れた技術をベースにして共同で開発したソリューションです。ジュニパーネットワークスの卓越したパフォーマンス、セキュリティ、利便性を備えたSSL-VPN技術とユーザーの所在にかかわらずネットワークへの脅威に俊敏に対応することができるネットマークスのリモート検疫サービスを融合することで、グローバルに事業を展開する企業ユーザーに対して、一つのプラットフォームでエクストラネット、イントラネット、LANへの安全なアクセス環境を構築し、お客様のビジネスにおけるより一層の優位性を確立することを可能にします。」

世界的な調査会社であるフロスト・アンド・サリバン社の調査によると、ジュニパーネットワークスのSSL-VPNは、世界において売り上げベースで32%の市場シェアを持っています。

*1 JEDI:「Juniper Endpoint Defense Initiative」(ジュニパーネットワークス エンドポイント防衛構想)の略。ネイティブ機能に加えて、クライアントサイドAPI、サーバーサイドAPIを備え、クライアント端末に対する最高水準のエンドポイント・セキュリティ機能の効果的な適用と一元的な管理を実現します。

*2 ホストチェッカー機能:サードパーティのセキュリティ・アプリケーション(パーソナル・ファイアウォール、アンチウィルスソフトウェア、またはエンドポイント・セキュリティ・アプリケーション)とのAPIレベルの統合によって、クライアントコンピュータをセッション開始時およびセッション全体を通じてチェックして、それらのコンピュータが適切に動作していることを確認します。

*3 DMZ:「DeMilitarized Zone」(非武装地域)の略。ファイアウォールによって、インターネットからも企業ネットワークからも隔離されたゾーンのこと。ここにサーバを設置すればファイアウォールで不正アクセスを排除でき、万が一サーバが乗っ取られても企業ネットワークに被害が及びません。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。
    ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
    www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600
  • ネットマークスについて
    ネットマークスは、メーカにとらわれることなく時代に即したネットワーク構築というニーズの高まりを背景に、マルチベンダ境でのネットワークシステムイン テグレータとして1997年に設立されました。最新技術にも柔軟に対応するネットワークシステムの構築をベースに、重要な情報を確実に守るセキュリティシ ステム、データを安全に保管し最大限に有効活用するためのストレージネットワークシステム、また構築したシステムの運用・監視を行うアウトソーシングサー ビスの4つのソリューションを基幹ビジネスと位置付け、これらを融合させ、設計、構築、運用・監視、保守にいたるまでトータルにお客様をサポートしており ます。ネットマークスに関する詳しい情報は以下のURLをご参照ください。
    www.netmarks.co.jp

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<本件に関する報道関係お問い合わせ先>
株式会社ネットマークス
マーケットコミュニケーション部 三谷 一志(みたに かずし)
TEL:03-3423-5782
メール:press@netmarks.co.jp

ジュニパーネットワークス株式会社
マーケティング部 石井 孝典
TEL:03-5321-2682
メール:tishii@juniper.net

フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社
ジュニパーネットワークス広報代行
能宗 正則(のうそうまさのり)
TEL : 03-5157-0033
メール:jn_press@focused.co.jp