プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス、ケーブルVoIPサービスのセキュリティを高める新ソリューションを発表

-MSOの先進マルチサービス・ネットワークでセキュリティ上の脅威を動的に監視し、脅威を軽減するPacketCable™ Multimediaベースのソリューション-

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc., Nasdaq: JNPR)は本日、ケーブル・マルチシステム事業者(以下、MSO)のVoIP/SIPサービスをネットワーク攻撃から保護する新ソリューション「Cable Dynamic Threat Mitigation」を発表しました。この「Cable Dynamic Threat Mitigation」は、既存サービスのセキュリティ向上とネットワークのダウンタイムによって発生するコストを削減するほか、付加価値としてマネージド・セキュリティ・サービスを可能にします。

PacketCable™ Multimedia準拠のあらゆるケーブル・モデム・ターミネーション・システム(以下、CMTS)と連携する「Cable Dynamic Threat Mitigation」ソリューションは、ジュニパーネットワークスのルーティング・プラットフォーム、「IDP」侵入検知防御システム、「SDX」サービス・ディプロイメント・システムを統合しているため、MSOは迅速かつ効果的にセキュリティ上の脅威を特定・隔離し、感染した顧客や運営スタッフに事態を通知することができます。PacketCable™ Multimediaベースのアーキテクチャを活用するジュニパーネットワークスの「Cable Dynamic Threat Mitigation」ソリューションは、IPコアからエンドユーザまでMSOの全ネットワークでVoIPサービスのエンドツーエンドの保護を実現します。

「Cable Dynamic Threat Mitigation」ソリューションは、ユーザごと、アプリケーションごと、さらにはオンデマンドでネットワーク攻撃を監視する「IDP」侵入検知防御システムと「SDX-300」を使用します。マルウェア(悪質なソフトウェア)やDDoS(協調分散型DoS攻撃)といった攻撃的意図を持ったトラフィックが「IDP」によって検出されると、「SDX-300」に通知されます。通知を受けた「SDX」は、ジュニパーネットワークスのルーティング・プラットフォーム、サードパーティのPacketCable™ Multimedia認定CMTS、メトロ・ルーティング・プラットフォームに適切なポリシーを送信し、脅威を緩和するさまざまなオプションをMSOが実行できるようにします。脅威の種類によってMSOは、帯域制限やトラフィックのフィルタ、コールのドロップ、ウェブポータルへのユーザのリダイレクトなどを選択し、脅威が排除された後は自動的にサービスを再開可能です。

VoIPサービスの保護に加え、「Cable Dynamic Threat Mitigation」ソリューションは、DoSやスプーフィングなど多くの種類の攻撃の対象となりやすいオンライン・ゲーム、テレビ会議、インスタント・メッセージ、プッシュ・トゥー・トークなどのSIPサービスのセキュリティにも拡張可能です。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)であるアンドリュー・カワード(Andrew Coward)は、次のように述べています。「ケーブル事業者は音声サービスへの拡大に大きな進展をみていますが、どのIPサービスもそうであるように、VoIPもセキュリティ上の脅威には弱い性質があります。ジュニパーネットワークスの新ソリューションは、先進的IPサービスにおけるさまざまな脅威の監視・防御に全体的ネットワーク・アプローチを提供します。これはケーブル市場に対するジュニパーネットワークスのコミットメントを改めて示す例であり、MSOがそのインフラストラクチャを安全確実にするのに必要な機能をジュニパーネットワークスが提供できることの証拠であります。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープライズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズに対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにおける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。 ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。 www.juniper.net/jp/jp/

  • ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先>
フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社
能宗(のうそう)
TEL: 03-5157-0033
Email: jn_press@focused.co.jp